マンガちゃんねる@のいえ
Top

ありがとうございました

ネタバレ全般総合スレ・三十七冊目ũ5ch.net

18: 花と名無しさん 2017/11/27(月) 17:52:59.38 ID:0xo5B7530
左大臣家に沙羅と内親王、五節、姫宮、姫宮の息子、睡蓮がいる

内親王は沙羅の子供時代のようにお転婆風
男の子は睡蓮の子供時代のように気弱そう
男の子は内親王に猫をとられて泣いている

そんな微笑ましい場から離れて書き物をしている睡蓮
何を書いてるのかと来る中宮沙羅

昔から書いていた物語の仕上げをと
皆の姿を見ていた左大臣のことばと、
沙羅と睡蓮の過去などが流れて…end

お、主上とのラブいシーンが足りない…
19: 花と名無しさん 2017/11/27(月) 19:55:44.31 ID:FdkVqwck0
>>18
とりかえばや
ありがとうございました
20: 花と名無しさん 2017/11/27(月) 22:32:27.49 ID:Vj+Ewz8F0
>>18
ありがとうございます
いちゃいちゃが足りないのかー
31: 花と名無しさん 2018/01/25(木) 11:12:07.83 ID:4ml2/8oX0
アシガール 第71戦

現代。
平生寺からの帰りのバスに揺られながら「4か月分の涙を一度に放出して見るも哀れっぽい顔のお姉ちゃんはほっといて」尊の頭が4ヶ月振りに動き始めた。

僕の思いついた発明が成功したとして、その後の若君の状況がわからないのが問題。
永禄4年2月に黒羽城で死んだことになっている若君を救うためには、‪5日後‬の満月の夜に戦国へ行かなきゃならない。

あれこれ考えを巡らせる尊を「哀れっぽく見えて実は全くあきらめてない期待に満ちた不気味な目」をした唯がじっと見ていた。
窓の外には雪が。

戦国。
若君が唯と別離後の2ヶ月を過ごした戦場にも、雪が舞っている。
小垣城で捕らわれの身となった若君は、織田家武将・相賀一成の与りとなり、西美濃の加地城攻めの先鋒を務めていた。

若君が黒羽城を出てから3ヵ月後、相賀立会いの下、忠高・天野のじい&父との対面が叶う。
若君は「父上、勝手ばかり致し申し訳ございません」と頭を垂れる。
黒羽城の主となった相賀は、高山・松丸は織田に降ったこと、残る羽木への仕置きを信長から一任されていることを告げ、羽木主家一族と三家老(天野・千原・木村)は月の内にこの地一帯から立ち退け、野上の里からも出て行け、と命じる。
更に、戦上手な若君に惚れ込んだから一族の志津姫と娶わせて婿にしたい、と爆弾発言。
忠高は既に嫁がいるので、と断るが、月へ帰ったと噂されるほど見目麗しい輝夜のごとき姫が妻だとしても現状行方知れずなんだから好都合!と相賀ゴリ押し。
天野のじい、若君と羽木兵を相賀の名の下に今後も戦でこき使いたいのだろう、羽木家総領が相賀の婿などとんでもない!と顔を真っ赤にして怒り狂う。
相賀も激高し、即刻忠清の首をはねよと言う宗鶴を宥め、羽木父子は切腹させろと言った信長を取り成した自分の申し出を受けぬとは、心得違いも甚だしい!と言い放って散会。

事の次第を聞いた小平太も怒り心頭。
戦となれば若君が真っ先に討たれてしまうから仕方ない、と天野父。
小平太は、歯痒いほど我を通すことをしない若君が唯之助のことだけは押し切ったのに、城を奪った敵の婿になるとは、と嘆く。
控えていた吉乃に唯之助の行方を訊ねるも存じませぬとの返答で、悔しそうに「たわけめっ…」と吐き捨てた。
32: 花と名無しさん 2018/01/25(木) 11:14:27.91 ID:4ml2/8oX0
現代。
研究室で思案中の尊。
さて、僕が思いついた作戦とは… 今までどうして考えなかったのか不思議なほど単純なことだった。
これは将来僕が作り出す新しいタイムマシンに盛り込む機能のリスト。
・ひと晩で往復できるようにする
・2人同時に移動可能
・時空への影響を最小限にし亀裂を起きにくくする
・到着場所を設定可に
・省エネ性能アップにより燃料の消費を…

そしてこれら全てに成功した未来のえらい僕が今の僕にこの新しいタイムマシンを送るという作戦。名付けて「思い立ったが吉日」作戦!
何年、何十年かかってもいい。生きてる間に実現できればいいんだ。
どれだけ長い時間がかかったとしても、答えは今わかる!!

尊がメモを書き上げる。
・を送る日付 ‪3月2日 AM3時14分‬
タイムマシンが光った。
「お姉ちゃん起きて!行ける!会いに行けるよ!!若君に!!」
よだれを垂らしながら寝ていた唯が目を覚ました。

次号はカラー。
尊のひらめきによってタイムスリップの可能性が再浮上。一方、若君は絶体絶命の危機で!?
33: 花と名無しさん 2018/01/25(木) 11:34:50.40 ID:SVA0oOV10
>>31
>>32
バレありがとうございます!
34: 花と名無しさん 2018/01/25(木) 14:57:53.71 ID:PZQ+LU7r0
>>31
>>32
ありがとうございます!!
60: 花と名無しさん 2018/04/26(木) 06:54:11.94 ID:6n5/nP3C0
ここはネタ投下専用スレです
毎回アシガール関連の方が雑談されて
イラつきます
ルールをお守りください
64: 花と名無しさん 2018/04/29(日) 22:18:33.94 ID:Z+/GkHoW0
雑談禁止なんだからそういうのも禁止だろ
マナー(笑)守れよバーカ
72: 花と名無しさん 2018/05/01(火) 01:19:58.43 ID:sUgO2ff10
アシガール 以外のネタバレはありなんですねw
74: 花と名無しさん 2018/05/01(火) 21:45:38.91 ID:XhlurLGB0
>>60
大奥の雑談とアシガールの雑談何が違うの?
治安維持に飛び出してくる程じゃないのにあなたの基準を教えて欲しい
76: 花と名無しさん 2018/05/02(水) 00:42:53.84 ID:WMUhlJ1c0
・叩き&雑談厳禁
・お礼&感想は簡潔に

ここの線引きが人によって違ってくるからなぁ
いっそ感想も無しにしちゃえばわかりやすくなるかも

>>60見てこのスレ遡って見てみると、アシガールのネタバレ後にピンポイントな質問&それに対する返答
というやり取りが時々あったから、そのこと言ってんのかなと思った
80: 花と名無しさん 2018/05/26(土) 01:47:25.23 ID:q/SSXrJ/0
>>64
>>72
>>74
同じ人かどうかわからないけどやめて!!
81: 花と名無しさん 2018/05/26(土) 06:17:53.97 ID:RZQ1kL8v0
アシガール第75戦

朝、唯が起きて階段をダンダンダンと降りる
「いる!!ちゃんといる!!」
「白Tジャージ姿の若君が内の庭で素振りしとる!!」「夢じゃなかった!!」

夕べのこと
唯「ただいま」
若君「父上母上尊、一別以来にござる
此度はまた一方ならぬ造作をおかけ申した、かたじけない」

二度と死んでも若君から離れんぞと、テンションマックスで戻った来た私だったが
母親「着替えたら和室にお布団しくの手伝ってねー」と
「まさか二階の部屋で一緒になんて考えてたんじゃないでしょうね
父「だめだぞ!まだ高校生なんだから」
「ちゃんと節度を守って暮らしてもらわないと」と若君は和室とあっさり親に引き離されたのだった

おはようございますと唯と若君が見つめ合ってると、尊とじいが照れて「若いっていいな」と顔を赤くする

一緒に朝ごはんたべたり、お風呂上がりの若君みたり、今の私は普段の若君を見てるだけで幸せだけで
二人で現代に来れたら叶えたいとずっと夢見てたことがあるんだ
82: 花と名無しさん 2018/05/26(土) 06:39:04.13 ID:RZQ1kL8v0
「若君!私…どーしても、お願いしたき儀が」
「あの厚かましいお願いですけど、ぜひ制服デートをば」
若君「ようわからんが、引き受けた」

尊「いいんですか?制服着て学校まで迎えにきて…なんて、無理しなくていいですよ」
若君「よいのじゃ、わしはこれまで幾度となく唯に救われてきたのじゃ
向後はそれに応えたい、唯が望み喜ぶことであれば何なりと叶えてやりたい」

しえーーー、お姉ちゃん愛されてる!!

制服姿の若君、学校では、あれ誰?モデル?撮影?と大騒ぎ
唯が彼女?えーまさか、違うよね、違う違うと
「お風呂上がりの若君」「手をつないで歩いたり」「おはよう」って言ったり一緒に御飯たべたり」そう考えた夜のことを思い出した

尊が若君に、この新しい起動スイッチを解析しましたと
これはかなり時空へダメージを抑える設計になってます
だからどうにか前回は往復できたけど、次に使用したら確実に時空に亀裂が入るでしょう
つまり時空を移動する道は閉ざされ2度と戻れなくなります
おそらく次が最後の1回、それすらもうまくいくか
若君「そうか、相分かった」

この話を若君にするかどうかは迷ったんだけど
どっちを選ぶかは若君が自分で考えて決めることだから
若君はどうするだろうか
つづく
ファッションウィークの哲学ポーランド春夏2017
ファッションウィークの哲学ポーランド春夏2017
83: 花と名無しさん 2018/05/26(土) 22:24:10.07 ID:b1HwUFol0
>>81 >>82
ありがとうございました。
118: 花と名無しさん 2018/08/08(水) 20:31:01.70 ID:UtaxVZJ+0
ありです
119: 花と名無しさん 2018/08/08(水) 20:47:12.22 ID:+M3irg8q0
>>118
回答ありがとうございます
それはリクもOKという事ですよね
今まで大奥やアシガールなどYOUなさそうだったんで
120: 花と名無しさん 2018/08/11(土) 14:22:07.42 ID:O1+rDjMt0
>>119
大奥のリクエストや
大奥バレも時々投下されてる
122: 花と名無しさん 2018/08/11(土) 16:18:34.60 ID:y5EbOoCd0
>>119
大奥はメロディ、アシガールはココハナで掲載されてるんじゃないの?
だからそれらあれどYOUはなさそうだったので…と聞いたのよ
124: 花と名無しさん 2018/08/11(土) 16:29:18.43 ID:zQSr2ohJ0
>>122
そうだよ
何でマーガレットのみですか、と質問したのかがよくわからなかったの、ごめんね
134: 花と名無しさん 2018/10/29(月) 22:36:48.96 ID:7wRXoc9a0
大奥お願いします。
138: 花と名無しさん 2018/10/30(火) 10:09:56.73 ID:9wAzprnI0
>>134 大奥
観行院は心を閉ざし弟和宮に会いたいと気鬱の病で臥せってばかり
いつでもお母さまの味方と慰めようとするチカコ様に対し
「でもあなたさんは和宮さんやないやないの!」
「あんたさまは半分 土御門の子みたいなもの…」
とまで観行院は叫び、
土御門「ご自分がお腹を痛めてお産み/その仰りようはあんまりでは…」
土御門の観行院様とチカコ様の2人の世話で苦労しているとの愚痴を家茂が偶然聞き
家茂の乳母だった波江を呼ぶも中風により、波江の三女(出戻り)・お志摩が代理で男装し奥勤めに。
お志摩が観行院様のお世話をしても気鬱から快復せず、観行院様はチカコ様に対し
「命の尽きる前に和宮さんに会いたい!」
「あなたと違て和宮さんは甘えたがりで淋しがりの子」
チカコ様が蒼白になり「私かて…甘えたかった」の絶叫を一切耳に入れない観行院様。
チカコ様が仕方なく家茂に母を京都に帰すよう依頼する。
139: 花と名無しさん 2018/10/30(火) 10:21:41.65 ID:9wAzprnI0
>>138 大奥続き
家茂が観行院様を京都に帰す手筈を整える観行院に直接対面し伝える際
「礼ならばチカコ様に!」
「チカコ様を慈しんでさしあげて」と涙を浮かべ訴える家茂
しかし観行院様にはついにチカコ様の心が届かず
嘘でも和宮と同様にチカコ様を愛しているとの言葉は発せられなかった
「悪い母で堪忍してチカコさん」と謝罪のみ
観行院は無事京都に帰り着きひっそりと弟和宮に会う

寝屋で家茂に対しとりかえばやを始めたのは私と経緯を語り、
偽者の私に毒を盛ってもいいとまで言うチカコ様
家茂は「江戸城はあなたの家」と説き伏せる
文久3年 家茂京に上洛、2月号に続く
142: 花と名無しさん 2018/10/30(火) 22:48:18.17 ID:ZNyHi5Go0
>>138
ありがとうございました。
169: 花と名無しさん 2019/02/13(水) 11:08:51.22 ID:738S//N10
ベツコミの「コールドゲーム」のバレお願いします
171: 花と名無しさん 2019/02/19(火) 19:04:10.29 ID:1lzs1Iq90
>>169コールドゲーム

アーサー王子だよ→は?と固まるアルナ
それ本当なら数々の無礼を働いたことになります→構わんとアーサー
犬のつぶらな瞳ともふもふ毛並み大好き、見目好いから部下にしてやっても良いぞ!
えー姫バレでなく犬認定?!と愕然

剣をくれ!(剣なら負けない…)と言うが、お前敵にも剣を譲ってくれと言うのか?接近戦を鍛えろと一蹴
黒髪部下に投げ飛ばされまくり、毎日体術訓練してるが成果なし
部屋ではカミラが(回収された自国硬貨でなく)なぜかこの国の硬貨をジャラッと出して逃げましょう!!とただ気が急いて詰め寄る
「私だけがアルナ様の味方…私をちゃんと見て…そうでないと私…」
「やめなさい!頭を冷やして!」と逃げる道ないと今までの結論を繰り返し、絡みついてくるカミラを跳ね除ける
怯えるカミラを安心させなきゃいけないのに苛つきをぶつけた自分にアルナは自己嫌悪する

体術訓練に業を煮やしたアーサーが
「見目だけで中身スカスカか。存外使えんな」と低く見積もられ
体術訓練の成果も見えず
落ち込んだまま部屋に戻るとカミラが「なぜ私を見てくれないの?!私がバラせば…全て終わりなんですよ!」と詰め寄り、頬をベロンと舐める
思わず突き飛ばし、カミラを怖がってる自分に気づく。護衛もできず姫でもない何もできない自分にどんどん自信喪失するアルナ。

翌日の体術訓練で初めて黒髪部下の腕を止める事ができ、黒髪部下の言葉に目を覚まされたアルナは、一歩ずつでも進もうと自信と決意を固める
「ありがとう、ーー!!(名前失念)」と抱きつき、ハッと頬を染める黒髪部下
(そうだ、カミラとも面と向かってきちんと話し合おう)と部屋に戻るといない
城外で食い散らかされた女の死体が…

↓途中
(王に正妃の野心をアピールする第二妃、王も外国出であるアルナともう一人の姫が邪魔だなと、姫母国に牛耳られる事を嫌い同意、第二妃はアルナを消すと笑顔で誓う)
172: 花と名無しさん 2019/02/20(水) 11:26:10.60 ID:skEv52Ij0
>>171
ありがとうございます
引用元:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/gcomic/1509007719
おすすめ