マンガちゃんねる@のいえ
Top

【NARUTO】また背筋がぞわっとした結果卑留呼は倒され、ナルトと

俺たちでNARUTO用語辞典を作ろうぜ 27

6: マロン名無しさん 2018/06/13(水) 20:33:23.33 ID:???
>>1おつ
保守を兼ねてネタをぽいっと

【忍者は…裏の裏を読め…!】
似たような言葉が前作にもあったが、BORUTOでもVS青戦の締めにボルトが決め台詞として使用。
まるで裏の裏を読まなかったことが青の敗因とでも言いたげだが、いえ、彼の敗因は
捕らえた本体(と思い込んだ)にさっさととどめを刺そうとせず長広舌を垂れる紳士精神です。
→同義語【忍なら裏の裏を読め】
7: マロン名無しさん 2018/06/13(水) 22:17:59.81 ID:???
>>6
5巻落ち着いて読んだら、アカデミーでの組み手でナルトが既に言ってたのな
伏線重要セリフとはいえ、
月刊連載だから、ロングパスすぎたよ……とちょっぴり思った
13: マロン名無しさん 2018/06/14(木) 17:48:32.42 ID:???
>>1立て乙

>>7
それな
月イチ連載のペース意識できてんのかなって思う
30: マロン名無しさん 2018/06/19(火) 04:15:06.29 ID:???
【眼】
NARUTO世界では眼(眼球)を眼窩につなぎとめる眼筋や視神経などの存在がまったく無視されており、ほとんど穴に入ったピンポン玉のように
扱われていて、死に際に友人へ託すよきに器具なども用いずに素手で取り出して渡したり、対象とすれ違いざまにやはり素手でくりぬいたりできる。
現実世界でこのようなことをしようとしても、前述した眼筋や視神経に邪魔されて取り出しは困難を極め、下手をすると眼球をつぶしてしまったり、
最悪指が眼窩を突き破って脳を損傷するという可能性さえある。よい子はまねをしないように。

また、NARUTO世界には、眼球を機能する状態に保ちつつ、年単位で保存できる謎の液体や、持ち運びや隠匿を簡便に行える眼球保存用パウチなどが
存在する。仮面の男はこれを駆使して写輪眼を大量に所有し、輪廻眼を隠匿していた。液体の成分、パウチの構造などは不明である。

眼球移植は非常に簡単で、施術者が医療忍者である必要すらない。が、医療忍者であったほうが、移植後に暗所で安静にする必要がなく、
すぐに使用できる状態になるため、できれば医療忍者に施術してもらうのがよいだろう。
成人から小児への眼球移植は、理論上は対象の小児が五歳以上であれば、すでに眼球は成人並みの大きさに発達していると考えられ、
成人間での移植となんら変わることなく行うことができると思われる。写輪眼で幻術に落とせば気づかれることなく施術も可能……たぶん。
第四次忍界大戦中、うちはマダラは「受け取って、あるいはくりぬいて眼窩にはめ込む」といういささか乱暴なやり方で輪廻眼や万華鏡写輪眼を
自分に移植していたが、これは柱間細胞の回復能力に頼ったものであり、いくらNARUTO世界でも、柱間細胞なしではこのようなやり方で
眼は機能しえない。柱間細胞はすべてを可能にする。
33: マロン名無しさん 2018/06/19(火) 09:11:58.06 ID:???
>>30
>移植後に暗所で安静にする必要がなく

「イタチの眼がなじむまでじっとしててね!」はサスケを出すタイミング調整臭くて笑ったな
34: マロン名無しさん 2018/06/19(火) 11:25:43.34 ID:???
>>33
元々はいつ出す気だったんだろトビ
戦争始まったらサスケの所在とか完全忘れてたよな

移植手術をリアルに考えると眼なので手術中ずっと眼を開けなければならず
あの仮面の男の顔を数十分瞬き無しで見ないと行けないサスケには
ちょっと同情する。 や、眼科医を呼んだのかもしれないけどな!
36: マロン名無しさん 2018/06/19(火) 13:01:43.00 ID:???
>>30
まことに申し訳ありませんが修正願います…

上から二行目
「友人へ託すよきに」→「友人へ託すときに」
37: マロン名無しさん 2018/06/19(火) 13:35:27.08 ID:???
>>30
マダラさんの、カカシの左目をひったくって眼窩にグッ(移植完了!)のスピード感はもはや惚れ惚れするレベルw
60: マロン名無しさん 2018/06/27(水) 15:48:32.99 ID:???
【ワシが知る長門とは違和感がある…】
ペイン六道がそろい踏みした場面で、大人になった長門だと思っていたペイン六道の一人がそうではないと気付いた自来也の独白。
その日本語にこそ違和感がある……しかし意味はなんとなく通じる……大したNARUTO語だ……。
並みの人間であれば「ワシが知る長門とは違う…」とか「ワシが知る長門とするには違和感がある…」などの日本語に走ってしまいそうな
ところだが、そこは岸本先生、踏みとどまってNARUTO語を駆使し、読み飛ばされない引っかかりを自来也の台詞に埋め込んだ。

【水月…サスケの言いつけを守らなくていいのか?】
「ここで待て」と言い残し、うちはイタチとの対決の場へと去って行ったうちはサスケ。残された蛇小隊の面々のうち、鬼灯水月はサスケ以外の
蛇小隊を足止めするために来た干柿鬼鮫に対して、大刀・鮫肌目当てに戦いを挑む。という場面で重吾が水月に対して発した問いかけ。
言いつけて。幼児か? あまりにのんびりとした様子に香燐も内心「呑気なこと言ってんなよ! このデクの坊がァ!!」と吐き捨てている。
そもそもサスケの「言いつけ」は「ここで待て」という一言のみなので、待っているあいだに鬼鮫とドンパチやったところで言いつけに背いたこと
にはならないと思われる。重吾的には「待て」は言外に「おとなしく」という意味を含むものという認識があるのだろうか。

結局岸本先生はサスケVSイタチ戦に夢中になって、水月VS鬼鮫戦のことなどさっぱり忘れてしまったようで、戦う様子などはまったく描かれず、
その後も言及されることなく流され、水月は鮫肌を手に入れることはできなかった……というほかはなにもわからない。水月がサスケの言いつけに
背いたか否かということも判定しようがないほど詳細不明。
61: マロン名無しさん 2018/06/27(水) 19:08:54.96 ID:???
>>60
別におかしくなくね?と思ってしまった
慣れすぎてて違和感がなくなってる自分が怖い
62: マロン名無しさん 2018/06/27(水) 23:24:36.23 ID:???
>>60
水月vs鬼鮫は
詳しくはアニメで
がネタでなくてマジでそうなってた
63: マロン名無しさん 2018/06/28(木) 18:09:24.99 ID:???
>>62
NARUTOではよくあること
70: マロン名無しさん 2018/06/30(土) 23:38:48.89 ID:???
ファー付きフードをかぶっているせいでそのファーがキバの髪の毛だと
奪還編まで思い込んでた読者はオレ以外にもいるはず
71: マロン名無しさん 2018/06/30(土) 23:55:40.14 ID:???
>>70
それも書こうかなーと思ったけど自分だけかなと思ってやめてしまったわ
ちなみに奪還編の前、ナルトVSネジ観戦のときのキバもフードかぶってないんやで
まあ扱いが小さくて目立たないから、奪還編でフード脱げたときのほうが
印象深いけど
73: マロン名無しさん 2018/07/01(日) 08:25:07.91 ID:???
>>70
みんな思ってたんだ
84: マロン名無しさん 2018/07/11(水) 00:00:52.10 ID:???
【ガイさん! 援護お願いします 逆に情報を取ってやります!!】
大刀・鮫肌に潜んでいたスパイ・干柿鬼鮫を拘束するため、秘術石針を繰り出しながら山城アオバが言った言葉。
しかしこの二コマ後、鬼鮫に秘術石針のために刺したひも付きクナイからチャクラを吸い取られ、「逆にチャクラを
吸い取られてるのか…!? なんて吸収力だ!」と思いつつアオバはガクッと倒れた。

逆逆うるさい。そして「チャクラを流し込む術を使ったらそのままチャクラを吸い取られた」というのは逆とは言わない。

【デイダラ兄! ハデに爆死したハズなのに何で生きてるの!?】
雲隠れの巨大島亀上空での戦いで、死んだはずのエドテンデイダラを見た黒ツチの台詞。
「君の最期のあの爆発…世間ではそんなに話題になってないよ」とカブチ丸は言っていたが、どこだかよくわからない
場所(火の国の領地内?)でのデイダラのだいばくはつは、少なくとも岩隠れにまではハデにその爆音をとどろかせたらしい。

【穢土転生とかいう大蛇丸の術】
雲隠れの巨大島亀上空での戦いで、死んだはずのエドテンデイダラを見た三代目土影・オオノキの台詞から抜粋。
ちなみに「これ(穢土転生)は二代目火影の卑劣な術だ」と看破したのはオオノキの師匠であるエドテン二代目
土影・無。師匠の教えを忘れたのか? はたまた師匠が弟子に教えるのを忘れたのか? というか、うちはマダラと
顔を合わせたことのあるオオノキならば穢土転生の術のことを実際に知っているのではないのか?
とりあえずこの言葉を贈らねばならない。「ワシが作った術だ! ワシの術だ!」
85: マロン名無しさん 2018/07/11(水) 09:43:28.84 ID:???
>>84
>【穢土転生とかいう大蛇丸の術】
オオノキ世代が穢土転生に言及するんなら二代目の名前を出すほうが自然だよな
これは二代目もイラっとしますわw
87: マロン名無しさん 2018/07/12(木) 15:05:08.20 ID:???
>>84>逆逆うるさい。

このバッサリ感にワロタw
88: マロン名無しさん 2018/07/15(日) 07:39:29.26 ID:???
【マダラの黒手袋】
うちはサスケの天照にも耐えきった大した手袋。黒ズボンもそうでは? と思われるかもしれないが、少年誌における中学生以上の
男性の下衣にかかる補正は、ときに主人公補正を上回るほどに強力であることを鑑みると、そういった補正なしにガチで耐えきった
この手袋の堅牢さの一端がわかるだろう。
しかし、六道仙人化にさえどうやってか耐えきった黒手袋だったが、マダラの肉体(上半身)がカグヤ化させられた?衝撃にはさすがに
耐えきれなかったようで、右の手袋がどこかに消えてしまった。左の手袋だけが、マダラがこと切れるまでそばに寄り添っていた……

……騎士本先生は末端着衣萌えなのだろうか……
89: マロン名無しさん 2018/07/15(日) 10:17:05.73 ID:???
確認したが、マダラの右手袋がロストしたのは、尾獣アタックで右手吹っ飛んだから、っすね
輪廻眼持ってきた白ゼツの右手ちょんぎって自分に付けるという
割とトンデモないリカバリであっさり右手生えてますが
90: マロン名無しさん 2018/07/15(日) 10:47:25.79 ID:???
>>89
あ、そこか
するとそれさえなければマダラの黒手袋は無事だったんですね
っょぃ

>>88
すみませんが修正をお願いします
【マダラの黒手袋】
うちはサスケの天照にも耐えきった大した手袋。黒ズボンもそうでは? と思われるかもしれないが、少年誌における中学生以上の
男性の下衣にかかる補正は、ときに主人公補正を上回るほどに強力であることを鑑みると、そういった補正なしにガチで耐えきった
この手袋の堅牢さの一端がわかるだろう。

しかし、尾獣たちの尾を重ねた尻尾アタックによってきれいに右腕だけが吹っ飛んでしまったとき、手袋も運命を共にしてしまった。
そこまでしても手から外れはしないマダラの黒手袋、実に大した手袋である。
105: マロン名無しさん 2018/07/23(月) 12:44:04.14 ID:???
【夜ガイ】
マイト・ガイの必殺技にして決死技。夕象と同じく八門遁甲・第八死門を開いたうえで、力を溜めてものすごい
跳び蹴りをかます。その威力は、空間をゆがめ、六道仙人化したうちはマダラの肋骨をボキキと折って右半身を
吹き飛ばし、ガイ先生自身の右足の骨をもボキボキキと折ってしまうほど大したもの。

技名は、孔雀よりも美しく、虎よりも強く、象よりも大きい、それがマイト・ガイだ! ということ。たぶん。

【ハハハ…死ぬところだったぞ……此奴め!】
NARUTO世界における「こやつめ、ハハハ」。夜ガイを受けきってから言わなければならないため、難易度はエグい
ほど高いが、もし受けきれたときには忘れずに言うようにしよう。

【まるで秋に散り朽ちる枯れ葉色…落葉の様よ】
忍界きっての詩人・うちはマダラの「果てしない時の流れは本来の事柄に霧をかけていく…」に続く新作にしてNARUTO語。
しかし、相手から「だが、ただ朽ちて落ちる訳ではない!」という言葉を引き出したこともあり、前作の独りよがりなポエムよりも
評価は高くなっている。
107: マロン名無しさん 2018/07/23(月) 18:14:39.38 ID:???
>>105
>マダラの肋骨をボキキと折って右半身を
>右足の骨をもボキボキキと折ってしまうほど

普通の解説文の中に岸本センスあふれる擬音を織り込むとはあまりにも卑劣w
>>105ちゃんは二代目を超えたっちゅーことかいな!
111: マロン名無しさん 2018/07/24(火) 16:40:24.54 ID:???
【サクラか…】
うちはサスケがしばしば口にしたりする言葉。「店などを流行っていると見せかけるために店側に雇われている
にぎやかしの偽客か…」という意味ではなく、春野サクラの存在を確認したときに発せられる。
二部でナルトともにサスケを追っているサクラがサスケを発見して「サスケくん」などと呼びかけたのに答えて
サスケが口にするのが印象深いため、「点呼」などと揶揄される場合もある。が、下忍選抜サバイバル演習中、
はたけカカシの幻術に落ちたサクラが大怪我を負った血みどろのサスケを幻視し、上げた悲鳴を聞いた本物の
サスケが「この声は…」とつぶやいたあと、胸のうちで独白したのが最初だったりする。

下忍選抜サバイバル演習中のものは(サクラか…)、大蛇丸のアジトに忍び込んだときのものは「サクラか…」、
志村ダンゾウを始末し香燐にとどめを刺そうとしたときのものは「…サクラか」、ごぶさた抜け忍がいきなり帰ってきて
ギャグをかます直前のものは「……サクラか…」でそれぞれ微妙に違ったりする。
ちなみにサラダ外伝でうちはじゃないシンに怪力パンチをぶち込みながら登場したうちはサクラにはさすがのサスケも
「サクラか…」などとは言っていられず、「!?」「…なんでお前まで!?」と超うろたえている。見比べてみると面白い
……かもしれない。
112: マロン名無しさん 2018/07/24(火) 16:41:15.88 ID:???
【行かないで!! 行くなら 私大声出してでも…】
うちはサスケが木ノ葉隠れの里を抜け、音隠れの里の大蛇丸のもとへ行こうとしているのを押しとどめようとした
春野サクラの台詞。もうすでに十分大声を出している。

【やはり…うちはマダラか…!?】
宿で乙女モードに入りサスケのことを考えているうずまきナルトのもとへやってきた暁のトビをヤマトの木遁で拘束した
はたけカカシが、「そうカンタンにナルトに手は出させやしないよ うちは”マダラ”!」とはったりをかました。それに対し
トビが「だったらさっきのオレの台詞は聞いてるだろ、この”うちはマダラ”に一切の攻撃は通用しないと」とうちはマダラ
であることを明かしたため、つまりトビ=うちはマダラだよということを読者にわかりやすくするために、カカシが字体も変え、
いやに斜がかかった深刻な顔で発した言葉。

しかし、重大な情報が明かされたにしてはやけに小さいコマで、トビが「この”うちはマダラ”」と言っているのに対して
「やはり…うちはマダラか…!?」などとわかりきったことを口にしているさまはあまりにも情報が錯綜しており、かつトビの
グルグル面とカカシの深刻な顔の落差や台詞の字体などから強烈なコラ感がにじみ出ていて、NARUTO未読でナルトスだけ
知っているようなネットユーザーにはこのコマがコラだと思い込んでいる者がかなりの数存在する。
113: マロン名無しさん 2018/07/24(火) 16:45:46.77 ID:???
>>111修正希望です
上から四行目「二部でナルトともに」→「二部でナルトとともに」
申しわけありませんがよろしくお願いします…
114: マロン名無しさん 2018/07/25(水) 08:12:41.23 ID:???
>>111
点呼ワラタw
115: マロン名無しさん 2018/07/25(水) 09:37:27.48 ID:???
>>112
あそこでトビはマダラ本人じゃないんだろうなって思った人いるよな
黒幕大ボスで尾獣コンプリートしたいおじいちゃんのはずなのに
言うことおじいちゃんらしくない上
サスケの事情をべらべら話しオレがサスケ焚きつけたって白状するのはなあ
116: マロン名無しさん 2018/07/25(水) 18:36:44.18 ID:???
【ナルトが火影になった日】
映画BORUTOの入場者特典、秘伝・在の書に収録されている短編。内容はざっくりまとめると、「ナルトは七代目火影就任式の日、
朝子どもたちに起こされて飯食ってさあ出かけようとしたら、子どもどうしの喧嘩のなかでヒマワリの天才的な白眼の才能が突如
めざめ、仲裁に入ったナルトはそのヒマワリに急止の点穴を突かれて昏倒した。仕方がないので変化の術で木ノ葉丸が代打を務めた」
というもの。それでいいのか!? と思うが、岸本先生が描いているものだし、ナルトの夢は火影になることであって就任式に出ること
ではないのでいいのだろう。

なにげにもっともかわいそうな被害者は猿飛木ノ葉丸。奈良シカマルに声をかけられて「ハイ?」と返事するときの顔はものすごい
モブ顔だし、本人も火影が夢なのに、もしこのさきなれなかったとしたら「三代目火影の孫で、火影になったことはないが、火影として
就任式であいさつしたことはある」というあまりにも微妙すぎる経歴となってしまう。ただでさえ、ナルトと年が近いことで火影に
なるという夢がかなう可能性が著しく低いというのに。しかし初代千手柱間→二代目千手扉間の例もある。がんばれ木ノ葉丸!
117: マロン名無しさん 2018/07/26(木) 00:17:06.70 ID:???
>>112
たぶんネットの各地で散々言われてるんだが
トビはマダラ本人でなかったので結局このシーンのカカシのどや顔が
わりと台無しになってる気はする

なんかその後のサスケ戦でもナルトはトビ呼ばわりするしゼツもトビ呼びだし
何が何だか感はちょっとあった。

>>116
想像の斜め上の話が出てきて本当に当惑した。
急止の点穴やっぱやばい性能なのに、ブチ切れた日向一族は危険視されないのは
基本穏健なのか手の内公開しないのかどっちなんだろう
120: マロン名無しさん 2018/07/28(土) 22:18:50.72 ID:???
【パン】
雨隠れの里を擁する国で主食となっているらしい食べ物。長門の家にあった最後の食料もこれで、空腹に倒れた長門に小南が
差し出したのもこれだった。波の国でうずまきナルトとうちはサスケが食料が貧窮しているというのに食ってはゲロに変えていた
食事の主食もパンだったりする。そのほかに出てくる主食はラーメンだったり虫だったりして、コメの飯が出てくるのは、サスケの
回想における食事くらいしかなかったりする。NARUTO世界では稲より小麦のほうがよく育つようだ。

ちなみに、小南が長門にあげたパンは、見た目はふつうだが二つに千切るときに「バリバリ」と音を立てるおそろしいパン。雨が降り続く
湿度の高い環境であっても、パンがカビないよう、パン職人が極限まで乾燥させているのに違いない。

【それはお前の自己満足なだけだ】
444話「答」でペインの本体である長門のところへノコノコやってきた平和、うずまきナルトに対して小南が言ったことの一部にして
NARUTO語。全文は「長門を今ここで殺し復讐をしたところで世の中は何も変わらない。それはお前の自己満足なだけだ」。
同話には長門の「お前の役目はオレの創り出す平和のために犠牲になるというのが正解なのだ」というNARUTO語も存在し、
長門の父母が腹をすかせて民家に入り込んだ木ノ葉の忍びに襲い掛かって返り討ちにあう展開も含まれており、読者の役目は
岸本の作り出すNARUTO語のために犠牲になるというのがなのだがそれは読者の自己満足なだけでありNARUTO語を理解しようと
いう試みは塵に等しい。
124: マロン名無しさん 2018/07/29(日) 19:18:31.44 ID:???
>>120
ラーメンが普通に食されていることから小麦に相当する何かがとれるのは間違いない
が、マジな話、多雨地域には小麦生産は適してないので
雨隠れで出てきたパンの原材料は小麦ではないのかもしれない
125: マロン名無しさん 2018/07/29(日) 19:51:33.08 ID:???
一番のナルト語は欲しいものが別のものになるのアレかな
126: マロン名無しさん 2018/07/29(日) 22:29:03.86 ID:???
>>120修正希望です
最後の二行

岸本の作り出すNARUTO語のために犠牲になるというのが正解なのだがそれは読者の自己満足なだけでありNARUTO語を
理解しようという試みは塵に等しい。

正解が抜けてましたすみません NARUTO語をネタにしている場合じゃねえェ…
127: マロン名無しさん 2018/07/29(日) 22:32:50.42 ID:???
>>125
「の」の多用だっけそれ
128: マロン名無しさん 2018/07/29(日) 23:03:52.17 ID:???
「の」の多様で真っ先に浮かぶのは林の国の般若衆の暗部の残党だな
>>125の方が仰ってるのは「お前のほしいものは一生手に入らない上ほしいものが別なものになる…自分自身の命だ!」かと
確かに頭よさそうな文章書きたい感満載な一方で実際は滅茶苦茶な日本語になってるところとか岸本語の中でも免許皆伝クラスといえる
145: マロン名無しさん 2018/08/03(金) 23:32:55.44 ID:???
【キラービー】
雲隠れの人柱力にして「完璧」と称されるほど尾獣と通じ合っている男。しかし、性格はマイペースで自由人、VS鷹戦でやられたと
見せかけて里の監視をかいくぐり、演歌忍者サブちゃんに弟子入りしてしまう。抜け忍と処断されてもおかしくない所業だが、
その底抜けに明るい性格のためか、「ビーがまたやった」というような軽い扱いで、さほど深刻に受け止められることはなかった。

ちなみに雲隠れでは人柱力は階級の外の存在であるらしく、上忍、中忍、下忍のいずれでもない。そして年齢は36歳と
はたけカカシやマイト・ガイなどよりも年上だったりする。その年齢であの自由さ。ある意味見習いたい……
イヤ、ないな!

【私の開発した禁術でね】
大蛇丸が綱手に持ちかけた取引。全文は「…お前の愛した弟と男を生き返らせてあげるわ、私の開発した禁術でね」。

しかし、このあとカブトが「この禁術には生贄が必要です…」と言っていることから、大蛇丸の言う「私の開発した禁術」は
十中八九、口寄せ・穢土転生。この禁術の開発者は木ノ葉隠れの二代目火影・千手扉間。
「ワシが作った術だ! ワシの術だ!」

【ワシが作った術だ! ワシの術だ!】
二代目火影・千手扉間が、「二代目のおっちゃんはオレの影分身のことも詳しいんだな…!」などとウスラトンカチなことを言う
うずまきナルトに対して行った断固たる抗議。

しかし、扉間は知らない。ナルト以外にも、扉間の開発した術である口寄せ・穢土転生を「私の開発した禁術でね」とうそぶく蛇男や、
「穢土転生とかいう大蛇丸の術」などとのたまうボケジジイが存在することを。
忍術は著作権や特許権など知的財産権の範疇外のようなので、訴え出ることもできない。思うに、扉間は忍術開発だけでなく、
法整備も行うべきだったのだろう。
149: マロン名無しさん 2018/08/05(日) 08:49:39.30 ID:???
>>145
法整備しても法運用がガバガバになるだけだってことが二代目には分かっていたんだよきっと…
150: マロン名無しさん 2018/08/05(日) 17:14:54.97 ID:???
>>145
ナルトも「階級無関係の忍」にすれば良かったな
というか上官として無能で皆に迷惑だからビー同様壁役にしておくべき
186: マロン名無しさん 2018/08/16(木) 18:20:55.24 ID:???
【カブトとか言ったな】
560話、および561話でうちはマダラがエドテン二代目土影・無の意識を乗っ取ったカブトに対して呼びかけた台詞。
一度めは忍連合軍相手に輪廻眼を披露したあとに、「カブトとか言ったな……この体に何をした?」と輪廻眼までも
使えることに関しての疑問を呈するときに使った。二度めは、隕石を二発ぶち落としてあたりを懐かしい風景にしたあとに、
「……カブトとか言ったな……お前はどこまで知っている? オレの事を」とカブトの把握している範囲を図るための
質問をするときに使った。

時間にして数分〜十数分程度のあいだに連続してこの台詞。そこは「カブトとやら」でよくないか? マダラはエドテンされたてで
記憶力に自信がなかったのだろうか? 漫画では二話に渡ったためそう目立たなかったが、アニメでは542話「うちはマダラ」に
まとめられてしまい、音声までついたので、「あんたさっきもそれ言ってたよな」という印象が残りやすくなってしまった。
そうですよマダラおじいちゃん、カブトですよ。

【天送の術】
作中でマブイと綱手のあれこれグダグダとしたやり取りがあったが、バラバラになっても平気なカツユをこの術で送り、
逆口寄せをしてもらえばよかったのではなかろうか。もしくは天送の術に耐えられる雷影と一時的に口寄せ契約を結ぶなどして
口寄せしてもらうとか。まあ、カッコよく五影勢ぞろいをやるために、そういったちまちまとした小細工を弄したくなかったのかもしれない。
しかし、マーキングしたカツユを天送の術で送ってそこへ飛雷神(性格には飛雷陣)の術で飛ばしてもらうのはどうかなどと
シカクが言うので、なぜあいだに飛雷神を挟みたがるのか読者の疑問は膨らむばかりであった。
188: マロン名無しさん 2018/08/17(金) 14:52:33.34 ID:???
>>186
逆口寄せはきっと選び抜かれたカエルさんが一生に一度しか使えない超高等忍術なんだ
おまけに逆口寄せ対象が18歳未満じゃないと失敗するんだ
たぶん、そうなんだ
189: マロン名無しさん 2018/08/17(金) 17:51:29.94 ID:???
>>186
名前間違ってたりしたら申し訳ないな、っていう正しい意味での紳士な気持ちから何度も確認してるんじゃなかろうか
192: マロン名無しさん 2018/08/18(土) 10:24:34.05 ID:???
>>186修正希望です…
【天送の術】下から二行目
誤(性格には飛雷陣)→正(正確には飛雷陣)

すみませんがお願いします
205: マロン名無しさん 2018/08/27(月) 20:31:37.79 ID:???
それの主題歌本当すき
206: マロン名無しさん 2018/08/27(月) 20:54:05.56 ID:???
>卑留呼
とサソリのヒルコの名前被りはサソリのが「蛭子」だから良いのであろうか
207: マロン名無しさん 2018/08/27(月) 21:24:27.91 ID:???
>>205
僕にないものは君がくれる―――君にない者は僕があげるからとか映画にも合ってるし凄く好き
問題は肝心の原作でナルトが九尾の力無理やり奪って何も返してない事なんだけどな!

>>206
元ネタは同じ神話のヒルコだと思うな…まあ名前被りは岸影様もフウフ―とかやってるし
ただ三忍に付いて行けない弱い忍だったとか、神話の水蛭子神に近いのは火の意志の卑留呼の方だと思う
結果的には彼も鬼芽羅の術でカブチ丸もびっくりな他人の血継限界蓄積を成し遂げるTENSAIの一種なわけだが
第六百三十四話 死の際
第六百三十四話 死の際
229: マロン名無しさん 2018/09/02(日) 23:17:24.05 ID:???
ナルトは千手の親戚だからでまだ納得いくかな…サスケにも付けようとしたのは殺す気かと思ったが
そういえばマダラも普通に柱間の肉片入れて別状なかったみたいだったが岸本先生…拒絶反応の設定忘れてました?
231: マロン名無しさん 2018/09/03(月) 06:03:29.04 ID:???
>>229
サスケは一度死にかけたときにカブトが一か八かの勝負に出て、結果拒絶反応なかったからまあわかる
むしろ死ぬわけでもないし障害者影として雷影という先輩もいるのに博打したナルトが…
疾風伝でわざわざ雷影の前でオレ義手作ってもらえるんですわーwと自慢する姿には唖然とした
234: マロン名無しさん 2018/09/04(火) 21:20:14.94 ID:???
>>229
マダラは石碑情報?で千手とうちはは元々ご先祖同じと知ってて
相反する二つがどうのこうので肉片入れたらすごい力を得るかも!! って変な閃きする人だったし

うちは一族は柱間細胞に適合する扱いになってるような気はする
ヤマトは……運が良かったのかな
246: マロン名無しさん 2018/09/08(土) 20:05:47.11 ID:???
夜叉丸・地陸・鬼鮫・小南・弥彦・クシナ・サクモ・ジェイ先輩・うちは一族全員etc
デイダラがエドテンできて彼らがエドテンできない理由とは如何に
あと戦力増強したいはずなのに飛段を掘り起こそうともしないオビト君は何がしたいのか
6000億枚(笑)で死にかけるよりは鹿駆除するだけだからずっと楽なはずなのに
250: マロン名無しさん 2018/09/08(土) 23:24:53.15 ID:???
>>246
鬼鮫と小南は
カブトがエドテン見せつつトビを脅迫した時にはまだ生きてたから

ややこしいけどエドテン長門と長門死体実物は別個に存在してるし
251: マロン名無しさん 2018/09/08(土) 23:26:06.64 ID:???
まああのあたりツッコむと
三尾の人柱力やぐらの死体はどこから出したんだよ謎が浮上する
三尾は尾獣そのものを連行したんだからアジトに死体ないよねって
252: マロン名無しさん 2018/09/09(日) 00:35:36.52 ID:???
ていうかトビはエドテンの個人情報物質をカブトに積極的に提供したのか否かがよくわからん
積極的だったんなら小南や鬼鮫もエドテンさせるべきだし
消極的だったんなら人柱力がエドテンされてる理由がよくわからんし
別に当初は尾獣だけで戦う予定だったんだから無理にカブチ丸に合わせる必要もなさそうだが
254: マロン名無しさん 2018/09/09(日) 08:16:21.24 ID:???
>>246
おそらく
宇宙人さんが鹿さんの軍勢を千切っては投げ千切っては投げて
満を持して飛段が救出される絶望展開を描かせる予定を察したのだろう…
255: マロン名無しさん 2018/09/09(日) 12:05:41.97 ID:???
>>251
やぐらは里長だし普通に墓に死体があるんじゃ
行方不明ってわけじゃなくメイたちが打倒したっぽいし

>>252
人柱力をペイン六道にして自慢してるから、人柱力については
提供してエドテンしてもらってそう
263: マロン名無しさん 2018/09/13(木) 18:05:01.12 ID:???
【だがあの九尾に頼った強さは君の本当の力じゃない】
ヤマト隊長の台詞。「これからもこの九尾の力に頼れば自分自身を苦しめることにもなるし、仲間を傷付けてしまう力にもなりえる」と続く。
しかしこの後設定がスライドし、九尾に頼った力はナルトの力となり、九尾の力に頼ることで自分自身を助け仲間をも守ることとなった。
キラービーによる「九尾から力を引き出そうぜ修行」に同伴したヤマト隊長は、過去の自分の台詞についてどう思ったのだろうか。

【サクラ…君を見ていたら分かる。君はホントは…】
天地橋で暴走してダメージを負ったナルトを回復してやりながら、「私がナルトにしてあげれるのはほんの小さなことだけ」と言うサクラを、
「大切なのはナルトを想う気持ちの大きさでしょうよ」と慰めたあとにヤマト隊長が言ったこと。ナルトが目を覚ましたので後半は途切れた
ままとなったが、普通に考えると「君はホントはナルトのことが好きなんだろ」的なことを言わんとしたであろうことは明白。この時点では
騎士本先生が、「ナルトはサクラとくっつけようかな〜」と微妙に考えていたことがうかがえる。

しかし結局、サクラがナルトを恋愛的に好きになることはなく、サスケを想い続けた末に結婚し、ナルトはヒナタと結婚した。
サクラの嘘告白では「サクラとの約束がナルトの重荷になってる!」というサイの推測がナルトに「勘違い乙」と切って捨てられているが、
実はその陰で「君はホントは…」というヤマト隊長の推測も長い時を経てサクラに「勘違い乙」と切って捨てられていたのだ。
禁術・設定スライド……その恐ろしい力の被害者はここにもいた。

【シズネ】
綱手のかつての恋人・加藤ダンの姪である、というのはものすごくどうでもいい設定で、読者も忘れているし、綱手も忘れているし、
叔父上・加藤ダンも忘れているし、本人も忘れているし、もちろん作者も忘れている。
なので綱手の過去回想などに加藤ダンの姪として若いシズネが出てくることはなく、無限月読で加藤ダンが火影になった世界にも
シズネの姿はないし、エドテンされた加藤ダンも綱手のことは気にするが姪のシズネのことは触れもしない。

ついでにいうと、加藤ダンがシズネの「叔父」ということは、彼に死んだ妹以外に兄か姉がいたことを示しているが、その話も出ない。
悲しい設定だ……
265: マロン名無しさん 2018/09/13(木) 23:10:33.83 ID:???
最初からナルヒナエンド説を信じてる読者はこの辺のサクラの描写どう思ってるんやろな
どう考えても支離滅裂すぎるのだが

【ピースしてるうずまきナルト】
ゲマキでSSRカードになっているナルトのイラスト。
こういうTCGのイラストの人物は、特に高レアものだとカッコいい表情とポーズをしているケースがほとんどだが、
ナルトは何故か満面の笑みでピース。これどちらかといえばネタ系のカードの絵柄では…?
それともこれは本来攻撃的な意味を含んだ表情である笑顔により、見たものに最大限の圧力を感じさせる、
七代目火影様の非凡な戦略なのだろうか。
267: マロン名無しさん 2018/09/14(金) 14:11:38.34 ID:???
>>263>【サクラ…君を見ていたら分かる。君はホントは…】
>>265

み…ミスリード、ミスリードだから!(震え声)
「ストーリーを進めるうちに当初予定とは違う形に落ち着きました」でいいのに
なんで「最初からこうするつもりでしたけど?」って顔をしたがるかなあ
268: マロン名無しさん 2018/09/14(金) 14:30:06.83 ID:???
ナルヒナendはともかくサスサクendは声優のインタでほぼ初期からなのは明らかになったから
ミスリードなのは確かじゃね
269: マロン名無しさん 2018/09/14(金) 14:48:17.57 ID:???
>>268
声優のそれ岸本がどういうニュアンスで言ったかわからないからな
作者は絶対にナルトとサクラをくっつけようとしてたぞ
270: マロン名無しさん 2018/09/14(金) 15:30:39.84 ID:???
>>269
最後はサスケとサクラが一緒になりますだからどういうニュアンスも何も答え出てると思うが…
ナルサク派なん?
271: マロン名無しさん 2018/09/14(金) 15:40:32.79 ID:???
>>268
未見なんだけど、そのインタビューどっかで見られる?

>>270
すぐレッテル貼るのよくない>ナルサク派なん?
274: マロン名無しさん 2018/09/14(金) 16:24:17.84 ID:???
ペイン編の「早く来てよォナルトォォォォォ」とかラストの抱き着くシーンとか、
ナルトとサクラを意識した場面が序盤から終盤にわたってあちこちにあるし、
漫画の流れからアレ全部ミスリードですは無理があるわ
ミナトの「クシナに似てる」発言なんかはナルトとサクラがくっついてようやく意味のあるセリフになるのに
全部思わせぶりなだけで中身のない尺稼ぎでしかなくなった

【白眼】
大筒木カグヤのこれをもってしても頭上からのサクラパンチは見えないらしい。
白眼の死角は第一胸椎の真後ろのみで普通に真上は見えるはずだが…
それにしても白ゼツ以上に饒舌に母への助言を送っていた黒ゼツだが、
視界のフォローは一切してくれなかったらしい。
277: マロン名無しさん 2018/09/14(金) 18:30:53.10 ID:???
どんな引き延ばし長寿漫画もせめて話の最後の締めくらいは考えてるもんだと思ってたんだけどなあ

というかナルサクだと思った?ナルヒナでしたー!といい
ラスボスマダラだと思った?カグヤでしたー!といい
無理に期待を裏切って不自然な話になってる気がするのは俺だけか
280: マロン名無しさん 2018/09/14(金) 20:10:05.86 ID:???
【ミスリード】
騎士本先生が大好きでたまらないもの。しかし、普通の漫画家や小説家、脚本家などが「物語をおもしろくするため」にこのテクニックを
用いるのに対し、騎士本先生は「読者の意表を突くため」だけにつかっていくという特徴がある。「現実だと思った? 幻術でしたー!」、
「意味ありげに動いたこいつが登場すると思った? 違うやつでーす!」という手法がとくに多用され、読者に耐えがたいほどの既視感を
抱かせることに成功している。

第二部から多用されているというイメージがある読者もいるが、実は1話から地味に「イルカだと思った? ミズキでした!」→「ナルトだと
思った? イルカでした!」が展開されており、これからミスリードをやりまくるぞ! という騎士本先生の意気込みが感じられる。
巻を重ねるにつれミスリードが激しくなり、その真骨頂が「トビだと思ったら実はマダラだと思ったら実は実はオビトです!」という
二重ミスリードである。しかし、数々の無意味なミスリードを経て鍛えに鍛えあげられていた多くの読者は、それを何の感情もなく
受け止めることができた。どんなに効果的な作劇テクニックも、ここぞ! というときにだけにつかうようにしなければ、陳腐で退屈な
表現となり果ててしまう……偉大なる騎士本先生は、身をもってそのことを世の表現者たちに警告したのだ。

【先輩ターイム! ”喝”はやっちゃダメー!】
サスケとデイダラの無意味な戦闘のさなか、C1に囲まれてしまったトビが発した言葉。デイダラは先輩として、後輩のこのお願いに従い
「チィ…」と舌打ちしつつも”喝”をやらなかった。……と思いきや、実はトビの周囲のC1はサスケの雷遁・千鳥千本でつらぬかれたものであり、
そもそも起爆は不可能だった。つまり、トビは起爆しないC1に怯えたように見せつつデイダラに助けを求めることで、雷遁にやられたC1が
起爆不能である事実をサスケに気づかれないようサポートしたのだ。NARUTOキャラとしては異例なほど的確な判断であり、このことから、
トビはIQ2万はあると推測できる。

しかしこの後、「先輩! 地雷粘土全てセッティングOKっス!」、「超小型ナノサイズ爆弾C4カルラ…」という発言から読み取れるように、
短時間でトビのIQは2くらいにまで下がってしまっている。原因は不明。恐ろしい現象だ。
282: マロン名無しさん 2018/09/15(土) 07:47:33.71 ID:???
>>274
サクラパンチの隠蔽性が白眼の看破力を上回る可能性が微レ存・・・?
283: マロン名無しさん 2018/09/15(土) 09:13:56.75 ID:???
>>274
白は饒舌黒は毒舌とかあったなあ
あのうまくもない上に実情に即してもいない言葉遊び
287: マロン名無しさん 2018/09/15(土) 23:46:22.32 ID:???
>>274
何でサクラパンチ受けちゃったのか特に説明なんて無かったが
もしかしてたまたま偶然カグヤ自身の白眼の死角があそこだったという
少年漫画的奇跡ラッキーだったりするのだろうか
288: マロン名無しさん 2018/09/16(日) 00:19:39.96 ID:???
まあ現実的に考えると全方向見えたとしても常に全方向把握できてるとは限らなくない?
普通に左右にいるサスケとナルトに気を配ってたから上からくるサクラを察知できなかったのでは
サスケとナルトの印ばっかり気にしてたし、たまたまそこにいたからたまたま取り込んだだけの
カグヤ視点では何もしてない空気女が突然頭上から降ってきてガチンコで殴ってくると思わないじゃん
290: マロン名無しさん 2018/09/16(日) 07:28:02.68 ID:???
>>288
まあこれが正解だよな
291: マロン名無しさん 2018/09/16(日) 11:38:35.01 ID:???
>>288
逆にその程度の洞察力とスペックのラスボスってどうなんだ
左右の対応にアタフタしてたら見えるはずの上からの攻撃に気づかなかったとかダサすぎるだろ
292: マロン名無しさん 2018/09/16(日) 13:17:11.05 ID:???
>>288
視界は360°あるけど頑張らないと全部見えないって設定だと三大瞳術(笑)そんなのを装備したカグヤ(大爆笑)になるがよろしいか

っていうかNARUTO世界は普通に視界外からの攻撃に気づいてる場面も多い(背後から殴りかかってきた角都に気づくシカマル等)
だけにここだけ都合よくサクラに母子揃って気づかないっておかしすぎる
293: マロン名無しさん 2018/09/16(日) 13:29:44.42 ID:???
>>291
NARUTOのラスボスはサスケェだから…

っていうのは置いといて、カグヤ視点からするとサクラって塵に等しいじゃん
写輪眼も輪廻眼も六道の力もなくて落ちそうになっては拾われてるばっかりだし
自分を封印する力を持ってる二人と死闘を繰り広げてるときに埃が落ちてきたからって
払わんでしょ そういう侮って舐め腐ってた相手に一発キメられるってわりとある
パターンだからべつにダサいとも思わんなー

でもその「ダセーだろカグヤ!!」「どうなってんだ岸本!!」という気持ちをネタに
昇華してほしい気持ちはある
295: マロン名無しさん 2018/09/16(日) 13:31:46.44 ID:???
よろしいかって俺に言われても
岸本に言って?ネタにして?
296: マロン名無しさん 2018/09/16(日) 13:52:19.11 ID:???
>>295
>>274がちゃんとネタの形にしてたのにマジレスしたの>>288やん
マジレスにマジレス返されて「俺に言われても」はダセーだろ295ォ!!
298: マロン名無しさん 2018/09/16(日) 14:18:30.17 ID:???
>>293
侮ってる相手に不覚を取る流れはよく見るけど、それをよりによってポッと出のラスボスがやるのはいかんと思う
カグヤの強さの描写が足りないからただの慢心ウーマンにしかならないし、プルプルや要領悪すぎな戦術もあって
能力に恵まれてるだけの脳筋にしか見えん
299: マロン名無しさん 2018/09/16(日) 14:21:45.70 ID:???
というか>>288のは本編にも〇の書にも岸本インタビューにも書いてない一読者のあて推量でしかないから
マジレスとも言えない気が
300: マロン名無しさん 2018/09/18(火) 08:38:31.94 ID:???
>>277
>>280【ミスリード】

手段が目的化してる感あるよね
さすが「漫画の極意は読者の意表を突くこと(意訳)」って言っちゃう作者
342: マロン名無しさん 2018/10/17(水) 01:23:28.65 ID:???
【ダラ先】
信者どころか声優オタにも禁止されている言葉
343: マロン名無しさん 2018/10/17(水) 07:43:06.46 ID:???
>>342

さすがにそれはもうちょい説明ほしいかも

だらしない先生の略であることとかなんで禁句になってるのかとか
348: マロン名無しさん 2018/10/19(金) 22:02:46.97 ID:???
>>343
そら信者や声優オタには嫌な言い方だろうさすがに

似たような呼び方にわかってんだよおじさん(略して「おじさん」)もあるがこっちはどうだろうな
アニメ見てない人には完全謎な呼び方だが
361: マロン名無しさん 2018/10/20(土) 21:03:59.10 ID:???
サスケ「ビー攫った上に雷影の腕落としましたww雷と雲の知らん奴も数人頃しましたwww」
サスケ「すいませんやっぱ世界のために暁と戦います」
サスケ「やっぱ雷影は他の影と一緒に処刑しますwww」
サスケ「すいませんやっぱ教祖様の言う事聞きます」

雷と雲の連中はこの流れを聞かされてサスケを信じられるのだろうか…
いや教祖様とだら先火影がレボスケ案件を隠蔽した可能性も十分あるが
363: マロン名無しさん 2018/10/20(土) 22:34:38.06 ID:???
>>361
尾獣全部殺すと言ってるからビーのこともまた殺す気だったと考えていいだろう
弟子達に隠蔽されてることも知らずに、ゴミとなる義手も作ってやる綱手もセリフで終わらせず漫画にしてあげるべきでしたな
364: マロン名無しさん 2018/10/20(土) 22:47:46.21 ID:???
全忍の協力と宣った後の最初の行動が全忍への隠蔽だから笑えない
騎士本先生って協力の意味を搾取や奉仕と間違えてない?
365: マロン名無しさん 2018/10/20(土) 23:06:29.04 ID:???
>>363
そういえばビーもそうだ…雷からサスケを暗殺しようとする過激派閥が現れても当分文句言えないね…

>>364
主役>脇役>ちょい役>モブ
この作品上の上下関係に従うってことがNARUTO世界の協力だからね
教祖様のお願い事は全て通って当然なのだ

あと361の雷と雲って何だェ…雷と鉄でしたすんません
371: マロン名無しさん 2018/11/02(金) 02:32:09.56 ID:OVslOxCn
だら先先送りにしてなんだけど
カカシ秘伝についてだれか書いてるのかな
作家についてとか
372: マロン名無しさん 2018/11/02(金) 14:54:08.18 ID:???
さすがに派生小説までカバーしているネタ職人はそういないんじゃないかな

>作家についてとか
何かあるのん? 書けるんだったら>>371が書いてくれてもいいのよ
377: マロン名無しさん 2018/11/18(日) 09:14:18.74 ID:???
>>371
【カカシ秘伝】
後に直木賞を受賞した東山彰良氏による小説。綱手に戦後処理を押し付けられた時期の六代目火影の活躍が描かれる。
六代目の最大の功績は、ヒロイン・華氷が飛行船をハイジャックし多数の民間人を殺害した凶悪犯を減刑したことである。処刑が当然という空気の中、彼の独断による説得で無期懲役兼看守という落とし所に持ってきた手腕は流石教祖の師というべきか。
ちなみにこの小説はサラダの外伝の発表よりも前に刊行されている。悪人の処理が死と無罪の二択しか存在しない騎士本先生が大蛇丸とカブトを実質無罪にしてるので、時期が違えば華氷も無罪になっていたはず。騎士本先生の倫理観を浮き彫りにする貴重な資料でもある。
378: マロン名無しさん 2018/11/18(日) 11:16:05.36 ID:???
>>377
おお、乙
371が言ってた「作者について」ってこれかー

だけどちょい文章おかしくね?
華氷が凶悪犯を減刑したと読めてしまうけど
文意はたぶん違うよな
379: マロン名無しさん 2018/11/18(日) 19:53:50.52 ID:???
>>378
おっしゃる通り
↓に修正です

> 六代目の最大の功績は、飛行船をハイジャックし多数の民間人を殺害した凶悪犯ヒロイン・華氷を減刑したことである。
380: マロン名無しさん 2018/11/18(日) 20:17:53.65 ID:???
>>377

やっぱネタ師は文章上手いわ
ちょっと話がずれるんだけど東山彰良氏ってナルトがもともと結構好きで小説書く際には読み込んだとか
どこ情報かあやふやだしナルト自体には直接は関係ないしな
NARUTO THE BEST (期間生産限定盤) [ (アニメーション) ]
NARUTO THE BEST (期間生産限定盤) [ (アニメーション) ]
404: マロン名無しさん 2018/12/06(木) 22:51:28.76 ID:???
【ネタ職人】
ジャンプでの連載終了後から4年もたった今でも、騎士本先生のNARUTO語の矛盾点を探すために
日々努力を続けている読者。「もうネタ切れか!?」と我々が思っていた時でさえネタを提供する努力、そして忍耐力、忍ぶ力。
定価で買うのは馬鹿らしいから、ブックオフで買うなど、とにかく騎士本先生文献をこと細かく読み分析する読者の中の読者と言えよう。
そして、その重箱の隅をもつつく様な偏屈さ、しかしどのような読者よりもNARUTOをネタ漫画と信じている。しかし大変残念なことではあるが、
もしかしたらすでに読者ではなく信者になってしまった者もいるかもしれない。
ナルトの連載が終わっても、我々の騎士本先生の常人とは異なる思考を失笑
否、笑いを授けてくれる大切なかなり変わった人と思っているうちは大丈夫。なはず。
407: 暫定二代目 ◆hGO1L6bMzg 2018/12/11(火) 19:19:16.42 ID:???
9-11月期の更新完了しました。
今回は403まで。


【山中いの】
メモ帳の置換機能を使って文中リンクを貼る管理人の天敵。

思えな いの は
扱 いの 軽さ
描写がな いの で

など、ノイズが引っかかりまくるからである。
せめて名前がカタカナ表記であったなら……!
410: マロン名無しさん 2018/12/12(水) 22:55:30.80 ID:???
【だらしない先生ですまない…】
ひとりでサスケを殺しに行ったサクラに対し、第七班がバラバラになってしまったのは自分が先生として不甲斐なかったからだとして
カカシがした謝罪。普通に謝罪だけでいいところに、「だらしない先生で」とつけるところが岸本節。

第一部でサクラに対し、「また元に戻れる」と無責任なことを言ったことも含めているが、この点についてはそれを言った直後にサスケが
里抜け(+サクラはそれを予期してサスケを待ち伏せていた=カカシの言葉を信じていなかった)という事態になっていること、カカシが謝罪
しているそれらとは別に、写輪眼を使うたびにぶっ倒れて入院していることや入院しないことが珍しい扱いであること、カカシの戦歴醜態その他
もろもろ、そしてサクラがこの謝罪に「…そんな事…」とあいまいな言葉を返すのみで明確に否定しないことなどから、「確かにだらしねえな」と
感じてしまった一部の読者によってカカシの別称に「だらしない先生」、略して「だら先」というものが加わってしまった。

さらに、カグヤ戦において亡き親友オビトから一時的にどうにかこうにかして借り受けた両目万華鏡写輪眼で須佐能乎を召喚し神威を
手裏剣にして飛ばすなどというチート技を披露するさまには、動画サイトなどでこの台詞をもじって「最強の先生ですまない」とコメントが
ついたりする。

【皆の書】
オフィシャルプレミアムファンブック秘伝・皆の書のこと。特筆すべきはギャグマンガ日和の作者・増田こうすけ氏がカンクロウ好きであると
いう事実が明かされたことであろう。そのほかの情報は塵に等しい。

【忍界大戦】
秘伝・皆の書で四ページほどでサラッとあきらかにされたことによると、

・忍び五大国ができて約60年ほどのあいだに三度勃発している(隠れ里が設立される前の時代は「戦国時代」と括られる)
・第一次忍界大戦は隠れ里ができてすぐ起こったから情報がなくてよくわかんないけどたぶんなんかすごかったはず
・第二次忍界大戦は第一次で忍び五大国が休戦条約を結んでから約20年後、国家間の経済格差拡大、武断派の台頭から勃発
・第三次忍界大戦は第二次で国々が痛手を受けてから小競り合いが続き、それが長引くうちに勃発

らしい。結局なにひとつはっきりとわからないということが理解できるだろう。
411: マロン名無しさん 2018/12/13(木) 09:16:36.74 ID:???
>>410
だら先詳細バージョンキター!
創造神岸本ですらサクラに否定させきれない負の実績w
412: マロン名無しさん 2018/12/13(木) 09:33:24.43 ID:???
>>407
乙です
>>410

大したネタ師だ。
文章が美しい。
しかし410やその他の優秀なネタ師たちが岸本の担当だったりしたら
NARUTOはもっと何の変哲もない駄作になってしまっていただろう

NARUTOはだらしない作者とだらしない担当によって生み出された稀有な漫画
413: マロン名無しさん 2018/12/13(木) 09:50:03.97 ID:???
>>404は酔っぱらって書いた文章なんだが、今読み返したらかなりひでえ
岸本のこと笑えないレベル
なかったことにして
414: 暫定二代目 ◆hGO1L6bMzg 2018/12/13(木) 19:34:56.55 ID:???
>>413
えー、言いにくいことですが、
404と413が同一人物であることが管理人には確認できないので
その撤回宣言は受け入れられません。

もしこれを通した場合、
なりすましによる撤回宣言が横行する恐れを否定できないからです。

413さんがなりすましだと思っているわけではありませんが、
匿名掲示板の性質上発生しうるトラブルを未然に防ぐため
あしからずご了承ください。
415: マロン名無しさん 2018/12/13(木) 21:54:23.15 ID:???
>>414
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

おこがましいとは思いますが
(後述:筆者は泥酔中であった)か何かを付け加えることは可能でしょうか
416: マロン名無しさん 2018/12/13(木) 22:53:08.04 ID:???
【サクラの嘘告白を見ぬいたナルト】
ナルトがその知能に見合わぬ洞察力を見せつけた貴重な場面。

しかし、ダンゾウが火影(仮)になり、抜け忍サスケの抹殺指令を出し、ナルト自身サスケの助命嘆願のために鉄の国まで出向いてきている
という状況下では、サクラの告白の要旨である「サスケを追うな」は、少なくとも「サスケを助けるな、死なせろ」とほぼ同義であるということには
まったく少しも気づかないし指摘しない。そばにいる上忍のカカシとヤマトも畑に突っ立っているただの案山子か放置された材木のごとく
反応しない。そして「なぜいまそれを言いに来たのか」ということを追及もしない。なにもしないをしている。

ナルトの全般的で深い鈍感力と局地的に鋭い洞察力の落差をあざやかに描き出すことで、サクラが嘘をついたことにナルトが激しく動揺し、
同時に彼女を深く心配していることを表現したうえで、話の都合をもごく自然に解決する岸本先生の手腕にはため息をつくほかない。

【どういう事だサイ?】
「なんでサクラたち、五影会談中なのに鉄の国までわざわざ来たんだろうなあ」と考えてはいるが追及する気も察する知能もないもと暗部の
上忍ふたりのうちヤマトが、サクラの告白の真意を説明しに来たサイに対して非常に小さなふきだしで発した疑問。
普通こういう文章は「どういう事だ サイ?」のように、読みやすいよう空白が入れられたりするものだが、スペースに余裕がなかったため
連続で書かれてしまい、結果、ヤマトは変な語尾の人のようになってしまったんだってばよ。
417: 暫定二代目 ◆hGO1L6bMzg 2018/12/13(木) 23:47:12.71 ID:???
>>415
それもちょっと厳しいですね……。
管理人にとって404と413と415は
「同一人物である可能性は極めて高いがあくまでも別人」なんです。
別人の要望で「このネタ書いたの酔っ払いなんだぜー」という文言を
追加する前例を作るわけには……。

もしそこまで気になるんでしたら修正案を提示してもらうことは
できないでしょうか? 一部でも全文でも構いません。
ネタの骨子が同じであると判断できる限り、修正には柔軟に応じたいと思っていますが。
418: マロン名無しさん 2018/12/14(金) 00:00:18.50 ID:???
>>417
当方の勝手な要望を検討していただくことに厚く御礼申し上げます。

遅筆ですがなるべく早く修正案を提示させていただきます。
419: マロン名無しさん 2018/12/14(金) 17:29:21.99 ID:???
>>416
全般的で深い鈍感力と局地的に鋭い洞察力フイタw
NARUTOを読んでると岸本先生の卓越した手腕にたびたびため息つかされるよな!
420: マロン名無しさん 2018/12/14(金) 19:30:39.21 ID:???
>>410
>そのほかの情報は塵に等しい

ワラタ
ファンブックの情報は当てにならないのが多いよな
421: マロン名無しさん 2018/12/15(土) 00:10:45.05 ID:???
>>416
>【どういう事だサイ?】

ページを潤沢に使う岸本にしては珍しくこのページのコマ割りは窮屈そうなんだよな
ヤマト隊長の語尾はコマ割りの犠牲になったんじゃん、コレ
432: マロン名無しさん 2018/12/17(月) 00:48:52.72 ID:???
>>410
皆の書の情報だと

本編では水影としか呼ばれてなかった五代目水影の名前「照美メイ」が出たのはここが初
とはいえ別に個人名が分かろうが塵に等しいかもしれない
452: マロン名無しさん 2018/12/24(月) 19:07:12.62 ID:???
【劇場版NARUTO-ナルト-大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!】
少年期のサスケが登場する数少ない映画。カカシ版が任務を命じられ女優を護衛していたら、その人物が実は10年前にクーデターを
起こされ殺された雪の国の前国主の娘、つまり雪の国の姫だということがわかり……というかなりオーソドックスな設定で、暗部時代の
カカシがクーデターに介入したものの敵に力量及ばずとみて子供だった雪姫を連れ逃げたという因縁もあり、エンターテイメントとして
そこそこ完成度が高い映画となっている。

ただし、ナルトは螺旋丸を使用できるが、サスケは入院も里抜けもしていないという謎時空ではあり、敵が平気で血継限界であるはずの
氷遁を使い、カカシも平気でそれをコピーしている。また、サクラが映画オリジナル忍術・桜吹雪の術の起こす爆風で、空を飛び回っている
敵の吹っ飛ぶ方向を事前にサスケへ正確に伝え、サスケがそこに網を張ったところ敵がもろにそこへ突っ込むという場面があり、IQ200
などお呼びでないほどの頭脳を見せてくれた。原作でも見せてほしかった。

【劇場版NARUTO-ナルト-木ノ葉の里の大うん動会】
大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!! と同時上映の短編映画。テレビでもスペシャル回として放送された。
有給休暇をかけて班ごとに分かれて競う大運動会の話。時系列は綱手五代目火影就任後〜サスケ奪還編前と思われる。無駄に
オールスターで、大蛇丸、暁、四代目火影までもがセリフなしのモブとしてではあるが登場する。
「なんで”うん”動会なんだってばよ?」と思ったら、低年齢の子供向け映画であることを思い出してほしい。
454: マロン名無しさん 2018/12/25(火) 00:00:01.62 ID:???
>>452
(誤) 一行目 カカシ版 → (正) カカシ班
457: マロン名無しさん 2018/12/25(火) 10:19:59.12 ID:???
>>454
センキューだってばよ…
458: マロン名無しさん 2018/12/25(火) 12:40:18.21 ID:???
【劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 火の意志を継ぐ者】
卑留呼という三忍世代の木ノ葉の抜け忍が、砂・霧・岩・雷の隠れ里からそれぞれひとりずつ血継限界を持つ忍をさらい、空に自分の巨大な
幻影を浮かばせるという方法で「俺は木ノ葉の忍だよ! 一連の事件の犯人は俺だよ!」と宣言したことから、木ノ葉隠れは四面楚歌の状態に
陥ってしまう。そんな中、木ノ葉忍だったころの卑留呼を知るカカシは、木ノ葉で狙われるのは自分だと察しており、あえて相手のところへ
犠牲になりに行く。犠牲嫌いのナルトとサクラはカカシを追いかけるが、「カカシの役目は木ノ葉の『玉』のために犠牲になるというのが正解なのだ」
と考えるシカマルは仲良しのみんなを率いてナルトを止めに行く。しかし結局、仲良しのみんなはナルトとも仲良しなのでそっちの味方になり、
シカマルも洗脳されてしまい、なんかわちゃわちゃした結果卑留呼は倒され、ナルトとカカシは熱愛疑惑をかけられて終わった。

やたらな火の意志連呼や、卑留呼について大名にとがめられた綱手の「あいつは確かにヤバい研究してましたけど里抜けしたんで
もう木ノ葉とは無関係です」という突っ込みどころがありすぎる主張、回天の回転数が足りないから敵にかなわないと考えたネジがハッと
気づいて発した「リー! オレに表蓮華をかけろ! テンテンは援護を!」という名台詞、馬鹿正直に表蓮華をそのまま(包帯を巻きつけて
動きを封じるところまできっちりと)ネジにかけるリー、最終的な結論は「なかまだいじに」、カカシの「自分ひとり犠牲になって里を救おうなんて
おこがましかったわ」というアツい三代目火影・四代目火影・イタチ批判など見どころ多数。
463: マロン名無しさん 2018/12/25(火) 14:12:01.76 ID:???
映画はほとんど見たことがないんだが見どころを解説して貰うとものすごく楽しめそう
465: マロン名無しさん 2018/12/25(火) 15:31:26.52 ID:???
前スレの902の
>下書きするじゃん? 推敲するじゃん? 最終チェックするじゃん? 投下するじゃん?
>→直後ミスに気づくネタ職人特有のこの現象、そろそろ名前がついてもいいと思うの

どなたかこれをお願いします
466: マロン名無しさん 2018/12/25(火) 15:36:54.44 ID:???
>>465
書いてもいいけどNARUTO用語辞典から外れてない?
467: マロン名無しさん 2018/12/25(火) 15:43:19.17 ID:???
>>466
NARUTOのネタ職人にだけ当てはまるわけでもないだろうからダメかな
鰤やワンピのネタ職人もそうかもしれないし
469: マロン名無しさん 2018/12/25(火) 19:41:51.26 ID:???
>>458
一番気になったのはキバの
「おいシカマル!オレもナルトと同じくカカシ先生は犠牲にさせないぜ!」
→「シカマル!ここはオレに任せてお前はナルトを止めろ!」
の掌牙通牙っぷりだったな…いろいろ突っ込みどころある映画だったけど
ここは特にアレだったと思うんだ

>>463
劇場版に興味が湧いたのなら雪姫忍法帖・アニマル騒動・劇場版疾風伝あたりはオーソドックスに勧められそう
地底遺跡もまあまあ面白いんだけど西洋騎士と横文字必殺技で世界観ぶっ壊し過ぎなのとゲストキャラの棒読みが一番目立っててお勧めし辛い所が
470: マロン名無しさん 2018/12/25(火) 20:32:12.73 ID:???
>>458
「砂・霧・岩・雷」ではなく「砂・霧・岩・雲」でした すみません、修正お願いします

【劇場版NARUTO-ナルト- 炎の中忍試験! ナルトvs木ノ葉丸!!】
第四次忍界大戦開戦間近に、埋もれている戦力発掘のため砂隠れの里で中忍試験が行われたという設定の短編映画。
劇場版ブラッド・プリズンと同時上映。
最終試験には木ノ葉からはナルトとエビス班、池野カマキリ、ふたばツブテ、斜路エリマキ、三河テヅツ、梅矢アラシ、砕気コブシ
(内訳は木ノ葉四人、砂一人、雲一人、岩一人、不明三人)が進出。ペインを退け里を守ったナルトのことは知れ渡っており、
試験者らは警戒、観客らはどのような試合が見られるかと期待する。そんな中、第一試合はナルトと木ノ葉丸がぶつかることに
決まり……という内容。
注目すべきは最終試験に進出したはずなのに、対戦カードに名前が挙がることすらなかったモエギとウドン。彼らはいったい何だったのか。

見どころは、本気のナルトにボコボコにやられ、あきらめかけるも奮起した木ノ葉丸が繰り出す祖父ヒルゼンの技、手裏剣影分身と
叔父アスマの技、火遁・灰積焼。ちょっとだけ胸熱な気分に浸れる。しかし、木ノ葉丸はこれに加えて大玉螺旋丸をナルトに教わるまでもなく
会得、ナルトに匹敵する数の影分身を繰り出すなど驚異のチャクラと才能を示していて、結局はナルトに(仙術禁止なのに仙人化した
ナルトの反則負けによって)勝ち、中忍に昇格している。
なんかもうめちゃくちゃだが、名門猿飛一族の秘蔵っ子、猿飛木ノ葉丸はスゲエぞコレ。
479: マロン名無しさん 2018/12/26(水) 20:23:50.68 ID:???
ブラッドプリズンは主路線は悪くないと思うんだけど部分部分を見てるとナルト読んだことある?って聞きたくなる点がちらほら
チャクラ封じられてるのにどうして影分身待機させられるんですかねえ…
どんでん返しは中々引き込まれたし、まあ絆に比べれば全然見れる内容だとは思う
480: マロン名無しさん 2018/12/26(水) 20:30:24.78 ID:???
【ROAD TO NINJA-NARUTO THE MOVIE-】
ナルトとサクラは突如里内で襲ってきた仮面の男・マダラによって別世界に飛ばされてしまった。そこはナルトとサクラの知る人々すべての
性格が少しずつ違う世界であり、サスケが里にいる世界であり、サクラの父母が英雄として里を守って死に、ナルトの父母ミナトとクシナが
生きている世界。ナルトとサクラは元の里に戻る手段を探し、この世界の「仮面の男」と戦うことになるが、それはマダラではなかった。
……という感じの話。

騎士本先生が初めて映画に深くかかわった記念すべき作品。企画、ストーリー、キャラクターデザインを手掛けている。
内容はといえばなかなかにとっ散らかっているうえ、映画のくせに作画が普通のアニメレベルに悪い。さらには、二部設定であるにも
かかわらず、伊達監督判断でナルトとサクラの性格が一部序盤のものに戻っており、見た目は大人! 性格は子供! という
最悪なキャラを見せつけられる。
見どころはあからさまにキャラ釣りのために登場する暁の面々。冒頭と終盤にちょっとずつ登場するのみでほとんど台詞がなく、
というか台詞があるキャラがイタチ、鬼鮫、デイダラ、飛段、角都だけで、ペイン、小南、サソリは登場するものの無言。
しかもまともに喋るのはイタチとデイダラのみという潔さで、飛段などは「ヒャッホー!」くらいしか言わない。

また、終盤でナルトが九尾と共闘する際に、ナルトが「体を乗っ取りたいだけだろう」と渋り、最終的には「これっきりのたった一回だけの
共闘だからな」と念を押してやっと協力する。騎士本先生、これはギャグなんですか?

【限定月読】
映画ROAD TO NINJAで登場した映画オリジナル忍術。名前通り無限月読の限定されたバージョンで、コンプしていない尾獣たちの
力でも使用することができる。術をかけられた者がそのとき望んでいる世界を作り出すが、その世界に術をかけられた者がねじ込まれる
ことで世界にゆがみが生じる。映画ではサスケがチャラくなり、ヒナタが過激になり、シカマルが(あからさまに)バカになるなど、「みんなの
性格が逆になる」というかたちで現れた。
481: マロン名無しさん 2018/12/26(水) 20:46:12.29 ID:???
>>479
脚本書いた人が好きなんでとりあえず見ようかな
東山氏はNARUTO小説を4冊も出しているのでその辺は分かってるのかなとも思ったんだけど
彼もまたチャクラ切れを起こしたんですかねえ・…

>>480
おまけの薄い漫画(同人誌じゃないってばよ)はブックオフで買ったような
日向のおっぱい見たさにw

雪姫忍法帖は内容を全く覚えてないけどもしかしたらテレビでやってたのを見たような
ナルトが可愛い女の子をおんぶしてなかったっけ?そんだけ
515: マロン名無しさん 2018/12/31(月) 11:00:44.99 ID:???
でも個人的にこの漫画内で一番の過激派ファンは
うちは一族じゃないけどイタチが好きすぎて
うちはを名乗り子供にイタチの話を吹き込み暁を再興したがったので暁コートを自作して着てる
うちはシン氏を推したい
518: マロン名無しさん 2018/12/31(月) 15:06:22.09 ID:???
>>515
ダンゾウ腕の実験台になってたから外伝の時点で結構なおっさんになってるはずなんだよな
いい歳して享年21の青年に夢中というのはちょっと
519: マロン名無しさん 2018/12/31(月) 15:55:55.74 ID:???
>>518
また背筋がぞわっとした
545: マロン名無しさん 2019/01/05(土) 00:02:41.32 ID:???
【我愛羅秘伝】
漫画BORUTOの脚本担当でもある小太刀右京が書いたNARUTO小説。第四次忍界大戦後、もっと言うなら映画LAST後の砂隠れの話。
砂隠れの風影は世襲とか言う設定で、テマリが木ノ葉隠れの奈良家に嫁入りすることから、砂隠れに残る先代風影の遺児・我愛羅と
カンクロウが急死などした場合に奈良家の子が風影となる可能性を憂慮した老人たちに見合いを勧められる我愛羅、テロ対策部隊で
腕を振るううち、現場働きの若い砂忍たちに担ぎ上げられ我愛羅を退けて風影になることを要求されるカンクロウ。実はそのふたつの
動きは、裏で糸を引いている者がいた……的な話。

おそらくNARUTO読者がこれを読むとほぼ100%「こいつらだれだよ」が感想になるだろう、そう感じるほどキャラ崩壊が激しい。
微笑んだり敬語をつかう我愛羅、”我愛羅と似た白皙の美貌”を持つカンクロウ、サクラやいののように女っぽい口調(〜ね、
〜なのよ、など)でノリが軽いテマリと登場する原作キャラがほぼ全員別人なので、これがNARUTO小説なのか疑問に思えてくる。
とくにカンクロウの容貌については、この小説の人物紹介で絵が出ている(砂隠れの里から五影会談へ向かうときの絵)ので、
NARUTO未読者でも我愛羅とカンクロウの顔が似ているか、白皙の美貌かということを確かめることができる親切仕様になっている。

小太刀右京はNARUTOを読んでいないのだろうか? 読んでいてこれだとしたら、おそらくこれが小太刀右京の”ぼくのかんがえた
さいきょうのすなのさんきょうだい”なのだろう。こんな小説を書く人間にBORUTOの脚本を任せる岸影と編集部、大した奴らだ。

【雷遁】
五行の遁術で唯一口からゲロゲロと出ない、ズルい遁術。
547: マロン名無しさん 2019/01/05(土) 10:53:14.62 ID:???
>>545
雷遁を口から出すキャラは居るんだよ
三代目火影が雷遁使う時は口から出る、これマジで

ヒント・69〜70巻あたりをチェックしてみようぜ
548: マロン名無しさん 2019/01/05(土) 11:02:54.09 ID:???
>>545
「ジャンプのメディア担当編集仕事しろ」のような気もするが
出版する責任とかクオリティチェックとかあるっしょ

作家性におまかせということだろうか。
549: マロン名無しさん 2019/01/05(土) 11:07:20.34 ID:???
>>547
巻数ヒントまでくれるとは(真の意味での)大した紳士だ
555: マロン名無しさん 2019/01/07(月) 01:36:21.43 ID:???
【君を見ていると時が経過したのが分かる】
ナルトの影分身を見たエドテン君麻呂が発した言葉。しかし、そういう君麻呂こそ死んでいたはずなのにどう見ても成長しており、
少年らしい細っこい体形だったのがややマッチョになっていて、その絵柄の変化から残酷な時の流れを感じさせる。

【そのための戦争ですよコレ…】
「九尾をまだ捕らえていないようだな」というエドテンマダラに対するカブチ丸in無の返答。「そのための戦争ですよ」でいいところに
「コレ」を加えてしまったことで完全に木ノ葉丸の台詞と化した。カブチ丸の次はマフラーを巻いて木ノチ丸になってしまうのだろうか
という不安を読者に与えたぞコレ。

【無限の月読の幻術の中で眠っていればいい】
オオノキがこれは皆が手に入れるための戦争云々時は刻むだけではない云々と並べ立てるのを聞き、エドテンマダラが言ったこと。
わざわざ無限月読という単語を「無限の月読」としてまで、山中フーの「前に暗殺した林の国の般若衆の暗部の残党」に対抗しようとしたが、
三回までしか「の」を入れ込めずにあえなく敗北した。山中の一族のフーの台詞のあまりのポテンシャルの高さの前には、さすがの
かつてのうちはの一族の族長のマダラの台詞も勝つことはできなかったのだ。
558: マロン名無しさん 2019/01/08(火) 20:15:36.34 ID:???
>>555
>【そのための戦争ですよコレ…】

見事に騙された
木の葉丸のセリフじゃないのかよ
559: マロン名無しさん 2019/01/08(火) 23:17:17.96 ID:???
【ダンゾウという男は……男だ】
仮面の男の小南に対する無意味な「小娘」連呼は語るまでもなく有名だが、284話「新しい仲間…!!」にその前身とも言うべき台詞が
存在することはあまり知られていない。それはヤマトに対しダンゾウという男について語る綱手の長広舌の中にある。

「ダンゾウという男は…かつて三代目と対立していたタカ派の男だ」
「暗部の中に別動部隊として暗部養成部門の"根"を組織しその主任の座に就いていた男だ」
「"根"はすでに解体されてるし奴も一度失脚した身……が相変わらず何を考えているかわからん男だ」

初っ端から「ダンゾウという男は〜〜男だ」という台詞に腰が砕けそうになるが、それは序の口とばかりに連続で男を繰り出してくる
岸影の圧倒的な姿勢にはもはや脱帽するしかない。この台詞は三コマに詰められており、二コマに詰め込まれた三回の「小娘」には
及ばずとも、それと相通ずる何かがあることは紳士・淑女であれば感じ取ることができるだろう。

【ナルトの気持ちも知らないクセに! そうやって冷静に何でも…】
「サスケを返せ」というナルトのズレた言い分に正論を突きつけてくれたカブトさんに対して、「黙れ! メガネ!!」と罵ってからサクラが
言ったこと。
そもそもカブトさんにとってナルトは敵なので、心情を察してやる必要もなければ義理もない。うっわストーカーキモッwwないわーww
と嘲笑せず、冷静に正論を並べてくれただけ、ありがたいというものではなかろうか。

【"根"はすでに解体されてるし】
ヤマトにダンゾウとダンゾウがカカシ班に推薦してきたサイのことを説明する綱手の台詞の一部。
しかし「あの暗部養成部門"根"から新人が一人カカシ班に配属される」とも語っており、つまどゆ案件となっている。解体とはいったい……?
563: マロン名無しさん 2019/01/09(水) 21:55:05.18 ID:???
>>555
今コミックス手元にないからはっきりしないけど三尾から逃げる時のオビトも「人選ミスでしょコレ!」とか言ってなかったっけか
他にも結構覚えがあるし木の葉丸ウイルスの拡大は凄まじい

>>559
諭すにしてもナルト教勢と違って相手の心情を分かった気にならずにあくまで客観的に意見を述べる。
音のスパイとしての素性を明かして敵になっても、ナルトの良き先輩としてあり続けるカブトさんはほんま紳士やわ…
598: マロン名無しさん 2019/02/03(日) 21:58:55.44 ID:???
>前に暗殺した林の国の般若衆の暗部の残党
これ出てくるたびに吹く
NARUTO用語辞典の数多の岸本語の項目の中でもSランク級の破壊力があると思うの
599: マロン名無しさん 2019/02/04(月) 18:09:24.47 ID:???
かく言う>>598殿もなかなか見事な「ののの文」の使い手・・・・
特に末尾の「の」の使い方はカフェオレ返せコンチクショーw
604: マロン名無しさん 2019/02/10(日) 19:00:31.52 ID:???
>>599
最後の"の"は言われるまで気づいてなかったェ
無意識に打ち込んでたの…

【多由也・・・女がそういう言葉をあんまり・・・】
多由也の言葉遣いを指摘する次郎坊の台詞。
言いたいことは分かるが、老若男女問わず口調にヤンキーっぽさが混ざる
この漫画では、全人類に向けて言っていただきたいお言葉である。

【くせーよデブ】
「多由也・・・女がそういう言葉をあんまり・・・」と、
自身の言葉遣いを注意してきた次郎坊に対する多由也の返答。
一見悪態をついているようにしか思えないが、
この両台詞が互いの一番の問題点(次郎坊=体型、多由也=言葉遣い)に触れていることに着目してみよう。

つまりこの会話は険悪そうな雰囲気に見えるが、本質は、
「多由也さんその言葉遣いは淑女らしからぬものなので訂正するべきですよ」
「ご指摘承知しました、貴方もその普段の生活習慣による肥満体型を改善するべきです」
と仲間同士で、本人だけでは直しにくい問題点を省みあっているのである。
また、鬼童丸曰くこの問答は常日頃交わされているらしいが、
まさか木の葉潜入時すらも欠かさず仲間を観察し、
彼らなりの気遣いを見せるとは、流石は大蛇丸直属の護衛、大したプロ意識である。
605: マロン名無しさん 2019/02/10(日) 19:05:01.80 ID:???
頭一つ抜けてるナルト語は
>>128かな
607: マロン名無しさん 2019/02/11(月) 21:02:20.37 ID:???
>>604
歯に衣着せず直言し合うとは実に麗しい仲間関係だな!

なお同じようなやりとりを何度も繰り返しているところを見ると
お互い問題点を指摘はするが改めない模様
引用元:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/csaloon/1528870678
おすすめ