マンガちゃんねる@のいえ
Top

【ベルセルク】大丈夫、フローラの魔法によって、ガイゼリックの時代を描くとしたら旧ローマ帝国を

ベルセルク妄想考察スレ1

1: マロン名無しさん 2013/02/18(月) 08:35:34.57 ID:jj+kN3gi
ベルセルクについての妄想を、なんでもいいから書け。
2: マロン名無しさん 2013/02/18(月) 11:06:35.19 ID:???
俺の主張
「右」はグリフィス・幽界のものの象徴
「左」はガッツ・現世のものの象徴

そんでね。
断罪編の直後、ガッツがキャスカの首絞めたシーン。
キャスカの見開いた「右目」がガッツを映すとこ。
あれ見て思い出したのが再生の塔のグリフィスが目を覚ましてガッツを映すシーン。
あんときは左目だったけど、多分作者の中ではまだそこまで考えまわってなかったんだろうと推測。
ただ構図があまりに似てるんで関係性を疑ってみた。

キャスカが目を覚ます次のページ見てみ。
ガッツのこと振り返って睨んでる顔。あれグリフィスそっくりじゃね?
ガッツはキャスカの中にグリフィスの姿を見出してんじゃねえかな?
だから犯したんじゃね?
「グリフィスに焦がれ続けるための生贄がキャスカだ」って鎖犬が言ってたし、
「グリフィスかキャスカ、想い人は一人にすべき」って髑髏が言ってたし。

あと蛇足だけど、
キャスカ犯すシーンでガッツの目がキャスカの「右」胸にフェードしてく。
ファル姉加入直後の「星降る夜」でグリフィスが死者の魂を「右手」から出してる。
33巻「予知夢」「本当の夜明けがくる」って言ってる子供たちの後ろの神像は
「左翼」が欠けていて「右翼」だけが残ってる。
これらは偶然か?意図的なものか?
そこんとこ着眼して見てみようぜ。
グリフィスに関する大事なシーンで絶対「右」の要素出てくるから。
逆にガッツに関する大事なシーンで「左」の要素が出てくる気がする。
33巻の「水泡」で左手でキャスカ救おうとしたシーンなんかヒントになる気がする。

そろそろ行制限です。

あ、なんだっけ。>>1
3: 2 ◆MWAm34tcrQ 2013/02/18(月) 11:20:31.76 ID:???
ここIDでねえのか。ごめんね、一応混乱となりすまし防止のトリプ。
>>2
>逆にガッツに関する大事なシーンで「左」の要素が出てくる気がする。
なのになんでガッツがキャスカ犯したシーンで「右」胸に噛み付いたの?って質問でそうだけど
あんとき鎖犬に心乗っ取られてたから。だからやってるのはガッツだけど
本質的にはグリフィス(鎖犬)がやったことだと思ってよ。

あと33巻「水泡」の「甘やかで苦く切ない〜決まって最後は」の見開きの最後の方で
鎖犬の眼が蝕のシーンを映してる絵。(これよく出てくる気がする)

あれ、ガッツの「内側」から「右目」を通して見た図じゃね?
右目の残照ってそういう意味じゃねえの?

異論大歓迎w
13: マロン名無しさん 2013/02/19(火) 04:29:39.89 ID:???
このスレに書かれるとすべてが妄想になるのだ
14: マロン名無しさん 2013/02/19(火) 05:27:56.11 ID:???
>>13
実は休載ばかりなのもすべて……
やめよう、悲しくなってきた
15: ◆MWAm34tcrQ 2013/02/19(火) 12:05:24.62 ID:???
おはよ。二日酔いで頭痛い。
ガイゼリック=ボイド説なんだけどね。

これ元々はなんか色々考えてたら途中からガイゼリックがボイドになっちゃってなんだこりゃ?
ってなったんで無理やり5人目と[『6人目』が入れ替わる説を提唱してガイゼリック=ボイドにしたのね。
詳しくは本スレ333〜334あたり見といてくれや。

でもね。これビンゴくせえなとちょっと思ったんだよね。

なんでかっつーと、ガイゼリックが髑髏の騎士だったとしたらあまりにも性格が違いすぎてさ。
生前あんだけ悪評があって、気に入らないやつ(賢者)を拷問するような大悪党が
ガッツだけじゃなくて無関係な人間(ルカ姉とか)助けてくれるようなキャラになるってどう考えてもおかしいべ。

で、スランが髑髏のことを「王様」って言ったこととかはどうなんの?って思うかもしんないけど、
これスランは嫌味で言ってるんじゃねえの?って思ったんだよね。

だってさ、ガイゼリックは王様ってのはもうわかりきったことなんだからさ、
わざわざ髑髏=王様っていう説明をスランに言わせる?こんだけ複雑な話作っといて?
絶対これミスリードだべ。

推理小説の基本なんだけどさ。あまりにもあからさまな「相似関係」とかを示唆する表現はミスリードのケースがすげえ多いんだよね。
そんで逆にさりげない台詞とかのほうが重要だったりすんだよね。

だから
ガイゼリック=髑髏(外観が似てるから)
髑髏=王様(スランが言ったから)
ってのミスリードだととったほうがよくね?

逆にむしろ注目すべき点は再生の塔にグリフィス助けに言った時の
「5人?4人じゃなかった?」とか「なんだかグリフィスみたいだな・・・」みたいなどうでもいい台詞。
だって「5人?4人じゃなかった?」って台詞。これ5人確定か4人確定なら冗長になっちゃうじゃんけ。わざわざそんなことすると思う?
どうでもいいけど32行までしか書けない板は考察スレ的にどうかと思うよ。楽しいけど。
16: マロン名無しさん 2013/02/19(火) 15:36:52.36 ID:???
ちょっと「易しい北欧神話」読み終わったから語っていい?
あんまベルセルクと関係ねえかもしんねえけどよ。

「フェンリル」ってオオカミを鎖で縛り付けるために右手を犠牲にした
「チュール」っていう神様は神と悪魔の最後の戦い「ラグナロク」で
残った左手で悪魔たちと戦ったんだけど最後「ガルム」っていう犬に食い殺されたんだって。

そんでラグナロクのあと、太陽と月が二匹のオオカミに食い殺されると
また新しい太陽と月が生まれて、次の時代の神様が
四人、世界の山の頂に立ってたんだとよ。

そんでその内の一人、チュールの息子は超強えー武器「ミョルニル」を使って
ガルムを追いかけて殺したんだって。

なんかベルセルクに繋がるもの感じるね。
やっぱ作者は北欧神話ベースに描いてる可能性が高いから
ここらへんよく調べると面白いかもしんない。
詳しい人教えてくれ。俺にわかだからあんまわかんね。

エッダ買ったほうがいい?
18: マロン名無しさん 2013/02/19(火) 19:02:10.84 ID:???
>>15
考え方は面白いけど
ガイゼリックはストレートに髑髏の騎士なんじゃないかな

自ら前線に赴いたとか容赦ない戦い振りってのも狂戦士の甲冑着てれば納得できるし
既に復讐しか頭になければ治世は政治家に任せっきりだろうから
王様が関知しない所で民百衆が虐げられたり、拷問があったりっつー悪政が敷かれていても不思議はない

髑髏の人格とガイゼリックの評判が合致しなくてもそれはそれで問題ない気がする
そもそも歴史が捩曲がって伝わっているだけで真相は別かも知れないし

それからスランの「王様」発言についてだけど
お前さんの話だと「髑髏=賢者→ガッツポジ」、「ボイド=王様→グリフィスポジ」なんだろ?

だからあの発言は例えば、ガッツが将来的に人外化してフェムトを追っている時に遭遇したゴッドハンドが
人外ガッツに向かって「団長」「将軍」などなどグリフィスがかつて背負った肩書で呼びかけてるのと同じって事だろ?
これを嫌味とか当て付けだと解釈できるかなぁ?
とても不自然な気がするんだが
19: マロン名無しさん 2013/02/19(火) 19:48:28.86 ID:???
ミョルニル継いだのはトールの息子だろ
20: マロン名無しさん 2013/02/19(火) 20:19:44.67 ID:???
>>16
興味があるのなら読んでみるのも一興>エッダ
知識って好奇心の連鎖反応的に増えていくもんだし
北欧神話を扱った漫画ならあずみ椋の作品がお勧め
21: マロン名無しさん 2013/02/19(火) 20:20:34.80 ID:???
>>18
どうなんだろ。
>人外ガッツに向かって「団長」「将軍」などなどグリフィスがかつて背負った肩書で呼びかけてる

前提としてある妄想、ガッツとグリフィスが「6番目の蝕」でポジションが「取って替わる」
っていうのがどういう意味なのかが曖昧なままだからどうとでもとれるんだよね。

そもそもこのポジションチェンジの理屈(へりくつ)だしたのは、
なんかゴッドハンドの誕生の話考えてくと
賢者が髑髏でガイゼリックがボイドになっちゃうっていうのを
解消するためにひねりだした無理無理な設定だから。

明日ちょっともう一回一人目のゴッドハンドの誕生から考えなおしてみるわ。
なんかどっかで食い違った気がするんだよ。

他にガイゼリック=ボイド説否定する材料あるいは肯定する材料見つからねえかな?
みんなで試行錯誤しながら一番納得いく答えに近づけてこうぜ。

>>19
ほんとだwトールの息子でしたw
22: マロン名無しさん 2013/02/19(火) 20:26:36.49 ID:???
>>20
緋色い剣全部ポチってあるよw
でも今クリスタルドラゴンが読み終わらないから
まだ読めない。三月のライオンとか全部積んでるからね。
でもチラ見しただけでもかなり興味深いから、エッダ読む前の下地にするわ。

まだ読んでない大量の漫画に囲まれる幸せ。最高。
漫画読む時間欲しいから誰か俺の代わりに仕事してくれ。(ヒモ並の感想)
23: マロン名無しさん 2013/02/19(火) 23:01:40.27 ID:Xmzb0qkE
>>17

>みんなでモブ使徒に全部名前つけるwikiとか作ってみね?

検討します。
でもどうせなら、名前だけじゃなく、元はどういう人間で、どういう経緯で使徒になって、
その結果、どんな欲望、願望、理想、夢を叶えたのか、経歴を『妄想』してみるのも面白いと思いますが。
モブ使途にだって、いろいろとドラマがあるはずです。
27: ◆MWAm34tcrQ 2013/02/20(水) 07:07:08.16 ID:???
>>18
シャルロットの台詞より、千年前にガイゼリックが世界を統一したことは確定している。
ドクロの王様のおとぎ話より、「ドクロの王様」と呼ばれる人物が築いた千年帝国を、4人ないし5人の天使が滅ぼしたことがわかる。
再生の塔の地下には、烙印を刻まれた死体が多数ある。
また、モズグスの発言より、ガイゼリックにより幽閉され拷問されていた断罪の塔の賢者が、上記の現象を引き起こしたと推測される。
また、ガッツはドクロの王様の話を聞いて、髑髏の騎士を思い浮かべた。
また、ガイゼリックの話を聞いて、「グリフィスみたいだな」と言っている。
ボイドは拷問されたような姿をしている。
髑髏の騎士はボイドに恨みを抱いているようである。

以上のことより、千年前に断罪の塔の賢者が「蝕」を引き起こし、ボイドとなり、
千年帝国を滅ぼされたガイゼリックはボイドに恨みを持っている、と考えるのが自然。

千年前の蝕のときに降臨した天使はゴッドハンドと考えるのが自然。
しかし、ゴッドハンドは200年に一度(正確には216年)生まれると明言されているので、
千年前にはゴッドハンドはいなかったはず。
にも関わらず、千年前にゴッドハンドが存在していたということは、
ゴッドハンドは千年周期で消滅し、次周期の5回目の蝕で
受肉した5人目が再び千年帝国を築くということが推測される。
(ちなみに、フローラは「運命は繰り返す」と言っている)

ところでここで二つの問題がある。
ひとつは、ボイドは前周期の5人目のゴッドハンドのはずなのに、なぜか現周期の一員に加わっている。
もうひとつは、1度目の蝕の際には、ゴッドハンドは1人もいないので、誰が1人目を転生させるのか不明である点。

これらを解決するために、前周期の5人目は、次周期の1人目(天使長)になると仮定する。
つまり、0年度に既に1人目が存在し、200年度に2人目、400年度に3人目、600年度に4人目、800年度に5人目が誕生すると考える。
しかし、これだと1000年に満たないので、1000年度に『6人目』に相当する人物が生まれる『5番目の蝕』が生じると仮定する。
ちなみに、天使長ボイドの指は6本ある。これは『6人目』の存在を示唆しているともとれる。
28: ◆MWAm34tcrQ 2013/02/20(水) 07:07:40.65 ID:???
ところで、現周期の5人目が誕生する前後にシャルロットは「1000年ほど前に、ガイゼリックが世界を統一した」と明言している。
つまり、-200年度にガイゼリックが千年帝国を築いたということになってしまう。
しかし、千年帝国が蝕で滅びたのがいつかは明言されていないことより、ガイゼリックが千年帝国を築いた200年後、
つまり0年度(800年前)に蝕が起きたと考えれば辻褄は合う。
ところで、現周期の1000年目に転生する人物はガッツではないかと推測される。
理由は、前周期のゴッドハンドとかなり近い存在であると推測される髑髏の騎士が、ガッツと全く同じ道を辿っていたからである。
(髑髏の騎士もガッツと同じ狂戦士の鎧を身につけていた)
さて、1000年度にガッツが『5番目の蝕』を起こし、『6人目』に転生すると考えると、新たな問題点が挙がる。
ガッツが現周期の『6人目』ならば、髑髏の騎士も前周期の『6人目』であるはず。
しかし、前周期の1000年度には、断罪の塔の賢者が蝕を引き起こしたはずである。
つまり、断罪の塔の賢者=髑髏の騎士となってしまい、
前周期の5人目、ガイゼリック=ボイドとなってしまう。
外観的特徴から、明らかに両者の立場は逆であるべき。

これを解決するために、5人目と『6人目』は、『5番目の蝕』の際に、立ち位置が「取って代わる」という説を挙げてみる。
この根拠は、髑髏の騎士がボイドを攻撃した際、「クラインの壺」で反撃したことから、両者が表裏一体の存在であるという推測、
また、ガッツの内に宿っている闇の獣が明らかにグリフィスの象徴であること、闇の獣の「お前はいずれグリフィスに取って代わるのだ」という台詞から、この二人も表裏一体の関係を持ち、それが何かのきっかけで裏返るという推測からである。
30: ◆MWAm34tcrQ 2013/02/20(水) 07:17:49.44 ID:???
まあ異論大歓迎w
妄想は穴があるほど面白い。
なんでも突っ込んでくれたまえw

>>23
お、やるかあ?(ご満悦)
テンプレ作ろうかと思ったけど今日はもう眠いんで明日でいいすか。

>>25
いえいえこちらこそ。当方長文クソコテジジイですから。
妄想読んでくれるだけで嬉しいですよ。
眼の考察も面白いからいずれやりたいなあ。
だけど今はゴッドハンドの考察のほう優先してるんですんません。。
人外判別に使えるんならこれから人外キャラがたくさん出てくるわけだし役立ちそうなんでちょっと35巻以降そこ着眼して見てみます。

てか、眠いっすw
流石に仕事明けにここまで長文書くのは長文クソコテジジイことパンチでもけっこうこたえました。
でも楽しいっていう。さすが長文クソコテジジイですわ。マゾなの俺?

おやすみノシ
32: マロン名無しさん 2013/02/20(水) 12:31:22.24 ID:ufVLeNAR
>>30

まとめwikiの利用の仕方を調べてみて、新規ページの作成は、そんなに難しくないことがわかった。
しかし、問題なのは、「ベルセルク妄想考察スレまとめwiki」を作るためには、妄想力が足りない!
ということだw
まとめwikiの作成は、もう少し「妄想」が溜まってからにしたほうがいいのでは…

あっ、それから、前周期のゴッドハンドは、ボイドを残して全員、髑髏の騎士が倒したのでは?
髑髏の騎士無能説に対する反論。
33: マロン名無しさん 2013/02/20(水) 13:00:51.78 ID:ufVLeNAR
216年という具体的な数字を出しちゃうと、それが足枷になるね。
36: ◆MWAm34tcrQ 2013/02/20(水) 13:44:37.19 ID:???
>>32
おはよノシ

長文クソコテジジイもさすがにネタ切れよ。
PART2までいけるかこれもうわかんねえな(なげやり)

妄想水増し計画で使徒の履歴書作ろうぜ。
しばらくパンチさん長文糞コテジジイからペイント糞コテジジイになるから。

>前周期のゴッドハンドは、ボイドを残して全員、髑髏の騎士が倒したのでは?
あ、それいいな。でもあいつ無能だから想像つかねえな。
ハイスペックお馬さん(スヴァジルファーレ←仮名)が本体でしょ。
あの髑髏レプリカでしょ。

>>33
正確な暦があるかどうかわからんけどね。
閏年とかどうすんの?あ、閏年含めると正確な日数が出せるな(穿ちすぎ)

とりま犬の散歩いってきますノシ
37: ◆MWAm34tcrQ 2013/02/20(水) 13:48:45.78 ID:???
あ、あと髑髏の騎士の盾に螺旋薔薇の紋章書いてあったり
9巻「髑髏の騎士」の表紙でいばらの冠かぶってるのは
髑髏のおっさん賢者(キリストモチーフ)だったんじゃねっていう。

あとこいつ右目かけてんね。現世寄りのキャラだから?

異論大歓迎。
そんじゃお散歩いってきますノシ
38: マロン名無しさん 2013/02/20(水) 17:46:18.67 ID:???
スキマスイッチの常田真太郎と大橋卓弥の父親は服役したこともある暴力団関係者。

スキマの所属事務所は顧問・佐々木昭雄(海部俊樹元秘書)に顧問料名目で金を払っており、
これが父親の被害者に回る仕組みだ。

ちゃんと被害者に金が回っていればいいのだが…。
39: ◆MWAm34tcrQ 2013/02/20(水) 18:22:03.33 ID:???
>>38
申し訳ないが現世(うつよ)のガチの妄想をここで語るのはNG。
ここは幽界(かくりょ)の妄想スレです。悪しからず。
40: マロン名無しさん 2013/02/20(水) 22:18:57.48 ID:ufVLeNAR
>>35

>13巻「胎動」ほか、
>34巻「人外の戦場」に再登場

「ガッツに倒された」ことにしたら、本編と矛盾しますねw
41: ◆MWAm34tcrQ 2013/02/20(水) 22:33:40.97 ID:???
>>40
お、ちょうど帰ってきたらレスがw

ふたなり(仮)は新生鷹の団でバリバリ現役だから大丈夫よ。
っていうかガッツ一生かかっても使徒倒しきれないだろ。

明日もどれか適当なの挙げようと思うんだけどさ、
今更だけど「ふたなり」って名前下品かね?
「おとこおんな(仮)」とかにする?

小さい子供が見たときに嫌な気持ちになったら嫌だからさ。
最終的に水木しげるの妖怪大辞典みたいなの作りたいから
家族で見ても差し支えないように下品な表現はなるべくカットしたいんだよね。
42: マロン名無しさん 2013/02/20(水) 22:35:15.47 ID:ufVLeNAR
>尊敬する人物はスランだそうです。

<蝕>の降魔の儀のように、新たなゴッドハンドが誕生するときならば、
ゴッドハンド全員が立ち会うだけの価値があるけど、
ただのモブ使徒が誕生するだけだったら、ゴツドハンド一人いれば、十分なんじゃないかな。
ゴッドハンドの誰が召喚されるかは、ベヘリット発動時の本人の欲望によって決まる。

ボイド → 宗教関係
スラン → 女性関係
コンラッド → 科学、技術、医学関係
ユービック → 芸術関係
フェムト → 軍事、政治関係

それで、サンドラさんの場合は、ベヘリット発動時の最も強い感情が
「男性に対する憎悪」だったので、スランが召喚された、とか。
43: マロン名無しさん 2013/02/20(水) 22:46:17.06 ID:???
>>37
なるほど、いばらの冠か
こういうの見ると自分もだんだんと髑髏=賢者に思えてきたわw

ところで賢者が拷問されてたってことで「キリスト 拷問」で調べてたら
テレジア法ってのが出てきた
女帝マリア・テレジアって人が作った刑法で拷問をマニュアル化したものらしい

『使徒の履歴書』以外にも、キャラ名の元ネタとかも考えてみると面白いかも
44: マロン名無しさん 2013/02/20(水) 23:11:43.93 ID:ufVLeNAR
>>41

【仮名】は、○○の使徒としてはどうかね。
サンドラの場合は、上半身は女性、下半身はワニ?だから、ワニの使徒とする、とか。
それから、テンプレに【使徒モドキの作り方】【使徒になることによって実現した欲望、願望、理想】
【降魔の儀を担当したゴッドハンド】を加えてほしす。
サンドラさんの場合

【仮名】
ワニの使徒

【使徒モドキの作り方】
下腹の巨大な口は、実は子宮で、人間(特に女性)を飲み込んで、胎内で使徒モドキに変える。
女性の使徒モドキの人間形態は、みんな美女である。
また、舌は分身となっていて、人間(特に男性)の脳に寄生して、奉仕するだけの奴隷に変えてしまう。

【使徒になることによって実現した欲望、願望、理想】
サンドラは、領主の館に侍女として入り込むと、領主一家を皆殺しにして、領地を乗っ取る。
そして、女たちを次々に使徒モドキに変え、男たちは女に奉仕するだけの奴隷に変えてしまう。
そして、自分を女王、女たちを貴族、男たちを奴隷、家畜とするグロテスクな女性上位社会「女の園」を作り上げてしまう。

【降魔の儀を担当したゴッドハンド】
スラン姐さん。
ベヘリツト発動時の最も強い感情が「男性に対する憎悪」だったために、スランが召喚された。

書いてみてわかったんだけど、下品な表現を削っても、家族で見るには差しさわりのあるダークな表現ばっかりw
45: ◆MWAm34tcrQ 2013/02/20(水) 23:38:46.54 ID:???
>>42
今のところ降魔の儀には全員集まってるみたいだけど
必須条件かどうかはわからんなあ。
そっから妄想広げるのもおもろいかも。

>>43
テレジアw
さては元ネタこれかw

>>44
イメージがくっつけば仮名はなんでもいんじゃないかな?
「ナメクジ伯爵」とか「ヘビ使徒」みたいに。

「ワニ使徒」じゃわかりづらいべw
「チンコ使徒」ってだけでも50体ぐらいいるだろうし。

コルカス殺したのは「プチスラン」とかガッツの目、潰したのは「目潰しくん」とか。
(目潰しくん生きてんの?ボシュゥされてねえ?)

とりま明日か明後日あたりはロクスの部下(やぎさん)でも
適当にみつくろって(←ぞんざいな扱い)あげてみようと思うわ。

暇な人協力してくれや。

俺ロッテにコネあんだけど(大嘘)「使徒シールチョコ」とか発売しねーかなw
俺箱買いすんぜ?「なんだまたチンコかよ」とか言って。
48: マロン名無しさん 2013/02/21(木) 12:25:13.54 ID:PT5uYFWQ
(´・ω・`)「使徒になりたいの?生贄は○○だよ」
(´・ω・`)「本人の意思確認しますね。『我が○○を生贄として捧げる』と、はっきり言ってくださいね」
(´・ω・`)「生贄に烙印を押しますね ポン」

ゴッドハンドのやってることは、これだけw
49: マロン名無しさん 2013/02/21(木) 12:29:38.05 ID:PT5uYFWQ
>>37

ゴルゴ13にも、茨の冠を被った髑髏のモチーフがしばしば出てくるけど、
主人公のゴルゴ13は、別にイエス・キリストの生まれ変わりというわけではない。
髑髏さんの趣味じゃないかね。
50: ◆tOKl1q4XHQ 2013/02/21(木) 13:18:53.68 ID:???
>>48
ほんと役所仕事乙だよねw
番号札X番でお待ちの方ーとか言って呼び出してんのかね。

>>49
そうなんだ。
ゴルゴ面白い?見たいんだけど難しそうな上にたくさん出てて読む気になれなかったんだわ。
ベルセルク好きが食いつきそうなエピソードの巻あったら教えてくれや。
ポチるから。(巻数は文庫版で教えてくれると助かる)

そんじゃ犬のお散歩いってきます。
ちなみにここIDでないから日替わりトリプつけます(なりすまし防止)
個人的には名無しで書き込みたいんだが。
54: ◆tOKl1q4XHQ 2013/02/21(木) 16:53:13.03 ID:???
誤字脱字がひどいなあ(呆れ)

続きね。

物質界にもともとある石とか木とかって意識もってないじゃん(だじゃれ←後付け)

物質界に存在するものは全て「生まれた」から存在する(スランの分野)
微生物から進化した動物は段々「思考」を持つようになってきた(ユービックの分野)
動物から進化したヒトは字や絵を書くことで「記憶」を遺せるようになった(ボイドの分野)
動物もそうだけどヒトは特に「欲望」が多い(フェムトの分野)
物質界に存在するものは全て滅びる(死ぬ、壊れる)運命にある(コンラッドの分野)

ゴッドハンドは5人で人生を成すって俺主張してたけど
これ人生に限らず全ての事象の象徴なんじゃねえかな。

ないが言いたいかっていうとリッケルトちゃんのオートボウガンかっこいいっていう。
56: マロン名無しさん 2013/02/21(木) 19:33:03.76 ID:???
>>27
> 再生の塔の地下には、烙印を刻まれた死体が多数ある。
> また、モズグスの発言より、ガイゼリックにより幽閉され拷問されていた断罪の塔の賢者が、上記の現象を引き起こしたと推測される。

質問なんだけど
断罪の塔にいた賢者が多数の人間(+その他)を捧げた結果が再生の塔の死体の山だって言ってるの?


> ゴッドハンドは200年に一度(正確には216年)生まれると明言されている

「216年に一度」と明言されているのは「蝕」の開催であって新たなGHの降臨ではなかったような気が・・・
フェムトの転生では新たなGHとなるかどうかは有資格者の裁量に委ねられているだろ?

5人のGH、5人目、1000年、216年と言うキーワードから「GHは1人ずつ216年毎に誕生(転生)している」と言うのが読者の間での定説と言うか
ベルセルクの謎を紐解く大前提のように語られているけど

GHに転生するかどうかの判断が有資格者に委ねられているって事はつまり、必ずしも216年毎に1人ずつGHが転生するとは言えないって事だから
1000年前に4人のGHが既に存在していた可能性は除外できない気がする
57: マロン名無しさん 2013/02/21(木) 19:39:49.64 ID:???
あと、四方の天使だっけ?(祈りの奥義で語りかける奴)
1000年前に降臨した4人の天使はこいつらだった可能性もあるような

シールケは少し訓練を積んだファルを天使のいる「層」まで連れて行っていた
更に力のある術者なら、大集団≒大衆をまるごとその「層」に連れて行ったり
または大集団≒大衆に対して「公式化(≒可視化)」したりできるのかも
で、その力の顕現がかつてのミッドランドに対して敵対的な物だったなら
「4人の天使が降臨して国を滅ぼした」的な伝承がされるような

これだと再生の塔の山のような死体の烙印は「天使」の仕業じゃなくなっちゃうから微妙だけど
58: ◆tOKl1q4XHQ 2013/02/21(木) 19:49:49.10 ID:???
>断罪の塔にいた賢者が多数の人間(+その他)を捧げた結果が再生の塔の死体の山
そういう示唆だと思うけど、必ずしも蝕の贄とはいえないと思う。
なんでかってーと、やっぱり烙印が骨に刻まれてることと皆同じ場所に刻まれてるから。

あ、深淵の神を信仰するボイドの人為的な儀式の犠牲者だったんかな。
それを賢者が否定したから断罪の塔ブチこまれたとか?

>フェムトの転生では新たなGHとなるかどうかは有資格者の裁量に委ねられている
確かにゴッドハンドになるかならないかは有資格者の裁量によるけど
あの世界運命決まっちゃってるって設定なかったっけ?
確かあったと思うんだけど忘れたから後でちょっと読み返してみるわ。

確かに見返してみるとナメクジがテレジア捧げなくて勧誘失敗とかのケースあったよね。

ガッツが『6人目』なのに捧げなくて魔のイデアさんたたっ切るってのどうかね?
「あがく者」だし「水面を波立たせる魚かもしんね」とか髑髏言ってたし。

>1000年前に4人のGHが既に存在していた可能性は除外できない気がする
確かに除外できないけど、でもそうすっと4連チャンで大事な得意先の勧誘(蝕)空ぶったってことになんね?
ゴッドハンドもっと使えるやつだと思うけどなあ。
フェムトん時、集団拉致した挙句、洗脳映像流したりして「契約するまで帰しませんよ」ぐらいのことやってんじゃん。

げるしなかったらどうなってたんだろね。
59: ◆tOKl1q4XHQ 2013/02/21(木) 20:05:04.49 ID:???
>>57
ごめん、シールケ編あんま読んでねえ(にわか)
でも四方の天使だったら4人確定じゃんか。
あ、それとも「5人?4人?」って聞き返したのはゴッドハンド(5人)と思わせて四方の天使(4人)だったって意味か?

一応、賢者=髑髏の騎士説っていうの出してるから
髑髏のおっさんの仲間だったフローラが四方の天使の「炎の天使」だった可能性はあんね。

でも個人的にはゴッドハンドが1000年周期でぐるぐるまわってる説の方が好きなんだけどね。
神様なのに高々千年しか支配できないってちょっとスケール小さくね?
俺らの世界でいうと平将門クラスじゃんけ。

個人的には人類創世からの何十万年(何十億年?)のスケールの話になって欲しいんだよね。
今のゴッドハンドは一万周期目とか天文学的なスケールになってほしいんだわ。

妄想しすぎて疲れたわ。でも楽しいわ。もっといろんなとこ突っ込んでくれ。
とりあえずシールケ編勉強しなおします。
60: マロン名無しさん 2013/02/21(木) 22:34:46.36 ID:PT5uYFWQ
>俺らの世界でいうと平将門クラスじゃんけ。

平将門か、ベルセルク日本篇のゴッドハンド候補者じゃないかw

>今のゴッドハンドは一万周期目とか天文学的なスケールになってほしいんだわ。

役割を終えたゴッドハンドは、魔のイデアと合体!
深淵の神とは、歴代ゴッドハンドの魂が合体したものだったりして…
61: マロン名無しさん 2013/02/22(金) 00:54:55.64 ID:???
あずみ椋が気にいったようで何よりw

ベルセルクが影響を受けているかは分からないが、気が向いたら
「ミステリオン」「ニーベルングの指輪」はどうかな
前者は人間の身で神の領域に踏み込んでしまった故に運命を狂わされた青年の話
後者はオペラ「ニーベルングの指輪」の漫画化
「ニーベルングの指輪」は数人の漫画家が挑戦しているが、
単なるオペラの紹介にとどまらず、ゲルマン神話の真髄を汲み取り、
漫画作品化に一番成功したのはあずみ椋だと思っている
まあ気が向いたらでいいからw

「ピグマリオ」が入手できたようで何より
個人的には和田慎二の最高傑作は「ピグマリオ」だと思ってるから再販して欲しいんだけどね
ネタバレになるから控えるが、君のある理論を裏付けるようなヒントがあるよ
まあ慌てずゆっくり読みなさいw
62: ◆/zmm26t4oY 2013/02/22(金) 03:28:25.86 ID:???
>>60
千年経つごとに深淵の神の螺旋ぐるぐるが一個ずつ増えるとかどうかねw

>>61
あんたか!ありがとうよ。あんたのせいで寝れねえよ。面白すぎなんだよ。
>「ミステリオン」「ニーベルングの指輪」
ポチるポチる。なんか魔法の箱でポチると翌日読みたい漫画が届くってどんなマーグメルド(楽園)だよ。
クリスタルドラゴンも並行して読んでるから頭いっぱいいっぱいよ。

最近素で族長とか首相みたいな言葉みると脳内で「ゴジ」とか「リー」とか再生するようになってるしこの人もうダメかもわからんね。

>ネタバレになるから控えるが、君のある理論を裏付けるようなヒントがあるよ
そういうこと言うなや!何巻あると思ってんだよあの漫画!
今すぐ読まなきゃ(使命感)

ありがとよ。寝れねえよw
63: マロン名無しさん 2013/02/22(金) 12:29:21.58 ID:CmiLt9zU
>>62

>千年経つごとに深淵の神の螺旋ぐるぐるが一個ずつ増えるとかどうかねw

実は深淵の神自体が未完成で、現在螺旋の部分が形成されつつあるところ。
螺旋の先に『鷹』の部分が形成されて完成する。全体の形は公認宗教の神像とデザインが同じ。
もちろん、螺旋の先に形成される『鷹』とは、グリフィスのこと。
67: ◆/zmm26t4oY 2013/02/22(金) 17:58:13.34 ID:???
頭痛くなったwww

でも面白いわw
途中からどっちが髑髏ポジションでどっちが脳ポジションか
わかんなくなってこんがらがったから
ガイゼリック→ガッポジ
ボイド→グリポジ
ってエディタで置換して読んだw

キャスがグリ選ぶかガッ選ぶかが分岐点てことか?
グリ寄りキャスケースが前周期で
ガッ寄りキャスケースが今周期?

ガッ寄りグリ寄りガッ寄りグリ寄りで螺旋にする?(何言ってんだ俺)
ゴドハン周期シホテン(四方の天使)周期ゴドハン周期シホテン周期で螺旋にしてみる?

でもガッポジが王様になったら相当フリーダムな王国になりそうだな。
グリポジは絶対拷問されんのか。
キャスポジは一人にしたほうがよくね?
70: マロン名無しさん 2013/02/22(金) 18:34:35.03 ID:???
>>58
> 確かに除外できないけど、でもそうすっと4連チャンで大事な得意先の勧誘(蝕)空ぶったってことになんね?

ごもっともw
そこが1000年前に現GHが既に4人いた説の大の穴一つ

それをやや強引に埋めると
例えば、1000年前に4人目まで揃っていたGHを髑髏さんが数人殺して減らしたとか
有資格者が「捧げる」前に蝕に乗り込んで殺してるとかね

ホント強引なんだけど、そういうエピソードがあれば髑髏も無能とは言われないし
ついでにベヘリットを練り上げて剣にするっつー驚きの発想のヒントになった出来事とかも盛り込めるかな〜と
71: マロン名無しさん 2013/02/22(金) 18:38:31.17 ID:???
>>59
「四方の天使」が1000年前のミッドランドとか、賢者のいた断罪の塔とかに降臨した説は
我ながらまず無いと思ってるから黙殺してw
76: マロン名無しさん 2013/02/22(金) 21:52:30.03 ID:CmiLt9zU
>>67

>キャスがグリ選ぶかガッ選ぶかが分岐点てことか?

グリフイスが廃人になったとき、絶望してベヘリットが発動して<蝕>が起こるか、
神の啓示を受けて希望を持ってしまって結局<蝕>が起こらないか、が分岐点。

<蝕>が起こらなかったとすると、キャスカはグリフィスを選んで、二人でどこか国外の街に落ち着き、
ガッツは鷹の団を再編成して新たな傭兵団を立ち上げるでしょうね。
そこから先はわからんけど、二年後にミッドランドはクシャーンに侵略されて大混乱に陥っているから、
ガッツが鷹の団を率いてミッドランドを解放する、という展開も十分あり得た。
83: ◆mh0x286jVU 2013/02/24(日) 12:19:57.08 ID:???
ガリア戦記もゲルマーニアもすごく薄い文庫本だから電車で読んだりするのにもいいかもね
ガリア戦記は作者がカエサルだから結構自画自賛的なとこもあって
末端兵士の「カエサルきた!これで勝つる!」感がものすごくてなんか笑っちゃうってのがある
でもまあ持ってて損はないよ
個人的にはタキトゥスのゲルマーニア(これもすごく薄い本)のが
純粋に歴史家として書いてるように思えるな
クリスタルドラゴンに出てくるイケニ族の反乱だの族長ボーティカだのもちゃんと出てるよ
92: ◆f7PCs15YHY 2013/02/24(日) 17:43:43.50 ID:???
>>83
>「カエサルきた!これで勝つる!」
あんた本勧めんの上手いなあ。
この一文でポチり確定だわw
94: ◆5Gv2qKk0Lg 2013/02/25(月) 04:45:16.67 ID:???
ちょいー。

>>2
右が幽界・グリフィスの象徴
左が現世・ガッツの象徴

グリフィスは月の象徴
ガッツは太陽の象徴

って主張したんだけどこれビンゴくせえと思った記述がまさかの古事記に。

イザナギの
左の目から太陽の神アマテラスが
右の目から月の神ツクヨミが
生まれたんだと。

関係あるかないかわからんが、とりあえず頭の片隅にでもおいといてくれると謎解きのヒントになるかも。
98: マロン名無しさん 2013/02/26(火) 08:15:44.91 ID:???
そのうち型月みたいにガッツがエクスカリバーみたいな超技ぶっ放つのを期待している。
つかそれくらいしないとゴッド連中には届きそうにない。
99: ◆57D76.4uCU 2013/02/26(火) 17:19:18.04 ID:???
34巻読んでちょっと妄想が広がりそうなんだけど今一歩。

グリフィスが巨大ガニシュカのてっぺん(脳味噌みたいなとこ)
に着いたとこ。あれ、真ん中のすり鉢状にへこんでる部分は
(へこんでないとこを「表」として)「裏」側って意味なのかね?

あそこの真ん中(ガニの本体がいるとこ)から現世の裏側(幽界)につながるっていう。

ベヘリットエミュレータ作った使徒専門家のダイバさんが
「使徒は自我と欲望に極まったものが『裏返った』」姿って言ってたし。

やっぱ表裏関係が重要なんちゃうかな。

自分でもなにいってっかわけわからんくなったけど
ひとつ面白いの気づいたわ。

喚び水の剣見てみ。

持ち手が薔薇の花になってて(刃先→刃元の方向に開いてる)
そこから茎がぐるぐる巻いて真ん中の剣の部分(ベヘリット=ヒトの象徴)に絡んでる。
これも深淵の神の象徴か?

あと13巻持ってるやつ、ガッツが髑髏に剣渡されて「なんだこの剣」っつってるとこ見てみ。
柄のとこに二本のぐるぐる巻きの茎が円環状になってくっついてる。
これがおっさんが口の中に突っ込むと螺旋状のぐるぐるに変わんのか?

髑髏のおっさんの体内ってどうなってんの?
100: ◆57D76.4uCU 2013/02/26(火) 18:18:16.03 ID:???
あと気になってるのが、ファルコニアのデザイン。
絶対これ作者が一番力入れたデザインだから、相当作者の意図が反映されてるはず。

まず真ん中に書いてある円から翼が生えてる紋章。
これは翼が12枚ある。
デビルマンのルシファーって12枚の羽あったからそれか?
(元ネタしりません。ダンテの神曲はイミフすぎたので売りました。ダンテさんごめん)

あと、戦士像の数は
右に8体
左に8体
合わせて16

イエスの12使徒とかよく聞くから12体かと思って数えたら16だって。
これなんか意味あんのかね?
それとも8体が二つって考えるのか?
8ってなんか宗教的とか美術的な意味あんの?

あと、ファルコニアの中にはローマのコロッセオみたいなのとかギリシャ風の神殿とかあんね。
あの施設の配置とかはなにか元ネタがあんのかな?
歴史に詳しい人よろしく。

あれ?今気づいたけど三日月状の模様から閉じた羽、円状の模様から開いた羽が生えてっけど、これなんか意味あんの?
後ろの丸い黒いのなに?ガンツ?

あとファルコニアのバックの二重の塀は上下どちらも左が26室、右も26室、形52室ある。
仕切りの数も26で、真ん中のでかい仕切り合わせたら。27で仕切ってあんのか。
27は3の3乗だからけっこう綺麗な数やね。

他に色々ありそうだけど、ちょっと仕事行かなきゃいけないんでまた明日。
107: マロン名無しさん 2013/02/28(木) 21:35:01.67 ID:???
>>98
ドラ殺が喚び水モードになりゃGHにも効くんじゃないかな?
髑髏のおっさんには申し訳ないがGHを討つ為に身体を貫かせてもらえばw

ガッツは半歩外にいるらしいしグリもトクントクンするから、ガッツの攻撃なら食らってくれるっつー
108: マロン名無しさん 2013/03/01(金) 06:49:45.91 ID:FKUDi7rV
>>100
オッサンの体の中は使徒と同じ
使徒の体内は幽界と繋がっているから疑似ベヘリットにもできるのだ
110: ◆tOKl1q4XHQ 2013/03/04(月) 05:41:53.45 ID:???
そんでね。>>108のサイトに書いてある文章の引用なんだけどさ。
(このサイトガチで読もうとしたらガリバー痛にみまわれるぐらいコアな内容だから気をつけて)

>「善」は「悪」と殻と実のように結合されている、
>あるいは「善」は「悪」の内に見出されることもある。
>また、その逆も然り。ということにもつながるようにもなった。
>いわば、これは「悪」と「善」は表裏一体、隣合わせの存在でもある。
>言ってみれば、「クリフォト」は「セフィロト」の硬貨の裏側のような存在でもあるのだ。

なんかこれ俺の言ってる「現世と幽界の表裏一体関係」と近い気がすんだわ。
作者このあたり意識してんじゃねえかな?

あとね。

セフィロトのすごろくのコマ(セフィラ)の名前で気になるのあったんだよ。

・マルクト(王国)
・ゲブラー(唆厳)

シールケがイーノック村で四方の天使呼び出すシーン見てみ。

「ヴェ ゲプラー マルクト アテー ヴェ ゲドゥラー レ オラーム」

ラミパスラミパスルルルルル的な呪文かと思ってガン無視してたんだけど
マルクトってまんまセフィラの一つの名前だし、ゲプラーってのもゲブラーと同じでしょ。カタカナ表記の仕方が違うだけで。

じゃ、他の奴なんだろね?こないだ本スレでかなり濃い考察サイト見かけたからちょっとそっち見てくるわ。
多分そこの人はここらへん攻略済みだと思うけど。まあ、知らない人はこんなのあるんだって感じで。

カバラとかどうすっかねえ。今色々忙しいからなかなか読みたい本も読めないんだよ。
北欧神話はいくらでも入るんだけどキリスト関係はあんま面白くないんだよなあ。(旧約聖書も創世記まで読んで疲れて積んでる)
誰か易しいカバラ入門みたいなの知らない?阿刀田高さん書いてねえんだよなあ。(つづく)
111: ◆tOKl1q4XHQ 2013/03/04(月) 05:54:57.10 ID:NVG1ITDB
今ギリシャ神話と北欧神話(緋色い剣)とインド神話と古事記と旧約聖書並行で読んでんだけど、
カバラってなんなんすかね。昔エヴァの謎本で立ち読みした気はすんだけど、その謎本あんま面白くなかったからいまだにわからず終いなんだよね。

誰かカバラのすごい簡単な入門書でお勧めのあったら教えてくんない?ポチるから。

あ、あと>>83のお勧めしてくれたガリア戦記だけど、一応クリスタルドラゴン一通り読み終わったら買うわ。
これ歴史わかったほうが絶対面白いわ。

ちゅうか、クリスタルドラゴン面白いんだけど難しくてさ。邪眼のバラー編5回ぐらい読み直したわ。
楯の乙女編も読み直そうかと思ったんだけど、さすがにちょっと積んでる本が多すぎるから流し読みで
一気に最後まで(完結してねえけど)いこうと思ってんだけどね。
どうせ一気見じゃ理解できないから後から死ぬほど読み返す予定。

いやしかしクリスタルドラゴンホントに面白いわ。やばいわ。アリアンロッドもヘンルーダも魅力的だわ。
バラーもソリルもかっこいいわ。バラーの乗ってる黒王号(名前忘れた)かっこよすぎだわ。

スレチすぎんだよね。でもここ俺の隔離スレから派生したから一応いいんだよね?だめ?
まあとりあえずたまにはageときますわ。ここ沈んだら僕の心の拠り所消えるんで。
112: ◆tOKl1q4XHQ 2013/03/04(月) 05:56:38.40 ID:???
>>108
あ、レスすんの忘れてたじゃねえかよ。連投ごめん。
髑髏の身体ってどうなってんのかね?
あのなか空洞なん?

あとボイドのマントの中異空間ぽくなってるくさいんだけどどうなんだろうねえ。
114: ◆OqjGI8g7jY 2013/03/05(火) 04:04:00.95 ID:???
髑髏のおっさんのエルフ気配は先天的なものなのか、後天的なものなのかがわかんないんだよね。
あと最近気になってること。
完璧な世界の卵の舌に烙印刻まれてたのは、エッグマンが捧げた「世界」
ってのが自分を含む世界全てのことを指してたからじゃねえかな。

最初アルビオン全体だけのこと言ってたのかと思ったけど、もっと広い意味での世界なんじゃないかな。
ルカ姉に言ってた「私たちが望むもの即ち・・・」って言葉の続きは
前後の文脈的に神とか夢とか幻造世界絡みの台詞が入りそうなんだよね。

あのエッグマンは幻造世界が生まれることを漠然と認識してたんじゃないかなあ。
118: ◆5Gv2qKk0Lg 2013/03/08(金) 09:28:03.21 ID:???
>>28(俺)
>千年帝国が蝕で滅びたのがいつかは明言されていないことより、
>ガイゼリックが千年帝国を築いた200年後、
>つまり0年度(800年前)に蝕が起きたと考えれば辻褄は合う。

この妄想にとんでもない穴発見orz

再生の塔にグリフィス助けに行く回のタイトルが

「 千 年 封 土 」

これって再生の塔の地下の遺跡ができたのが千年前ってこととほぼ同義じゃんけ。
ってことはガイゼリックによる世界統一と蝕が起こったのはほぼ同時期で、200年も空いてないってことか。
いい考えだと思ったんだけどなあ。

だってドクロの王様のおとぎ話はあくまで「史実をモデルにしたおとぎ話」であって
史実として語られてるわけではないわけだから、いつ起こったことなのか正確にはわからないじゃん。
その上、「人間」として歴史に残ってるガイゼリックが200年後の世界にいるはずねえじゃんって言うかもしんないけど
どくろの王様は史実じゃないから200年以上生きた「人外」のガイゼリック=ドクロの王様となってても全然OKじゃんか。

そして更に穴発見orz

覇王ガイゼリックに幽閉されていた賢者が蝕みたいなことを起こしたっていうのは「史実」
史実なら「人間」として歴史に残ってる断罪の塔の賢者が200年以上生きたなんてありえないだろ。
もし人外だったとしても人外だってばれちゃうような不自然な歴史は史実として残らないだろ。

まあいいや。色々穴あるけどこんな説もあるぜっていう。
悔しいなあ。もっかい断罪編読み返して妄想練り直してみるわ。
120: ◆57D76.4uCU 2013/03/09(土) 12:48:23.27 ID:???
ウィンダムに幽閉されてたなんて記述あったっけ?

ところで今モズグス様の礼拝のシーン見てたら
断罪の塔の礼拝所って十二枚?の羽生えた紋章と
三日月と太陽みたいなのが合わさってる紋章があんね。

(この塔はかつて覇王ガイゼリックに幽閉された賢者が〜のコマ)

>>100(俺)でも似たようなデザインあったけど、この世界ではこういう模様がメジャーなん?
なんか元ネタあんのかな?12枚の翼。ルシファー?

あと聖女のエピソードとかピーカフのエピソードってなにかの伏線なんか?
ピーカフはあれで完結してる気がするけど、聖女と老人はなんかの伏線に思えて仕方ない。
フローラかなんかかー?
121: マロン名無しさん 2013/03/09(土) 17:48:35.92 ID:???
>>114
卵が望んだのは神だよ。あらすじに、卵が神を望んだって書いてあったから
123: ◆mh0x286jVU 2013/03/09(土) 21:06:30.46 ID:???
>>111
クリスタルドラゴンはケルト神話を少し知ってると理解しやすいところもある
まあ、知らなくても作中でアリアンの口から語られてるしそれをそのまま整理しながら読めばいいんだが

アイルランドに初めにいた神々の種族がマナナン・マクリール(海神)とか
ブラーン・マクリール(冥府の神)、パル・フィンド(輝ける頭…おそらくマナナンとブラーン両方のことか?)
であって、それはやがて新しく来た神々である女神ダナーの一族(デ・ダナーン)によってどっかに
追いやられてしまう
だがデ・ダナーンたちは今度は人間に滅ぼされてしまう
で、パラルダが言ってるように妖精というのは滅んでしまったデ・ダナーンの残り火のようなもの、と

これは私の想像なんだけど
作中で何度も出てくる「初太(はじめ)の力」ってのはデ・ダナーンたちに追いやられた神々の
力ではないだろうか?
そしてアリアンとバラーはどこか根っこのところで同族くさいことが何度か臭わされている
二人は初めにアイルランドにいた神々の力を持った何者かなのではないだろうか?

このあたりはベルセルクで海神が今の世界を支配してる神よりも前の時代の太古の神
みたいに言われてたのとちょっと似ているな
124: マロン名無しさん 2013/03/09(土) 22:43:39.91 ID:59JVHz9G
>>120

>ウィンダムに幽閉されてたなんて記述あったっけ?

再生の塔の地下に古代ミッドランド帝国の廃墟があって、生贄の烙印を刻まれた死体がゴロゴロ、
というところから考えて、古代のウィンダムで<蝕>が起こったことは事実らしい。
そして、古代のウィンダムで<蝕>が起こったならば、<蝕>を引き起こした賢者は、
やはり再生の塔に幽閉されていただろう。
だって、ベヘリットが発動したとき、結界はベヘリットを中心に張られるみたいだから。
すると、アルビオンの断罪の塔は何よ、ということになる。

それがどう考えても分からんのだね。
125: マロン名無しさん 2013/03/09(土) 23:53:14.35 ID:???
>>120
> あと聖女のエピソードとかピーカフのエピソードってなにかの伏線なんか?

聖女のエピソードってなんだっけ・・・
126: ◆tOKl1q4XHQ 2013/03/10(日) 07:13:56.82 ID:???
>>121
あらすじか!なるほどそういうとこ見てなかったわー。
原作読み込んでるから読まなくていいやって思ってた。
一応あれも公式なんだよなー。

>>122
もうポチってもうたw
届いたら謎解きします。
ていうかそんなスレあんのかよw
誰向けなんだよ。俺向け過ぎじゃねえかよ。

>>123
ケルト神話ってなに?
え、北欧神話と別にケルト神話ってあるの?
ぶらーんまくりーるってクリドラ内のキャラじゃないの!?
そりゃ買わないわけにはいかんわなあ。
なんかお勧めの書籍あったらおせーて。

クリドラめっちゃ面白いけど忙しくてまだ9巻までしかいってねえんだよ。
はやく読みたいけど旧約聖書に時間とられてて漫画読む時間があんまないわ。
(あと俺が某所で遊びで建てたクソスレの更新が日課になってもうた。1000いったらやめる)

旧約聖書いつ読み終わんだよ。
あんなわけわからん内容で千ページとか書いたやつ頭おかしいだろ。
阿刀田高の神話の本も読みてえんだよ。
ピグマリオとか緋色い剣とか三月のライオンとか修道士ファルコとかも読みてえんだよ。
誰か俺を精神と時の部屋にぶちこんでくれ。

>>125
モズグスが礼拝してる回(猛信者)の6ページ目

みんなありがとうね。(つづく)
127: ◆tOKl1q4XHQ 2013/03/10(日) 07:17:40.75 ID:???
そんで>>124なんだけどさ。妄想モード入ったわ。

蝕を起こした本人はどう考えてもウィンダム周辺(再生の塔)にいたはずだ。
でもアルビオン(断罪の塔)の賢者が天使を降臨させたともいってた。
これ、同じひとつの出来事だって保証あんの?だって全然場所違うぜ?

そんでね。
再生の塔の内部は上から下方向に時計回りの螺旋階段がある
断罪の塔の内部は下から上方向に時計回りの螺旋階段がある
(断罪編「共鳴」の10-11ページ目見るとわかる)

断罪の塔は「盲目の羊達が集まる聖地」(呪われた子供が言ってた)
再生の塔はグリフィス=「罪深き黒き羊たちの主」が幽閉されていた場所。

この二つは対立物になってるんじゃないか?
再生の塔で蝕が起こった時、断罪の塔では何が起こってたんだ?
断罪の塔で賢者が天使を降臨させたとき、再生の塔では何が起こってたんだ?

四方の天使とゴッドハンドは対立物なのか?

あと、断罪の塔が出てきたときのタイトルに「影の塔」ってある。
この二つが対立物として描かれていたら、再生の塔は「光の塔」ってことか?

再生の塔の外側には目が描かれてるけどこれなんか意味あんのかね?

「再生の塔はミッドランド建国当時或いは『それ以前』からある」
これなんか重要そう。

「異教徒狩りの時代には異教徒たちを地下に投獄した」(ジュドーが言ってた)
ってことは地下にいた死体は『深淵の神』教の異教徒か?

ひとまず今日の妄想これでおしまい。また明日。おやすみノシ
130: ◆mh0x286jVU 2013/03/10(日) 18:55:13.44 ID:???
>>126
あのな……?
神話っていうのはあらゆる地域や民族に自然発生的に生まれて存在するものなんだよ
それこそまだ文字もなかったような太古からさ
日本やギリシャや北欧にしか神話ってないと思ってた?
パンチは何才かわからんがちょっと無知ぎるだろJK
それを隠さずに教えてくれっていうのはあんたの美点でもあるとは思うけどさ

突然本を買わなくてもまずは日本語版や英語版ウィキペで
ケルト神話のバロール(バラー)あたりから調べてたぐってけば
・フォモール
・デ・ダナーン(ダナーの一族、女神ダナー)
・常若の国(ティル・ナ・ヌグ)、マグ・メルド
・ミアハ(ミアーハ)
・タラの丘、ブーディカ(ボーティカ様)、イケニ族の反乱
あたりは普通に出てくるしクリスタルドラゴンでアリアンが言ってることまんまだから
その上でさらに知りたくなったらウィキペで引用文献に上がってる本の有名どころでもかったらどうだ?

おそらくいろんな民族の神話を広く浅くしってるだけでも
ベルセルク妄想がすきなお前は楽しめるんじゃないかね
131: マロン名無しさん 2013/03/10(日) 22:44:28.10 ID:Hq0T2bGe
ゴッドハンドというのは、あくまでも深淵の神の意思の代執行者にすぎないが、
たまに、自分の望みを叶えるために新世界を作り上げるゴッドハンドもいる。(グリフィスのこと)
ゴッドハンドが暴走した場合、それを排除する存在がガッツ(+髑髏)なのでは?
132: ◆tOKl1q4XHQ 2013/03/10(日) 22:45:54.11 ID:???
>>130
バロール検索したらクソワロタw
クリドラってケルト神話モチーフだったんか!

こりゃポチるしかないわ。
そっか、確かに言われてみれば世界中に神話ってあるわけだな。

神話探り趣味にしようかと思ってたけどこれって歴史とおんなじで終わりねえのか。

え、世界の神話詳しくなったら歴史通になれんじゃん。
俺社会大嫌いだったけどこういう知識ならいくらでも入るぞ。

>アリアンロッドはブリギッドと同一視されることもある。
おめえイチイバル装備できんのかよ!(ファイアーエムブレムヲタ並の感想)

ありがとな。俺ゲーオタで漫画オタのガチオタだからこういう知識増やすの楽しくてしょうがないわ。

なんかおすすめの神話あったらなんでも教えてくれや。

>モリガン(Morrigan)は三位一体の戦いの女神である。彼女は一つの神格としてはモリガンとよばれるが、三位の各部分はそれぞれヴァハ(Macha)、ネヴァン(Nemhain)、バズヴ(Badb)という。
>これらの3柱はそれぞれ戦闘の違う側面を体現している。彼女は『クーリーの牛争い』(Train Bo Cualinge)に登場することで知られている。この中で彼女は主人公クー・フーリンを助けたり、邪魔したりする。

モリガンってヴァンパイアハンターに出てきたやつかよ!(格ゲーヲタ並の感想)
ネヴァンとかクーフーリンって真女神転生(ry

ってか遅刻するからもう出るわ。ありがとな!明日ポチりまくる。俺の給料全部本になってるわ。
133: ◆mh0x286jVU 2013/03/11(月) 00:16:03.87 ID:???
ベルセルクは言うに及ばず、作者が徹底的に取材するような人だったり
深い知識に裏打ちされた作品を読む時って、漫画やゲーム、アニメみたいな
こと以上にいろーんなことを知ってるって大事というか、知らないと損しちゃうよ

ちなみにレギオン
こいつは主人公の危機に必ず現れてどの時代のどの時空に本体がいるのか
あるいはいないのかも謎
髑髏の騎士に相当するような戦士かもしれない??
しかし10年ぶりに読み返したが、パクリとかそういった低俗なレベルではなくて
いろいろ謎解きのように「こいつはあいつに相当する存在なのかな」なんて読み返すのが楽しいね
134: ◆mh0x286jVU 2013/03/11(月) 15:58:19.84 ID:???
>モリガンってヴァンパイアハンターに出てきた

3巻のヘンルーダの台詞のことは思い出さなかった?
イケニの村がローマへ反乱して戦うことになったのを受けて
「私たちが戦いを引き寄せるモルガーナ(戦いの女神)なのかもしれないわね」
みたいこといってたでしょ
135: マロン名無しさん 2013/03/11(月) 16:57:27.39 ID:???
>>1
は作者が決定的なネタバレで単行本未収録にした
欠番の83話「深淵の神2」を読んだのけ?
136: 1 2013/03/11(月) 22:04:51.01 ID:wMXVoPRj
>>135

読んだ。83話「深淵の神2」は、ベルセルクの妄想考察には必須ですね。
それから>>135 は何か勘違いしているみたいだけど、
↑でベルセルクについてオモロイ妄想を書き込んでいる人と、>>1 は別人ですからね。
ベルセルク 狂戦士(字幕版)
ベルセルク 狂戦士(字幕版)
137: 1 2013/03/11(月) 22:13:59.92 ID:wMXVoPRj
(続き)

このスレは元々は「パンチ隔離スレ」と呼ばれていた。
でも、この名前だとベルセルクのことを書き込むスレだと分からないし、
それに、特定個人のための隔離スレは2ちゃんねるのルール違反らしいから、
>>1が新たに、「ベルセルク妄想考察スレ」という名前で、
ベルセルクについての妄想を書き込むスレを立てたわけです。
138: ◆/zmm26t4oY 2013/03/11(月) 22:35:58.33 ID:6HSKXUwA
>>133
お、サンキュ。いつもレスありがと。でもレギオンのネタバレしないでくれよ。
これから10巻読むとこだから。

>>134
モルガーナってモリガンのことだったのか!

気付かなかったわ。
でもヘンルーダとアリアンロッドのどっちが不幸の女神なんだっていうあのシーンは個人的にガッツリ来たわ。
ちょっと今日ローゼンメイデンってマンガ読み終わって変なテンションなってるから一気に12巻まで読むわ。就活しろよっていう。

>>135
おう、>>136でも書いたみたいだけど(あれ、書いたっけ?)読んでるぜ。
プリントアウトして友達に配ってんよw
みんな洗脳済みでファンになってる前提で渡してるけど
「ベルセルクの作者って俺が思ってた以上にアタマおかしい」ってみんな一様に言ってたわ。

ってか深淵の神2読んでる人みんな同一のページからナニして読んでると思うんだけど
あのサイト掲載順序間違ってね?

>>136
ようドッペルゲンガー。そうだよ(便乗)
>>1じゃねえから。ここID出ねえから日替わりトリプつけてるだけだから。
誰だよパンチって。ルパン三世かよ。
141: マロン名無しさん 2013/03/12(火) 00:55:28.48 ID:???
>>131
と言うかガッツの存在も人間の思念が反映された物って事なんじゃないの?

どちらかと言うと暴走しているのは深淵の神のような気がする
人間の思念によって生まれた深淵の神は自身の存在意義に合理性を求め過ぎて
人間が望む救いとは異なる救いを人間に齎そうとしてるんじゃないかな

深淵の神は自分の出した答えが真の救いだと「ほぼ確信」している一方で
ごくごく僅かに疑いの余地もあって、それがガッツの存在に繋がっているんじゃないかと思う

ガッツの行動とその結果によっては深淵の神は自壊するんじゃないかな
142: ◆mh0x286jVU 2013/03/12(火) 06:15:26.70 ID:???
>>138
ベルセルクと無関係にクリドラの考察したらスレ違いもここにつきるだろうから
あえてベルセルクのキャラとの比較をしながらレスしてる
発売して何十年もたつ漫画だからネタバレといわれてもちょっと困惑しないでもないが…
ちなみにあと3ー4巻進むとレギオンが一体どんな時空にいるのか
その辺が少しずつ話題として出てくる
143: ◆OqjGI8g7jY 2013/03/12(火) 09:07:10.42 ID:???
>>142
>発売して何十年もたつ漫画だからネタバレといわれてもちょっと困惑しないでもないが…
確かにwww

昨日は世界樹になってる世界の実がどうのってとこまで読んで頭痛してきたから寝たw
クリスタルドラゴンやベルセルクがっていうか、こういった世界規模のスケールを扱った話ってどうしても哲学とかの分野になってきちゃうね。

たとえば昨日ローゼンメイデン読んでたら(スレチすぎんだろ)「イデアのイリアステル」とかいう言葉が出てきたわ。

なんか世界を地水火風の四元素に分けた上でパラケルススとかいう人が謎の「第五元素」のことを「イリアステル」とか呼んだらしい。よくわかんないけど。

ベルセルクって今んとこ
フローラ→火の精霊のハナシ?火竜のグルンベルドがびびってた炎が出たから
イスマ→水の精霊のハナシ?人魚の話だから
?→風の精霊のハナシ?
?→地の精霊のハナシ?
?→「第五元素」のハナシ?ガッツ?月下の少年?グリフィス?ボイド?髑髏?
って感じに展開してくのでは?って思ったので
あながちこのへん調べてくのは的外れでもないかもしんないなあ。
いずれ哲学の本もポチろうかね。ピグマリオとか緋色い剣とか読み終わってから。

あ、今日時間あったらクリドラ続き読みます。
145: 1 2013/03/12(火) 22:43:12.90 ID:nYQWHaNi
>>141

>どちらかと言うと暴走しているのは深淵の神のような気がする

よく考えてみると、深淵の神というのは、あくまでも人類の無意識の集合体だから、
幽界の奥深く、存在するだけでいい存在。
自分の意思を持ち、歴史を操作してゴッドハンドを生み出し、それを使って人類の歴史に干渉して、
自分にとって都合のいい世界(幻造世界)を生み出していることこそ、暴走なんだ。
149: マロン名無しさん 2013/03/14(木) 23:45:41.92 ID:???
多分普通に太古の昔から存在していた怪物が幽世と現世が重なり合った事で再び目覚めただけだと思う
不死性を持ってない旧支配者的な

あの世界、大昔は普通の(?)ファンタジー世界だったんじゃない?
何かのきっかけで現世と幽世に分離、あるいは世界にズレが生じたみたいな感じになって、結果がガニ崩御までの世界だと思ってる
そして今は元通りになってるんじゃないかな
151: マロン名無しさん 2013/03/15(金) 01:30:20.04 ID:???
>>149の旧支配者的な、って表現が自分のイメージに近い
あと上で書いてる人いるけどまさにケルト神話のフォモール神族みたないなものかも
それこそまだ人が形式的な神や信仰を意識して作り上げる前の八百万的な神様の一種?
どこの神話でも、人間に対してすごく怖くてえげつない神様って多いしね

深淵の神ってのはそういう神の一族じゃなくて一人の(一個体として認識される)神なのかな
152: ◆57D76.4uCU 2013/03/15(金) 06:44:17.89 ID:???
36巻「満月2」-「獣士」で幽体離脱したファルネーゼが手に持ってるナイフってなに?
あれいつ手に入れたの?(魔女篇あんま読んでないんだよ)

三日月から螺旋が生えて柄になってるんだけど。

そんでヴェゲプラーなんちゃらって言ってる見開きで後ろに出てるのって月か?

四方の天使って月の神様なん?
え、じゃ太陽の神様がゴッドハンドなん?

>>94
古事記では
太陽の神アマテラスは左
月の神ツクヨミは右

左はガッツで
右はグリフィス

一応あってるな。
魔女篇もっかい読みなおそうかな。
153: ◆57D76.4uCU 2013/03/15(金) 06:47:48.69 ID:???
>>152
あれ?あ、違うわ。

なんでガッツサイドが月の神様に助けてもらってんだよ。
グリフィスサイドが月の神様じゃないの?
154: ◆57D76.4uCU 2013/03/15(金) 13:22:52.05 ID:???
グリフィスと髑髏の騎士のデザインの共通点探してみた。

>>99
髑髏の騎士の呼び水の剣の柄のとこが螺旋ぐるぐるまきになってる

転生後のグリフィスの持ってる剣も螺旋ぐるぐるまきがついてる(32巻「飛来」)
まあ、法王庁教圏だから螺旋のデザインを好んでるってだけかもしれんが。

あと、髑髏の騎士の頭には側面に鋲みたいなのが打ってあるけど、
これってグリフィスみたいに、生前のデザインが反映されてると考えれば、
グリフィスの鷹の兜みたいに髑髏の兜が外れるようになってたのか?

こいつやっぱガイゼリックなん?

あと髑髏の騎士の馬の胸には女神みたいな模様、
馬のお尻には龍みたいな模様の馬具がついてるけど
グリフィスの馬にも胸のところとお尻のとこに翼の模様の馬具がついてる。

グリフィスって髑髏ポジションなん?
狂戦士の鎧着てたガッツが髑髏ポジションじゃないん?
156: マロン名無しさん 2013/03/15(金) 22:15:24.92 ID:???
あの渦、螺旋はアカシックレコードなんだろうか
159: マロン名無しさん 2013/03/16(土) 03:31:39.56 ID:???
このスレ凄いな
妄想と言えば狩人さんはリッケルトが転生したんだ!と途中までずっと妄想してたわ
・リッケルトはボーガン使い、狩人さんは弓使い
・ロクス達が馳せ参じた時は狩人さんはいない→雪の丘でリッケルトがグリフィスに会う
→その後リッケルトの出番なし→いつの間にか鷹の団に狩人さん入ってる
・ガッツ「お前にグリフィスは憎めない」
・捧げるのにこれ以上ないっていう存在がいる。その娘もその後全く描写なし
161: マロン名無しさん 2013/03/16(土) 08:31:01.77 ID:pndQdtsF
>>159

それはご愁傷さま。最新話でそうでないことが確定したし…

それでは、オレの妄想。
ファルコニアのグリフィスの宮殿は、上空から見ると公認宗教のシンボルの形をしている!!!
前方の半円状の巨大な建物はシンボルの羽根の部分で、後方のガンツ球の部分は、シンボルの根元の球体の部分ね。
羽根と球体を結ぶ螺旋状の回廊があるはずだが、この位置からは見えない。
167: マロン名無しさん 2013/03/17(日) 22:06:10.68 ID:S9eiNvuN
>>156

>あとセフィロトの樹の悪者バージョンが『クリフォト』って言われてるらしいけど
>俺の買ったカバラの本「クリフォト」載ってねえでやんの。

それは、門外不出の秘伝となっていて、継承者にならないと教えてはくれません。(´・ω・`)
173: マロン名無しさん 2013/03/19(火) 02:07:14.12 ID:???
つまり浦健太郎みたいなオタじゃなきゃ手を出すのはやめとけってことだな
あと数字がいっぱい出てるけどフェムトって『人間が手を出せる限界の数単位』らしいね
175: マロン名無しさん 2013/03/20(水) 00:37:11.72 ID:???
>>173
三浦さんには大量?の書物を読み解く時間があるんだろうか
200: マロン名無しさん 2013/03/30(土) 12:34:06.28 ID:???
>>193 うぃきに 出てたよ 読んだ?
アリアンロッド アリアンロッド(Arianrhod)はケルトの主神ダヌ(ウェールズの地母神。ドンとも)の娘。
月の女神で銀の車輪という意味の名を持つ。「時」の象徴でもあり出産にも関与する。ウェールズ人が崇拝した北かんむり座の守護神。ブリギッドと同一視されることもある。
202: ◆mh0x286jVU 2013/03/30(土) 14:49:48.30 ID:???
>>200
そこのWikipediaは読んでない
なるほど
205: マロン名無しさん 2013/04/01(月) 09:49:59.51 ID:???
最近ケルト神話の本とか立ち読みするようになってもうた(重症)
北欧神話のエッダ買う前に緋色い剣読むことに決めた。
北欧の人たちってキリスト教に改宗してったんだな。知らなかったわ。
勉強になるなこのマンガ。

コンビニで「天使と悪魔の謎を楽しむ本」買った。
メガテンとか好きな人向けの易しめの雑学本で出典元もしっかりしてていい感じ。

キリスト教の四大天使、ミカエル・ガブリエル・ラファエル・ウリエルってあるのは知ってたけど
イスラム教の四大天使にもジブリール・イズラーイール・イスラーフィール・ミーカーイールっていうのがあって
キリスト教の四大天使に対応してるらしい。

あと、昔マイケルスコットっていう占星術師がこれに対応する
「四方の悪魔」ってのを定義したらしい。
北がジニマル
西がガープ
南がコルソン
東がアマイモン
てな感じでやっぱこっちも方位と関係するみたい。

東西南北の四方に各元素(地水火風)を対応させてそこに四人の天使、悪魔を配置するっていうのはけっこう普遍的な概念らしい。
(朱雀とか白虎とかもそうでしょ)

カバラのセフィロトの樹を逆さになると
悪セフィロトの樹(クリフォト)になるってことを考えると、

四方の天使=セフィロトの守護天使
ゴッドハンド=悪セフィロトの守護天使(クリフォトの守護天使)
っていう図式にならんかね?
206: マロン名無しさん 2013/04/01(月) 09:52:31.71 ID:???
いわれてみれば生贄の烙印てセフィロトの樹をモデルにしてるように見えなくもないんだよなあ。
頭のてっぺんのとこが一番上のセフィラ「ケテル」(あっちの世界に一番近いマス)だと仮定すると、
真ん中がティファレトで一番下がマルクト(物質界に一番近いマス)で右のてっぺんがコクマー、左のてっぺんがビナーで
セフィロトの樹の三本柱を交差するデザインが生贄の烙印っていう。

まあそれは蛇足だけど、ひとつ面白いこと気がついた。

初期のガッツは設定があんま固まってなかったと思われるので、やたらゴッドハンドについて博識だったりする。
バルガスと出会ったときの台詞
「ゴッドハンドは太古から人間の闇の歴史を支配してきた異次元世界の化物ども」
から見るに、ゴッドハンドは太古から存在したのは確定事項にちかい(もちろんガッツの勘違いってのも否定できないけど)
高々1000年の歴史を太古とは言わんと思うのでゴッドハンドはやっぱ1000年周期で延々ぐるぐるまわってる説が濃厚。

あと、蝕で神様の腕が出てきて以降は、蝕の祭壇でも断罪の塔の影でも
小指→コンラッド
薬指→ユービック
中指→スラン
人差し指→フェムト
親指→ボイド
で一致してる。

あと、バルガスんとこで「ベヘリットは5人のゴッドハンドを呼び出す鍵だ」って言ってる背景。
左から、スラン→ユービック→ボイド→フェムト→コンラッドの順に並んでる。
これはゴッドハンドが示す「なにかの順番」を推定するいい材料にならんかね?

一番左が「生の守護天使(仮)スラン」、一番右が「死の守護天使(仮)コンラッド」
なので、やっぱ左から右への順番はゴッドハンドの象徴する「なにかの順番」と考えてもそれほどおかしくはないのでは。
各ゴッドハンドの生誕の順番だったらフェムトが一番端っこにくるはずだし。

>>54ひょっとしたらビンゴかもしんね。
209: ◆mh0x286jVU 2013/04/03(水) 04:22:50.19 ID:???
>>205
北欧は11世紀にはインテリとか貴族みたいな連中なんかが既にキリスト教に改宗し始めている
幸村誠の「ヴィンランド・サガ」で結構当時のキリスト化の雰囲気とかうまく描いてるね
213: マロン名無しさん 2013/04/07(日) 20:56:48.84 ID:???
32巻「船上にて」
幽体離脱するときのファルネーゼの台詞
「プログレディオ アド ルケム シデルム」
の綴りが分かりました。

progredior ad lucem siderum

カバラ系の呪文だそうです。

ついでにわかったこと。
33巻「水泡」でファルネーゼがガッツを見て幽体離脱から元に戻ったシーンがありますが、
異性に対する想いが増すと幽体離脱が解けるという説があるらしいです。
(性的欲求はあっちの世界より物質世界に属するものと考えられているから)

あと、幽体離脱してるときはセフィロトにおける「イェソド」に属する?みたいなことも書いてありました。

ガッツ達のために魔術を覚えようとしたファルネーゼが
ガッツへの愛情で妨げられてるみたいなジレンマがあるみたいですね。

ひょっとしたらこのジレンマがベヘリット発動の鍵になるかもしれません。
てことはやっぱベヘリットはファルネーゼのものってこと?

またなんかあったら書きます。
217: マロン名無しさん 2013/04/10(水) 22:56:10.14 ID:YAzaOuQj
>>213

ガッツの持ってるベヘリットは、ラストバトルでグリフィスを倒すための武器に使うんだろ。
223: マロン名無しさん 2013/04/15(月) 14:17:55.39 ID:???
そんなのいるんか。でもイスラム教の四大天使もキリスト教の四大天使がまんま元ネタだったりする(>>205)し、
「四人の偉い神様」ってのはどこでもでもよくでるパターンみたい。
シールケの魔法の元ネタはカバラ確定だけど、元を辿ると古代エジプトの儀式とかにあたるのかも。

今とりあえず練ってるおバカ妄想

『使徒が人の姿に戻ると着てた服ってどうなんの?』

今まで生きて元に戻ったシーン描かれてたやついないじゃん。
グルンベルドとかいつのまにか元の鎧着てたけど、
次回アーヴァインが人間に戻るときちゃんと服着てんのか?

ワイアルドや伯爵の例をみると死ぬと服は没収されるみたいだけど。

重要なキャラは変身するときスモークが出るけど
すぐ死ぬ使徒は服をビリビリに破いて変身するケースが多い(霊樹の館篇とか「食べ残しよくない」さんとか)

なにがいいたいかっていうと服を粗末にする使徒はすぐ死ぬ。これ豆知識な。
225: マロン名無しさん 2013/04/16(火) 20:56:51.25 ID:???
今日のおバカ妄想〜使徒の推定年齢〜

【ワイアルド・・・100歳以上?】
「こんな痛い目見るのは100年ぶりぐらい」(「死闘2」P7)
っていう台詞から100歳はいってるはず。
(ただしエンジョイさんのフカシの可能性あり)

【ゾッド・・・300歳以上?】
リッケルトちゃんが「ゾッドの伝説は300年に渡る」(映画だと200年)って言ってたこともあるが、
「彷徨い続けて300年」(断罪篇「啓示3」P5)
って言ってるから300歳以上はほぼ確定。

ってことは216年前の前回の蝕を経験してるはず。
前回の蝕に参加して「なんだこのらんちき騒ぎ」って思って今回の蝕は参加見送りしたのかも。

【髑髏の騎士・・・1000歳以上?】
使徒じゃないけど(たぶん)
ゾッドが「千年我らに仇なす貴様だ」(「死の嵐1」P3)
って言ってたから。
ゾッドが1000歳行ってるとは思えない(ゾッドの気性からして、700年もおとなしくしてるとは思えないから)
ので伝聞の可能性高し。でも多分これ確定事項っぽいんだが。

あと、ゾッドが蝕の門の前でわざわざ髑髏待ち伏せしてたの見ると、
前回の蝕の時も髑髏は蝕に突入した可能性有り。(「やはり現れたか」っていってたし)
229: マロン名無しさん 2013/04/22(月) 23:58:36.67 ID:???
遅レスついでに
>>225
そういう情報まとめ系のレスもわかりやすくなっていいね

髑髏の1000歳回避説としては、髑髏の騎士は代替わり制で
現在の髑髏の騎士は甲冑を受け継いだ2代目か3代目である、とか考えてみた

髑髏人間時と同時代に活躍したと思われるフローラは
モーガンじいさんが50年前に見たときと全く変わらない姿だったとはいえ
さすがに1000年近くも生きてはいないと思うんだよね

ただ、今の髑髏が1000年前絡みの人物じゃないとわかったら
ちょっとだけ小者感出ちゃうかも
やっぱ物語的にはガイゼリックかあるいは彼と関わりのあった人物って方がいいのかね

ちなみに33巻「予知夢」の最後のページは馬上のグリフィスの一枚絵なんだけど
その直後が同じような構図の馬上の髑髏の騎士になってる
明らかに対比させてるように見えるけど、何らかの意図を持った編集なんだろうか?
239: マロン名無しさん 2013/05/12(日) 22:29:54.82 ID:???
いっつもコピペ使ってるが自分で探す、裏付けになるページの添付とかする程度のことすらできないのね
240: ベルセルクのパクリ? 2013/05/12(日) 22:36:03.17 ID:???
289 :マロン名無しさん :2008/12/22(月) 22:21:50 ID:???
>>285
べヘリットそっくりの顔で、血の涙流してる男も出てくるぞw
闇の犬はセノバイトだし、
目玉がスープの中に浮いてるシーンなんか、どう見てもグリフィスの白昼夢(キャスカと結婚生活してたようなやつね)の元ネタだし


>>239
涙拭けよw
242: ベルセルクのパクリ? 2013/05/12(日) 23:08:45.40 ID:???
52 :マロン名無しさん :2008/12/18(木) 18:25:40 ID:???
グイン・サーガ?

女かと見まごうばかりのとてつもない美形で
長髪で天才的な頭脳を持ったレイピアを使う貴族
(主人公の一人)が
国王の逆鱗に触れて、卑劣な策略にかかって牢獄に幽閉され
彼に心酔する部下たちがあれこれ手を尽くして彼を探し出し
塔の地下に幽閉されているのを知って助け出す…

だが、その超絶美形の貴族の青年は
変質的な愛情を抱く看守の拷問を受けて
ひどく醜い姿に(おまけに足を切断)
助け出した仲間たちはマジギレ 貴族は絶望の潭に

しかしその貴族は一時的に姿を消していたが
前出の遥か東方から来た魔導の軍隊(モデルは中国とインド)の侵略により
国家の大部分を占領された状態の中
一回死んで生き返り
救国の軍隊として起兵し人々の希望を一身に背負って戦う事になる…


877 : マロン名無しさん[sage] : 2009/05/17(日) 23:45:18 ID:???
グイン・サーガ?

すげーマイナーな短編外伝だけど「悪魔大祭」って外伝があって
「100年に一度の悪魔大祭」
「悪魔大祭の内容はレイプ(グインハンドブックバージョンでは検閲削除)と虐殺」
「初回悪魔大祭では魔の都イシュタルテーをドールに捧げて王様が永遠の命を得た」
って設定がある、初出は1983年。
ぐぐれば存在が捏造じゃないことくらいは確かめられると思う
258: マロン名無しさん 2013/05/20(月) 07:26:37.79 ID:???
>>243
グリフィスの仮面の元ネタといわれる「ファントムオブパラダイス」観ました。
いわゆるB級ホラー映画の部類だけど、かなり面白い。仮面つけた主人公の叫びが怖え。
ベルセルク読んでる人は絶対観て損はないと思う。

そんで映画のあらすじなんだけど(作業しながらの流し見&吹き替えなしだったからてきとうです)

主人公は作曲家だかなんかだったんだが、友人にハメられて刑務所に入れられる。
獄中でラジオから自分の曲(世間では友人が作曲したことになってる)が大ヒットしてるというニュースが流れてくるのを聴いて怒りのあまり発狂した主人公は脱獄する。
逃げる途中の事故で顔と喉が潰れて歌えなくなる。(しゃべれるんだけど変な声)

そんで死んだと思われてたんだけど実は生きてて友人に再会。
友人は主人公の作った音楽でボロ儲けしていた。
だが友人は「お前にもう一度パワーをやろう」(字幕ママ)といって二人でなんか舞台をやるんだかなんだかで
主人公は隠し部屋だかどっかで作曲を続ける。(出来上がった楽譜は寝てる時に友人に盗まれる)みたいな感じ。

そんなこんなであの仮面をつけるわけだけど、
仮面の形状だけじゃなくこの映画、ベルセルクと共通する点がたくさんある。
契約書が鍵になってて、友人が主人公にサインさせたビジネスの契約書が実はガチの「悪魔の契約書」で、それで二人は・・・みたいな感じのオカルト的展開になるとことか。

仮面の主人公の唇が紫がかってるとこまで真似てるあたり、作者相当この映画に思い入れあるんだろうな。

ながら作業で見たので不明瞭な点が多いんですがいずれちゃんと通しで観てみます。
あとヒッチコックの「サイコ」のシャワーシーンのパロディがあってそれがかなり笑えました。
262: マロン名無しさん 2013/05/20(月) 14:10:02.20 ID:???
>>258
B級ホラーつうか
あれオペラ座の怪人のリメイクだし
269: マロン名無しさん 2013/05/29(水) 22:48:09.61 ID:???
書き忘れてた。

wikipediaで、断罪編で人々に夢を見せたのはユービックの力っていう説みかけたんすけどこれ書いたの誰?

断罪編ってコンラッドの影とスランの影は出てくるけどボイドとユービックが出てこないのが気になってたからこれいい妄想だと思ったんだけど。(※自演じゃないです)
無理やりこじつけようと思えば、黒ミサの教祖的なキャラだったバフォメットみたいなヤギさん。
あいつ六本指だったんだけど、これってボイド意識してたんじゃないかと思ったんだがどうなんだろ。
ちなみに死んだ後の死体は普通の人間の姿に戻ってて、五本指になってる(「伏兵」P9,3コマ目)
270: マロン名無しさん 2013/05/31(金) 00:19:13.13 ID:???
ユービックって全然出番ないよな
断罪篇はネズミでコンラッド、黒ミサでスラン、賢者の話でボイド、最後にグリフィスと一通り話に関わるのに
あと俺はユービックってベルセルクが「漫画の中」だと気がついてると思ってる。
3巻の異次元空間じゃ一々読者に向かって説明してるし、幻造世界じゃ絵画の中にいるし
272: マロン名無しさん 2013/06/03(月) 02:56:49.95 ID:???
海辺にいた子供
・初対面時にキャスカの胸、ガッツの首の烙印を確認する描写あり(烙印に惹かれるのがあの赤子と同じ)
・キャスカがあの赤子と同じ反応をする
・魔力が満ちる満月のときにのみ出現して消える
・ガッツが子供を見て赤子のことを思い出す描写あり
ここらへんからしてあの子供が満月の夜にだけ不思議パワーで登場しているってことでいいんじゃない

シールケは勝手に妖精王の使いと解釈しちゃったけど
273: マロン名無しさん 2013/06/03(月) 16:50:19.88 ID:???
>>269
ユービックに関する意見に同意

ゴッドハンドは「幽界のはるか深淵に潜む何者かの意志の執行者」であり
光の鷹の夢は誰かが見せたものだとするならそれはゴッドハンドの仕業というのが妥当
その中でも断罪篇で現世に姿を現さなかったボイドかユービックがやったんだろうと

で、ユービックは今までにもテレジアに過去の映像を見せたり、グリフィスに幻を見せたりしてきたので
光の鷹の夢を見せたのもユービックの可能性が高いと思う

ボイドはよくわかんないけど
天使長という特別な立場と>>266の名前の由来との違いから考えると
フェムト同様、他の三人とは別格の存在なんだろうね

フェムトも5人目ってのが強調されてたり、受肉して物質世界に直接介入してるところからして
他の三人のゴッドハンドとは一線を画す存在だと考えられる
274: マロン名無しさん 2013/06/03(月) 17:17:06.22 ID:???
>>272
あのシールケの推測は何なんだろうね

物語的にはシールケの勘違いで済む話だけど、作者の意図としては
「隠された秘密の道を使って空間を飛び越えることができる」 という妖精王と同等の力を
月下の少年が持ってることを示唆してるのかな

ちなみに上のシールケのセリフは 「大きな力を持つ者達」 と続くんだよね
つまり妖精には花吹雪く王以外にもそういう力を持つ者がいるってことだよね

ま、世界は広いから地球の裏側とかにいてベルセルクとは関係ない存在なのかもしれんけど
275: ◆mh0x286jVU 2013/06/06(木) 20:17:06.32 ID:???
>>270
>あと俺はユービックってベルセルクが「漫画の中」だと気がついてると思ってる。
>3巻の異次元空間じゃ一々読者に向かって説明してるし、幻造世界じゃ絵画の中にいるし

これ本スレに書いてておもしろかったので覚えてる
読者への解説役を意識してるとしたら凝ってるるしおもしろいよなあ
276: マロン名無しさん 2013/06/07(金) 17:12:16.79 ID:???
>>270
ユービックは作者自身の投影なんじゃないかと思う。
34巻でボスの絵画の中にいることから、ユービックは絵画などの創作に携わる人間だったと考えられる。
そうすると、同様に創作に携わる人間の「究極」を求めてる作者自身の姿を投影しててもおかしくないと思う。
裏設定としてそういうメタ的な意味合いを含めてる可能性も充分有り得る。

あと、ゴッドハンドは作中では具体的な形を持つ「キャラクター」として描かれてはいるけど、実際はもっと抽象的な存在なんだと思う。
スランは「生への渇望の念」を具現化したもの、ユービックは「見ること・感じることへの渇望の念」を具現化したもの、
コンラッドは「死への渇望?(或いは恐れ?)の念」を具現化したもの、ボイドは「信じること?知ること?への渇望の念」を具現化したもの、
そしてフェムトは「渇望することそのもの」を具現化したものなんじゃないかな。

ベヘリットの発動条件は「渇望」だってフローラが言ってたし、使徒の唯一の戒律は「望むままを行う」だし、
この漫画の重要なキーワードのひとつは「渇望」だと思う。
実際、ガニシュカにしろ、法王にしろ、ミッドランド王にしろ、死の際やそれに近い状況のモノローグで必ず「渇望」って言葉が出てくるし。
277: マロン名無しさん 2013/06/10(月) 11:26:30.01 ID:???
面白いこと気付いた。

狂戦士の甲冑を着てグルンベルドと戦うガッツを見たゾッドは髑髏に向かって
「懐かしいな、戦友よ。やつにも同じ道を辿らせるか」って言ってる。

ということは、ゾッドは狂戦士の甲冑を着た髑髏と戦ったことがあると思われる。

ゾッドの年齢は300歳前後。
髑髏の年齢は1000歳前後。

つまり、髑髏の騎士が狂戦士の甲冑を着て絶命したのはゾッドのいる300年以内ということになる。

ゾッドと髑髏の因縁の深さから考えて、
狂戦士の甲冑を着た髑髏を絶命させたのはゾッド?
それとも人間時代のゾッドの転生の原因が髑髏とか?

力関係的にかなり無茶に思える話だが、ベルセルク世界の戦闘力は変動するのでありえないともいいきれない
(初登場でグリフィスに腕切られたくせに髑髏と互角とか、変身前のグルンベルドがどう考えても使徒より強いとことか)

もしかしてゾッドってかなり重要なキャラだったのか?ただの乗り物じゃなかったのかよあのネコ。
284: マロン名無しさん 2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:???
>>242
パクリ元検証
>グイン・サーガ?
補足

50巻「闇の微笑」付近のナリスが拷問されるシーンと思われる。

ちょっと違う点は、ナリスの方は拷問を受けたあとも普通に話せるし、冗談を言う余裕まであるところ。
グリフィスのように全く何もできない状態というわけではない。
(実際読んでみるとそれほど似てるとは思わなかった)

それより、「14歳の子供を暗殺しておきながらその姉と平然と交際していた」とか
「全てにおいて完璧な人間なのにどこか人間性が欠落している」みたいな表現があったけどこっちのが気になった。

>「この子はこの石によって王になるだろう」と言われた
>奇怪な真っ赤な石を持ったまま最貧民の子として生まれた美形の少年

これは1巻で出てきた傭兵のイシュトバーンのことですかね。

ナリスとイシュトバーンのいいとこどりしたのがグリフィス?
285: マロン名無しさん 2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:???
保守兼どうでもいいことメモ。

パックがいた旅芸人の一座まとめ

・ジュドーが昔働いてた旅芸人の一座にパックがいた
・リッケルトはパックのいる旅芸人たちに助けられた
・旅芸人たちは一巻の盗賊に襲われて座長は殺された(リッケルトに団長って呼ばれてた人?)

意外と忘れがちだけどパックってジュドーと面識あるんだよな。
ガッツのナイフ見て思い出したりしないのかなあ。
ナメクジに殺されそうになったときに投げナイフで助けてもらったり、
リッケルトの仕事手伝ったりとか気付くきっかけはけっこうあったのに。。

「そういえば昔凄いナイフ投げの名人がいたんだ」みたいな台詞出てきたら胸熱なんだが。
288: マロン名無しさん 2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:???
蝕で登場していたモブ使徒が一体、グルンベルド戦の最中にガッツに殺されていたことが判明しました。

・蝕の人面角
「業火の底(229)」
P3,3_左側から二番目
P4,2_ガッツに首を斬られて死亡

「火竜の旦那、俺たちも混ぜてくれ」って言ったあと狂戦士ガッツに斬られて死んだザコ使徒の一匹で、
蝕でフェムトが降りてきたとき、フェムトのすぐ後ろにいたやつです。

使徒形態の特徴としては頭にトゲトゲのついた角がついていて、その根元にそれぞれ顔がついています。

グルンベルド戦で出てきたのは人間形態なんですが、兜に顔のついたトゲトゲの角があること、
耳(?)の形状などから同一キャラだと思われます。
296: マロン名無しさん 2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:???
空軍特集(こいつら意外と数が少ないので楽)

・羽六足(長いヒゲが生えてるやつ)
・羽ワシ(脚が鳥みたいになってるやつ)
・羽クワガタ(クワガタみたいなやつ)
「ファルコニア(307)」P20-21_
「人外の戦場(299)」P2_1,2
「亀裂(304)」P18_1


あと、37巻読んでて気になったこと。
翼石は全て世界螺旋樹の方向を向いているみたいなんだがこれは何か意味があるのだろうか。
327: マロン名無しさん 2013/09/17(火) 15:26:50.78 ID:???
wikiか!すげえよくまとまってんな。
戦時調達でハゲ山が多いとかそんなシーンあったっけ?
これ参考に後で読み返してみる。

ところで思ったんだけど、よく言われてる疑問
髑髏ってなんでガッツが死体から生まれたことを知ってたの?
ってことについて。
「貴様の半身」(グリフィスのこと)
「やはり歯車は回り始めたか」(ガッツがグリフィスの元を離れたこと?)
ってことから
転生するのがグリフィスで、その絶望の引き金がガッツが離れたことになる
ってことまでわかってたみたいだけど、これは髑髏がグリフィスとガッツの運命を全部知ってたってことだよね。

つまり、髑髏は蝕に大きく関わる人物の運命をかなりの精度で把握できるのは確定。
で、未来が見えるってことは、逆に過去に遡って見ることができても不思議じゃないと考えたんだがどうだろ。

今度会った時に「なんでオレのこと知ってんだよ」ってもっかい聞きなおしてくれよ。
ついでに「あんたガイゼリックか?」っていう質問もよろしく(多分ガッツはそんなの覚えてないとおもうけど)
329: マロン名無しさん 2013/09/17(火) 16:42:13.59 ID:+MDwxZTL
>>327
たしかにガッツは髑髏に聞きたいこといっぱいあるはずだよな
生き残るはずのない蝕から助けてもらっり、殺気を読み違えさせたり
圧倒的に強い存在だってガッツなら容易に気付いているだろうに
330: マロン名無しさん 2013/09/18(水) 22:13:24.48 ID:KYRqYFzc
>>327

>戦時調達でハゲ山が多いとかそんなシーンあったっけ?

第十七巻 断罪篇 生誕祭の章 啓示?

ミッドランド西方
ラバン「なんともすさまじい光景だな」
副官「戦のたびに城砦建設だのなんだので、ここら辺の石材も木材もあらかた切り出してしまいましたからね
残ったのは、穴だらけのハゲ山ばかりですよ」

…というシーンがちゃんとある。
341: マロン名無しさん 2013/09/21(土) 18:17:40.67 ID:???
ベヘリットって人間のいる地域ならどこにでもあるわけだよな?
歴史上の謎の部分とかをベヘリットに結びつけた二次創作とか作ったら面白くね?

例えば邪馬台国の卑弥呼。
邪馬台国滅亡後100年以上の空白の歴史があるって話だが、
卑弥呼はベヘリットを持っていて、転生後は日本神話に登場する怪物の某となった、
みたいな設定作って一本短編書けそうじゃね?

ベヘリットの設定は二次創作での汎用性がめっちゃ高いと思うのでエロ以外にそういうのあってもいいと思うんだけどなあ。
342: マロン名無しさん 2013/09/22(日) 22:15:57.58 ID:VwzOedLK
>>341

戦国時代を舞台にした二次創作を考えたんだけど、
登場人物を考えてみると、第六天魔王だの妖怪首おいてけだの陰陽師安倍清明だので、
ドリフターズとキャラがカブるんだね…
344: マロン名無しさん 2013/09/23(月) 03:16:55.43 ID:???
鷹の団千人長入団順

(確定事項)
キャスカが入団したとき、ピピン、コルカス、ジュドーは既にいた。(キャスカ回想)
コルカスが入団したとき、ジュドーは既にいた。(ジュドー談)

(確定とはいえないが、可能性が強いもの)
キャスカの回想にリッケルトが出てこないことから、
リッケルトはキャスカ入団のあとと推測。

ピピン・ジュドー→コルカス→キャスカ→リッケルト

千人長の経歴まとめ

ピピン:昔は鉱山で働いていた
ジュドー:昔は旅芸人の一座にいた
コルカス:10人そこそこの盗賊団の頭だった
キャスカ:貧しい農村の娘

リッケルトだけわからない。ジュドーの言ってた「鍛冶屋のせがれ」ってのが
リッケルトなんじゃないかと思ってたけど。
346: マロン名無しさん 2013/09/23(月) 21:51:00.29 ID:???
>>344
訂正
ピピンはコルカス〜キャスカ間の可能性もあるわ。
354: マロン名無しさん 2013/09/26(木) 07:04:42.90 ID:CHE1BBlc
【コナン・ザ・グレート】
主人公とやっていた女が突然怪物になり、主人公に襲いかかるも返り討ちにあうシーンがある
主人公の生い立ち(幼少期を奴隷として過ごし、青年となってからは旅に出て化け物退治の英雄になる)もガッツに似てる

【アリオン】
父殺しのシーンが状況、コマ割ともにそっくり
他にも似た様なシーン多し
演出面でかなり影響を受けていると思われる

【バイオレンスジャック】
ガッツ対バズーソの戦いは、ジャック対スラムキングの戦いと全く同じ
(ジャック対スラムキングの戦いは複数あるが、この内のどれだったかは忘れてしまった。単行本持ってる人は確認して欲しい)

【魔界転生】(小説&深作映画版)
人間を魔人として生まれ変わらせる魔界転生なる忍法が登場
魔人化した人間は、人間性を失い外道化する代わりに、超人的な力を手に入れられる
転生するには惚れた女を繭として生贄にする事が必要(小説版のみ)
転生衆達は、地下に美女を集め、虐殺パーティーを開く(小説版のみ)
転生の合い言葉は「無念」(映画版のみ)
主人公は転生衆を倒す為、権力者に忌み嫌われて隠棲している刀工、村正に刀を打って貰う(映画版のみ)
ちなみに主人公(柳生十兵衛)は片目

【北斗の拳】
絵柄、デザインに大きく影響を与えている
355: マロン名無しさん 2013/09/26(木) 21:38:47.83 ID:???
マンガ道場破りのインタビューによると、グリフィスはオスカル、ガッツはケンシロウがモデルで、
ベルばらの世界にケンシロウが現れたら…と言うコンセプトの元に始められたのがベルセルクらしい
(ちなみに北斗の拳のコンセプトは、マッドマックスの世界にブルース・リーが現れたら…)
357: マロン名無しさん 2013/09/26(木) 22:10:51.09 ID:???
ボイドの生前はあの世界におけるキリストであり、善神の意思を受けて世界を良い方向に導こうとしていたが、何らかの理由で世界に絶望し、深淵の神に平伏、ゴッドハンドになる事を受け入れる。
(この為、善神の力が弱まり、世界に不幸や邪悪がはびこり、また、キリスト教も私利私欲に走る様になる)

元々はガイゼリックが五人目のゴッドハンドになる予定だったが、ガイゼリックはそれを拒否。
それによって肉体は滅ぶが、反深淵の神(善神)の力を得て霊的存在として蘇り、当時のゴッドハンド四人を皆殺しにする。
更にそれ以降は、打倒深淵の神、打倒ゴッドハンドの筆頭戦士となる。

ゾッドは元々ガイゼリックの生贄にされる予定だったが、ガイゼリックの反逆により予定変更、対ガイゼリックの戦士として、使徒にされる。

ボイドはガイゼリックの代わりにゴッドハンドになれた。
以降、欠けた四枠を埋める為、200年毎に新たなゴッドハンドが作られる事になる。

深淵の神の目的は、ゴッドハンドを通じてこの世に混沌をもたらし、人々を負の感情で満たす事。
深淵の神の力の源は人々の負の感情なので、世界が混沌に陥れば陥る程、強大な力を得られる。

グリフィスはキリスト(ボイド)の良き魂や、ガイゼリックの飛散した魂を強く受け継いでおり(つまり生まれ変わり)、これがゾッドがグリフィスを主と仰ぐ一因となる。
(つまりゾッドは未だにガイゼリックの子分に戻りたがってる)

グリフィスの目的は深淵の神の打倒。
その為に、世界を平定して人々の怨嗟を無くし、深淵世界側の住民を現世に呼びだして、深淵の神の弱体化を図った。

グリフィスがキリストの生まれ変わりだとすると、ガッツに犬のイメージが付加されている事にも深い意味が生まれる。
犬はキリストの血をすすった。
つまり、ガッツは最終的にグリフィスの血を啜り、意思を受け継ぎ、反深淵の神の救世主となる。

しかし、この予想が当たってたとすると、バスタードの神や預言者の設定と酷似してるな…
どっちがどっちを真似したと言うわけでは無いんだろうが…
(それともどちらにも共通の元ネタがある?)
358: マロン名無しさん 2013/09/27(金) 00:11:59.61 ID:zV6ozs0E
>>354

>転生衆達は、地下に美女を集め、虐殺パーティーを開く(小説版のみ)

おもしろそうだから、今度図書館に行ったら借りてみるわ > 魔界転生
359: マロン名無しさん 2013/09/27(金) 12:57:56.95 ID:zV6ozs0E
>>357

ベルセルクの世界に、善なる存在がいるようには思えませんが…
369: マロン名無しさん 2013/09/30(月) 16:15:55.04 ID:???
でもガッツがキャスカをなんらかの形で失うのはかなり可能性高いと思う。
グリフィス受肉の瞬間、ガッツは怒りで我を忘れそうになったのを、
キャスカの存在が引き留めたみたいな描写があった。

だから鎖犬の言ってる、鷹を噛み砕くために鎖を引きちぎるって言葉の
「鎖」ってのはキャスカのことを指してるともとれる。

あと、グリフィスの肉体はキャスカの子供が元になってるわけだから
キャスカがグリフィスに反応を示すのはグリフィスだからってのと同時に
自分の子供(妖魔)の気配を感じてるのもあるのでは?

そうなるとキャスカの記憶が戻ったら素直にグリフィスに敵対できるのだろうか。
370: マロン名無しさん 2013/10/05(土) 10:21:56.68 ID:???
別の漫画読んでたら、ケルト神話のティルナノグっていうところには
「季節に関わらず花が咲き木の実がなる」
「けれどティルナノグのものを食べると現世には戻れなくなる」
っていうことが書いてあった(あしべゆうほ『クリスタルドラゴン』)

ティルナノグってのはけっこう色んなゲーム、マンガの題材に扱われてるから名前は知ってたけど、こういう設定があるってのは初めてしった。
371: マロン名無しさん 2013/10/05(土) 10:24:00.77 ID:???
ところでベルセルクのファルコニアは、作物が実りを絶やすことのない楽園っていうところが
ティルナノグの設定と似ている気がする。
あの周辺でとれた食べ物を口にした人たちが死んだらどうなるんだろう。

ベルセルクの設定には、魔に関わってしまったものは死後念の渦の中にとりこまれ、未来永劫地獄を彷徨うっていうものがある。
372: マロン名無しさん 2013/10/05(土) 10:26:04.24 ID:???
ティルナノグの食べ物を口にすると現世に戻れなくなるっていうのと照らし合わせて考えると、
ファルコニアに住む人々があの世界に関わりすぎると(あの土地でとれた作物を口にしたりすると)
魔に関わってしまったことになって地獄行きが確定してしまったりするんじゃないのか?

あとは翼石のおかげで作物が実りを絶やさないっていうけど、
翼石は人々の生態にも影響を与えるんじゃないのか?
それこそ、永遠に老いることがないとか。
373: マロン名無しさん 2013/10/05(土) 11:04:48.29 ID:h+tBD2jE
展開予想

何だかんだあって、新生鷹の団、ガッツ一行、髑髏の騎士はゴッドハンドと深淵の神に戦いを挑む事に…。

因縁に決着を付けようと、単身でボイドに挑む髑髏の騎士。
しかし、激闘の末、とうとう乗馬が殺され、地に伏す…。
もう駄目だと思うも、何故かそこでゾッドが現れ、髑髏の騎士を背中に乗せる。
「べ、別にあんたを助けたわけじゃないんだからね! ただ、こうして誰かを乗せてないと落ち着かないだけなんだから!!」
髑髏の騎士とゾッドは仲直りし、友情パワーでボイドに特攻。
相討ちになりながらも倒す。

スラン、ユービック、コンラッドはガッツとグリフィスの協力プレーで倒す。
「べ、別におめぇを許したわけじゃねえからな! たまたま利害が一致しただけだ!! 次会ったら絶対殺すかんな!!!」
「ははは、怖い怖い」

深淵の神戦ではグリフィスがガッツをかばって死亡
「俺はずっと…、こうしておまえの腕の中で死ぬ事を望んでいたのかもしれない…」
「くっ! お前だけは…お前だけは絶対に俺の手で殺してやろうと思ってたのに!!!!!」
「お前も殺してやろうか…。あのホモ野郎のようにな…」
「グリフィスの事かーーーーーっ!!!!」
ガッツの怒りの一撃で深淵の神も倒れる。

しかし、戦いはまだ終わりではなかった…。
深淵の神が死んだ事で制御を失った使徒達は次々に次代の神を名乗って争いだし、また、グリフィスを失った新生鷹の団幹部達も、それぞれに後継者を名乗って争う様になった…。
「やれやれ、こうなりゃ立てるしかねえな…」
「何をだい? ガッツ…」
「決まってるだろうが! 犬の団だ!!」

ベルセルク -完-

長らくご愛読頂きありがとうございました。三浦先生の次回作にご期待下さい。
374: マロン名無しさん 2013/10/05(土) 13:48:14.54 ID:0NPJK622
>>373

>何だかんだあって、新生鷹の団、ガッツ一行、髑髏の騎士はゴッドハンドと深淵の神に戦いを挑む事に…。

そこを省略したらダメじゃんw
375: マロン名無しさん 2013/10/05(土) 18:28:11.07 ID:???
>>371
23巻でグリフィスが死者の霊魂を成仏?させるシーンがあったけど
あの霊魂が結局どうなったのかってのは気になるな
もしかするとその話と関係あるんじゃなかろうか

>>372
翼石の効果は魔除けじゃね
作物が実りを絶やさないのは世界螺旋樹の加護(だと信じられている)らしい
世界樹は元はといえばガニシュカ(使徒)なわけだしちょっと嫌な感じもするね

でも裏甦りし異形がまた内側から裏返ったわけだからそうでもないのか
よくわからん
377: マロン名無しさん 2013/10/05(土) 21:37:43.86 ID:0NPJK622
>>375

>23巻でグリフィスが死者の霊魂を成仏?させるシーンがあったけど
>あの霊魂が結局どうなったのかってのは気になるな

全員グルグル送りじゃないかなw
ただ、グルグルといっても、現世と同程度の多少マシな領域があって、
グリフイスの手によって成仏させられると、そこに送られるとか。
379: マロン名無しさん 2013/10/07(月) 00:45:57.20 ID:???
>>369
グリフィス視点からすればオイディプスコンプレックスみたいな話だな
385: マロン名無しさん 2013/10/20(日) 19:34:01.53 ID:???
■おまけ:誰得モブ使徒図鑑更新

◆ハンニバル(仮)←ロクスのタカアシガニ
(一番のお気に入りキャラだから名前つけたったw)
「鬼兵」P4 P8,5 P10,3 P13,1(ロクスの隣) P15,4 P16,2 P19,2 P20,3
「魔騎士」P17,6 ★P18(一番前のやつ)
「魔神」P1,6 P2 P10,3
「眠り姫の目覚め」P13 P14,6
32巻「飛来」 P12(一番左)
34巻「人外の戦場」P8

◆ボルコフ
「魔神」P1,3 P3
「鬼兵」P20,3
「眠り姫の目覚め」P13 P14,2,3,4,5,6 P15,1,2,5
32巻「飛来」P12(右から三番目)
34巻「人外の戦場」P8

◆蝕のT字一つ目(仮)
34巻「混沌」P14左

◆角ドレッド(仮)
「放魔」P16 P20真ん中
34巻「混沌」P14右 P20,2右端
「幻造世界(306)」P23左

◆蝕のつぼみ(仮)
34巻「放魔」P19
34巻「混沌」P16,1(左下)
386: マロン名無しさん 2013/10/20(日) 19:34:32.46 ID:???
27巻でボルコフが建物に突進して一気に5棟ぐらい突破した上に城壁まで穴開けて帰ってったの見て思ったけど、こいつ強すぎじゃねえか?
こんなのにガッツ勝てないだろ。
破城鎚でも打ち込まれたみてえだ(グルンベルド戦)どころじゃないぞ。
装甲の固さとか破壊力から言ったら戦車とかの近代兵器軽く超えるだろ。
王狼伝の独裁者軍人のおっさんこの世界にタイムスリップしなくてよかったな。

てかヤングアニマル見たら次回の告知とかねえで対談終わってやんの。そんでブチ切れて。
387: マロン名無しさん 2013/10/27(日) 16:15:27.27 ID:???
初期のエルフの設定が後期になって変わったと思われるシーン。

バルガスの研究室で見つかった妖精の瓶詰め。
あれは明らかに妖精に実体がある描写。
だから、妖精は信じてないと見えないとかの設定は後半になって付け加えられたものと推測。
388: マロン名無しさん 2013/10/28(月) 16:30:48.23 ID:???
>>370
>>371
> ケルト神話のティルナノグっていうところには
> 「季節に関わらず花が咲き木の実がなる」
> 「けれどティルナノグのものを食べると現世には戻れなくなる」
> ところでベルセルクのファルコニアは、作物が実りを絶やすことのない楽園っていうところが
> ティルナノグの設定と似ている気がする。

神話学や民俗学ではそういうところを「異界」という。異界のものを食べるとこの世の中には戻れないことをヨモツヘグイ(黄泉戸喫)という。平たく言えば、異世界(あの世)で同じ釜の飯を食うと戻れない。

異界は、例えば楽園・理想郷・天国・他界・彼岸(お彼岸)・冥土・地獄などもそう。人間でないもの(もののけ・異人・亡者・死者・ホトケ・神)が住む場所。
日本でいう黄泉の国(ニライカナイ)はまさに異界で、女神イザナミは黄泉の国の食べ物を食べたので中つ国(この世)に戻れなくなっていた。
ギリシャ神話では、豊穣の女神デメテルの娘ペルセポネが冥界の果実(ザクロ)を4粒食べたので、一年のうち4ヶ月間はペルセポネが冥界に居ることになった。デメテルは4カ月実りを絶やすが、ペルセポネが帰ってきた時にデメテルの喜びは春になる。

ググればもっと深く広く情報がある
389: マロン名無しさん 2013/11/02(土) 02:16:47.82 ID:???
>>387
信じてないと見えない、と最初に出てきたのってロスチルか縛鎖ぐらいだっけ?
初期は細かいとこあんま定まってなくて後付けってのは普通にありそうだな

で、1巻ちょっと見てみたけどパックが酒瓶に漬け込まれた話してるな
エルフの瓶詰めってのがウラケンの頭ン中にあったのかもなw
ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス) [ 三浦建太郎 ]
ベルセルク 39 (ヤングアニマルコミックス) [ 三浦建太郎 ]
390: マロン名無しさん 2013/11/02(土) 22:49:11.13 ID:???
>>386
グルンの破城鎚云々の時はまだ人間形態だったからな
ボルコフ相手にどうやってダメージ与えんだよって気もするけど
お腹に弱点があるとか、グルンやワイアルドみたく本体分部がどっかにあるのかも

休載はなぁ、まる一年掲載しないつもりなんかなぁ
「もうすぐゴッドハンドの話」→「俺のもうすぐは一年」からもうすぐ二年音沙汰なしやで
394: マロン名無しさん 2013/11/06(水) 14:53:25.10 ID:bezaA0n4
終わり方を考察したんだけどさ

ガッツがグリフィスを倒す、グリフィスが受肉していたキャスカの子も死ぬ
(グリフィス死亡によりキャスカ・ガッツの贄解除)

それを見たキャスカが正気に戻り怒る
キャスカが「捧げる」してゴッドハンド化
ガッツとファルネーゼ(世話係でなついていた)とかが贄になる

ファルネーゼ死亡、シールケがかばってガッツはかろうじて生存
キャスカが残りのゴッドハンドを皆殺し

守るものを失ったガッツが完全に狂戦士化してキャスカを殺す
暴走したガッツは無差別に現鷹の団の人間とかも襲い始める

シールケが自分の命(肉体)と引き換えにガッツを引きずり出し狂戦士とガッツに分離
髑髏の騎士=ボイドの半身説(狂戦士部分が受肉したのがボイド)と考えると狂戦士が分裂することはありうる

狂戦士(あの犬みたいなの)を殺したガッツは再びパックと孤独な旅を始める、で終わり
399: マロン名無しさん 2013/11/08(金) 06:00:31.67 ID:???
◆ニセロクス(仮)死亡
「魔神(235)」P4,1シラットの頭らへん
P12,2下の方のロクスに似てるやつ P12,2 P13,2,3雷ドン P14,1お亡くなりに
◆ロクスのトゲトゲじゃがいも(仮)死亡
「魔神(235)」P12,2真ん中 P13,2,3雷ドン P14,2お亡くなりに
◆ロクスのワニ(仮)人間形態だとヒゲが生えてる奴・盾に顔がある
「戦魔」P10,1右端
「鬼兵(233)」P5左 P9,1盾で矢を防ぐ
「魔騎士(234)」P17,6 P19左
「魔神(235)」P4,1
32巻「飛来」P12 右から二番目
35巻「ファルコニア」P19,3
◆カイム(仮)
35巻「ファルコニア」P19,2
◆蝕の首長チンコ(仮)
35巻「ファルコニア」P7,1
◆蝕のふたなり(仮)
35巻「ファルコニア」P5一番下のコマ
◆蝕のパックン騎乗(仮)
35巻「ファルコニア」P5一番下のコマ
◆蝕の牙手長(仮)
35巻「ファルコニア」P5一番下のコマ
◆ゾッドの犬(仮)
「戦魔」P15,2
◆ゾッドのナイフ犬(仮)
「戦魔」P15,2 P17,1
◆ゾッドのニワトリ(仮)
「戦魔」P15,2
◆ゾッドのアメフト(仮)
「戦魔」P17,3
ロクス部隊の、人間形態でザリガニみたいなハサミついてる奴どれだよ。(32巻)
蟹みたいなの多すぎてわかんねえ。馬具の形がけっこうヒントになるんだぜ。
400: マロン名無しさん 2013/11/08(金) 13:02:53.42 ID:TkFxyG+n
>>394

>ガッツがグリフィスを倒す、グリフィスが受肉していたキャスカの子も死ぬ
>(グリフィス死亡によりキャスカ・ガッツの贄解除)

どうすれば、ガッツがグリフィスを倒すことができるのか、分からないので、
頭を抱えているんですが…
403: マロン名無しさん 2013/11/10(日) 16:46:21.27 ID:eLSmN1yu
エルフヘルムに到着し、花吹く王にガイゼリックとボイドの話を聞く(深淵の神誕生編)

キャスカを正気に戻すか悩むさなかグリフィス部隊がエルフヘルム襲撃
花吹く王死亡(パックは二代目花吹く王を襲名する)↓
ガッツ一行(アザンを含む)はファルコニアに向かう
最中にシラット率いるバーキラカと仲間になる
途中スラン編、ユービック編、コンラッド編、の話を描く

ファルコニア到着、今まで出会った人々(リッケルトは勿論、娼婦のねーちゃんや放蕩貴族やら)と再開したりする

ガッツがゾッドを殺すもドラコロが折れ瀕死になりパックが必死に止めようとするもベヘリットでゴッドハンドが召喚される
ガッツは使徒になるのを拒否る
ガイゼリックはボイドに殺される
同時に絶体絶命になるも色々あってグリフィスの化けの皮がはがれファルコニアの人々や人魚達の思いもあり四方の天使がガイゼリック&ボイドの時の用に現れ深淵の神が消滅しボイド、スラン、ユービック、コンラッド死亡

フェムトとしてのグリフィスの力が消えるも受肉してるグリフィスはノーマルグリフィスにもどる
最初にガッツとグリフィスが出会った時の用にガッツは最後の力を振り絞り二人は殴り合い、グリフィスはケンカってのはこういうのがいいと言い死ぬガッツも同時に死ぬ(深淵の神はいない為地獄は無くなってる)
パックやらそういった者は勿論見えなくなり、またシールケの寿命も人並みになってる

時は経ち年老いたシールケを使い結婚したイシドロと話すか回想する形でその後のキャスカや、結婚したセルピコとファルネーゼやリッケルトとエリカの事等を描き終わり
404: マロン名無しさん 2013/11/10(日) 17:40:49.33 ID:eLSmN1yu
ちょい↑訂正


エルフヘルムに到着し、花吹く王にガイゼリックとボイドの話を聞く(深淵の神誕生編)

キャスカを正気に戻すか悩むさなかグリフィス部隊がエルフヘルム襲撃
花吹く王死亡(パックは二代目花吹く王を襲名する)↓
ガッツ一行(アザンを含む)はファルコニアに向かう
最中にシラット率いるバーキラカと仲間になる
途中スラン編、ユービック編、コンラッド編、の話を描く

ファルコニア到着、今まで出会った人々(リッケルトは勿論、ナメクジ伯爵の娘、娼婦のねーちゃんや放蕩貴族やら)と再開したりする
シールケとソーニャ、イシドロとミュールの複雑な再開も描く

ガッツがゾッドを殺すもドラコロが折れ瀕死になりパックが必死に止めようとするもベヘリットでゴッドハンドが召喚される
ガッツは使徒になるのを拒否る
ガイゼリックはボイドに殺される
同時に絶体絶命になるも色々あって、フェムト、白き盲目の羊達の主の二足のわらじでやっていたグリフィスの化けの皮がはがれる
ファルコニアの人々や人魚達の思いもあり四方の天使がガイゼリック&ボイドの時の用に現れ深淵の神が消滅しボイド、スラン、ユービック、コンラッド死亡

フェムトとしてのグリフィスの力が消えるも受肉してるグリフィスはノーマルグリフィスにもどる
最初にガッツとグリフィスが出会った時の用にガッツは最後の力を振り絞り二人は殴り合い、グリフィスはケンカってのはこういうのがいいと言い死ぬガッツも同時に死ぬ(深淵の神はいない為地獄は無くなってる)
パックやらそういった者は勿論見えなくなり、またシールケの寿命も人並みになってる

時は経ち年老いたシールケを使い結婚したイシドロと話すか回想する形でその後のキャスカや、結婚したセルピコとファルネーゼやリッケルトとエリカの事等を描き終わり


※受肉したグリフィスのガッツとキャスカへの思いが弱点としてどこかしらで描かれるのと、もしかしたらキャスカも死ぬ可能性有り
406: マロン名無しさん 2013/11/10(日) 22:47:38.00 ID:zCGctQyj
こんなのどうです ゾッド誕生

闘技場の地下牢で、一匹の「怪物」が飼われていた。
この「怪物」の役割は、咬ませ犬。剣闘大会の前座試合で、
若手の剣闘士と戦って惨めに負け、観客の嘲笑を浴びるのが仕事だった。
だが、その日の試合には「死に役」が不足していたので、
「怪物」に本物の剣を与え、剣闘試合の本試合に「死に役」として出場させることにした。
「怪物」はもうこれで終わりだ、誰もがそう考えた。しかし…
(剣闘士の死体が散乱する闘技場。その中で、剣を持ち、血まみれでただ一人立つゾッドの図)
…最強の剣闘士「不死身のゾッド」の誕生である。
407: マロン名無しさん 2013/11/14(木) 22:37:26.62 ID:VUVXIg2X
ベルセルク本編の伏線からだいたい予想されること

・ガイゼリックは、千年前の戦乱の時代に現れて、ミッドランドを平定して、統一国家、ミッドランド帝国を建国した。
また、ミッドランドの首都として、ウィンダムを建設した。
・ボイドは、ガイゼリックの同時代の宗教家。唯一絶対の神を説いて、後の公認宗教と呼ばれる宗教の基礎を築いた。
・ガイゼリックはボイドを迫害して、幽閉して拷問する。するとベヘリットが発動して、<蝕>が起きる。
ボイドは、ウィンダムの市民を捧げてゴッドハンドに転生する。この結果、ウィンダムは崩壊する。
・ガイゼリックとおそらくフローラは、結界から脱出。
ガイゼリックはボイドに対する復讐のため、皇帝の位を捨てて、一介の騎士となり、
フローラとともに使徒狩りの旅に出る。
・ガイゼリックは最後に、犬鎧を着て戦い、全身の骨が砕けて死亡する。
しかし、フローラの魔法によって、ガイゼリックの魂は髑髏の鎧に定着されて、髑髏の騎士として甦る。
以後、ガイゼリックは髑髏の騎士と呼ばれる。

まあ、こんなところかな。

409: マロン名無しさん 2013/11/15(金) 00:31:01.74 ID:???
>>407
ボイド=賢者説を前提とした予想だね

気になるのは、ガイゼリックではなく賢者が蝕を起こすところ
ガイゼリックの経歴はガッツにグリフィスを連想させるものであり
約千年前に蝕を起こして転生したというなら普通は彼が相応しい気もする

ただ、幽閉&拷問という意味では賢者とグリにも共通点はあるので
結局はフローラの螺旋発言からして作中現代と比べると色々ごっちゃになってるのかも
412: マロン名無しさん 2013/11/15(金) 12:26:45.66 ID:PDnyS0pp
>>407
>ベヘリットが発動して、<蝕>が起きる。

これは違うと思うな
ガイゼリックの時代に人々の思いが集まり、神?ができてベヘリットができたのだから話しの前後のつじつまが合わなくなる
その証拠にグリフィス救出の際にキャスカが松明落とした先に烙印が刻まれてミイラ化した死体が沢山あった
つまり生け贄として捧げられそれを喰い漁る使徒がいなかった事になる

まぁ生け贄として捧げられたのだとしてもそれは儀式的な物で、それが今の贄としての形になったのかもしれんがな
じゃないと最初のゴッドハンドがボイドじゃなくなり、他のゴッドハンドが既にいた事になる
これはとても考え難いな
414: マロン名無しさん 2013/11/15(金) 19:36:23.52 ID:PDnyS0pp
ガイゼリックの時代を描くとしたら旧ローマ帝国をモチーフにしそう
415: マロン名無しさん 2013/11/15(金) 20:50:49.28 ID:???
>>414
同じことずっと思ってたわ
つか作中現代の様子からして千年前ならそんな感じだよな
421: マロン名無しさん 2013/11/25(月) 16:19:28.90 ID:Q1gts/T2
『ギガントマキア』今後の俺予想

第二回

巨人襲来。スカラベ族の都市を攻撃して、プロレス試合どころではなくなる。
雄軍さんは、主人公がこの都市にやってきた目的が、巨人の襲来を警告することと、
巨人を倒すことであることを知って、主人公に協力することにする。

第三回

二人は巨人に戦いを挑む。

第四回

巨人との戦い

第五回

ようやく巨人を倒す

最終回

主人公は雄軍さんに、事情を説明する。
『ギガントマキア』の世界観や、主人公が旅をする事情が明らかになる。
主人公は、新たな巨人に戦いを挑むため、スカラベ族の都市から立ち去る。
雄軍さんは、主人公に同行する。

◆伏線は、ギガントマキアの続編が描かれた場合に回収する。
422: マロン名無しさん 2013/11/25(月) 17:54:44.75 ID:???
>>421
wikiのギガントマキア-のページ見るとヘラクレス無双なんだけど
二人のうちのどっちかがヘラクレスに相当するんかな

「半神半人の英雄」って設定からすると亜人間の雄軍の方がそれっぽいけど
デロス主人公だし怪力という共通点もあるから彼がヘラクレスモチーフなのかも
427: マロン名無しさん 2013/12/05(木) 22:19:03.84 ID:4CugplIk
>>404
これだな
428: マロン名無しさん 2013/12/07(土) 12:12:35.55 ID:VTrTbeC8
今更だけど単行本の33巻の『予知夢』の最後のグリフィスの絵と、次の『死の霧』との間に描かれてるドクロの騎士の絵の構図が全く同じなんだけど、何か意味があるのかな?
429: マロン名無しさん 2013/12/13(金) 03:39:09.65 ID:???
>>428
個人的にガイゼリック=髑髏説はキャラの性格がなんか違う気がするからあんま好きじゃないんだけど・・・

あれは明らかに狙ってる気がする。
髑髏の過去はとりあえず1000年前のガイゼリックっていうのが一番有力に見えるから
ガッツが「なんだかグリフィスみたいだな・・・」と言ってた人間時代のガイゼリック(?)と
今のグリフィスが同じ位置づけってことを強調したいんじゃないかと。
ちょうどファルコニアも出てきたわけだし。

でも髑髏に関しては狂戦士の甲冑絡みで
ガッツ=髑髏と同じ位置付けっていう示唆もある。

よくわからんのが、>>277でも書いたけど
「髑髏が狂戦士の鎧着て絶命した」のがここ300年以内じゃないかってとこ。

ゾッドの証言(蝕の「門」の前での「千年我らに仇なすもの」)が正しければ
髑髏は狂戦士の鎧の力のせいかわからんが700年以上生きて「絶命」したことはほぼ確定。

髑髏は元々グリフィスのポジションだったのが後半はガッツのポジションに変わった。
それが断罪の塔の賢者(ボイド?)が降臨させた神が原因だとするとそれが、
髑髏が狂戦士の鎧を手に入れて使徒どもに仇なすようになったきっかけと説明できなくもない。

でもそれだと狂戦士の鎧を手に入れたガッツとファルコニアを支配したグリフィスが同時に
存在するのがなんか納得いかない。

やっぱ髑髏=ガイゼリックはひっかけだと思うんだよなあ。

あーなんかわけわかんなくなってきた。
とりあえず明日ギガントマキアの続き買ってくるわ。プロメ萌え〜
433: マロン名無しさん 2013/12/26(木) 00:53:46.35 ID:DnwHbMiV
即出かもしれないがクシャーンについて考察してみた。

・もうすでに知ってると思うけど、名前の由来はクシャーナ朝とカニシカ王だろうな。
・文化もインド神話から影響受けてる。
・風俗もインド基調だがペルシャ風、アラブ風、トルコ風の装束を纏った兵士達もいた。実際クシャナ朝もペルシャ系インド王朝だ。
・そしてあの軍隊の残虐性や国土が世界最大というのはモンゴル帝国からとっているのかと思われる。
狡猾なところもよく似ている。
・法王庁圏からみたクシャーンというのはヨーロッパからみたオスマントルコとやたら被る。
・ガッツとセルピコの戦いの場となった戦勝記念の柱、これはどことなくレコンキスタを終えたスペインを髣髴させる。
・象やワニ、虎も軍用獣として参戦してたので、実際の世界に当てはめるとインドからアフリカの一部まで支配してたことになる。
・魔子宮のあのサイズはやはり人間以外にもワニや虎、象や鯨も妖術に利用するためだと思われる。

※まとめ
人海戦術や生贄などの野蛮な行為、多神教や文化風俗をみてもクシャーンというのはアジアらしいドロドロした恐ろしさを
凝縮したような国だと思う。そこらへんのコンセプトは300のペルシャ軍に似ている。
クシャーン軍は25万人でペルシャ軍は100万人、どちらも桁外れの人数だ。

>>386

逆じゃね?法王庁連合軍もクシャーン軍も戦魔兵も戦車に勝てる奴なんていないと思う。
幹部クラスやグリフィス、ガニシュカとクンダリーニは別としてだが。
ユービックの戦闘手段が思いつかないから、もうネタ切れで王狼伝の流れを再利用して彼が時空操って戦車や攻撃ヘリを装備した謎の軍隊が大量に出てきて世界を蹂躙する、そこからの狂戦士モードで砲弾ぶった切って戦うみたいなことにはならないか。


>>390

ボルコフは城壁(煉瓦とモルタルの塊)に穴を開けるほどの突進力を持つが、グルンベルドは鋼鉄以上だからどう考えても格下だろうな。
むしろ戦車なんて目じゃない鋼玉の甲殻に亀裂を入れるぐらいだからガッツからみたら雑魚だろ。
450: マロン名無しさん 2014/01/24(金) 22:09:29.27 ID:RHg5wQVa
話がそれてすまないが、ガッツとグリフィスが丘の上で決闘し
ラストはデビルマンかダークキングダムのような終え方をよく妄想する。
453: マロン名無しさん 2014/01/25(土) 04:23:17.60 ID:???
>>450
ポスターが凄く良かった記憶が・・・
サタンの眼差しが何とも言えない

神は絶対。
456: マロン名無しさん 2014/01/28(火) 12:25:39.71 ID:???
>>355
これ聞いたことあるわ
465: マロン名無しさん 2014/02/10(月) 06:56:53.52 ID:???
よしこれでいこう

ユービック→ソーニャ
コンラッド→使徒連中の死骸(汚いから)
スラン→ファルネーゼ
(断罪篇の洞窟からずっとつけられていたという設定で)
467: マロン名無しさん 2014/02/12(水) 07:14:03.92 ID:???
>>465
ファルネーゼはなんかスランとかぶるとこありそーでくせーんだよなー
エロ担当。火を見ると興奮とか。
あと感じることに関しては天才的とか、短期間で魔法を習得とか明らかに神がかり的な素質は十分備えてると思う。
なにより、ファルネーゼの人間成長の様子だけやたらと重点置いて描かれてるとこあたり
単なるガッツのサポートで終わんないと思う。
幽体離脱のとき、師であるシールケがファルネーゼに嫉妬するようなシーンあったし。>>213
これはファル姉がなんかの拍子でげる率高いかなあって思う。

てか、最近佐村河内のニュース見てたら思ったんだけど
ユービックってヒエロニムスボスがモデルかと思ったけど、
もしかしたらベートーベンあたりの王道のキャラもモデルなのかもって思った。

耳が聞こえなくなったベートーベンって芸術家の苦難を代表する最も有名でドラマチックなエピソードだと思うのね。
それをボスの目が見えなくなったら、みたいな方向に持ってったのがユービックだったりして。

ユービックは目が見えなくなった(これは妄想で申し訳ないんだけど)けど
その他の感覚を駆使して何か作品を作り上げようとした(音楽とか?演劇とか?)
しかし目が見えないことを利用されて信頼した人間に騙されて絶望→物の本質を「見る」、「感じる」力を渇望した
みたいな流れだったらなんかそれっぽいかなーっていう気がした。

ゴッドハンドfigmaどうすっかな。一応ゴッドハンドのデザインは細部まで忠実なんだろうか?
見た感じ忠実なんだけど、俺が見たいのはコンラッドを下から見た図ってどうなってんの?ってとこ。
お腹に口が付いてるの見たとき絶対アレなんかのヒントだって思ったんだけど。
裏どうなってんのよ裏。コンラッドひっくり返した裏。

誰かfigma買ったら教えてー。俺あんな気持ち悪いフィギュア部屋に置きたくないわ。フェムトは欲しいけど。
493: 使徒図鑑更新 2014/03/15(土) 18:09:32.52 ID:???
◆蝕の四目ワニ
深淵の神 P12右下

◆蝕の四爪ムカデ
深淵の神 P12左下
34巻「人外の戦場」P3の3,4コマ目(コンドームを助けてるやつ)

◆蝕のハサミムカデ(地味に再登場組)
34巻「人外の戦場」P12-13 左側
「胎動」P17右側

◆目潰し集団の二本角(地味に再登場組)
34巻「人外の戦場」P12-13 右側
脱出 P4 1コマ目 左側

figmaもモブ使徒のフィギュア出してくんねかな。
俺ハンニバル(仮)欲しいわ。(>>385)
498: マロン名無しさん 2014/04/11(金) 15:20:45.37 ID:???
ルカ姉再登場おめ

断罪編の娼婦の名前メモ
ちっちゃいの:ペペ
黒髪:フーケ
金髪:リュシー

ペペは良く出るけどフーケとリュシーはさすがに覚えてなかったわー。

つうか、ダイバさんなにやってんだよ・・・
あんた魔導帝国作るって言ってたやん。

普通のRPG的展開だとあの小屋の化け物の正体が判明して退治って展開になると思うけど
あれガルダってバレバレだし、みんなガルダ以上の化け物は見慣れてるはずだから
単に、人を食う化けものを飼うような状況に人間が馴れはじめてるってことで
ファルコニアの住民の感覚がおかしくなってんぞってことの強調なんじゃないかね。
ルカ姉が普通に「食べられちゃうから気をつけて」とか言ってるのがちょっと怖かった。

あと、門の中に入ってすぐのところにある羽のついたオブジェみたいのって多分法王庁の神像の変形みたいなもんなんだろうな。
都の各箇所に円の周りに羽が生えてるマークがあるのが気になったんだけど、
あれって風呂場にあるのは10枚羽だったり門のとこにあるのは12枚羽だったりして一定してない。あんまりこだわってないのか?
(ちなみにP2-3の見開きの上の方にあるマークは一見10枚羽だけど、35巻一話目の最後の見開きだと12枚羽になってるから、設定変えたか単に鷹の彫刻に隠れて残りの2枚が描写されてないかのどっちか。やっぱ作者もあんまこだわってないとおもう)
一般に漫画だとサタンの羽は12枚ってよくいわれるから、多分12枚が正式なんじゃないかと思うんだがそこんとこどうなんだろ。

あと、ソーニャ(巫女ってソーニャのことだろ)がけっこう重要なキャラになったのね。
気になったのはトロールが襲撃している、じゃなくて「襲撃する」って言ってるわけだから
ソーニャはやっぱ未来を予知する能力(しかも広範囲にわたって)もってるのか?ゾッドの時もそうだったし。
そのうち妖精島に出撃しろとかいいそうだな。フローラの館襲撃させたのもソーニャの命令だったりしてな。

はやくグリフィスのいる城内のほうを見たい。後ろの黒いドームなに?グリフィスとか使徒はどこらへんに住んでんの?ジャリフは戦魔兵連れてなかったけど大丈夫なん?
501: 使徒図鑑更新 2014/04/11(金) 15:25:57.72 ID:???
34巻「飛翔」P2
ロクスの右側◆ロクスのタカアシガニ
ロクスの左側◆ロクスのワニ
ロクスの右後ろ◆ロクスの四足竜
ロクスの左後ろ◆ロクスの二足竜

34巻「放魔」
P17一番左◆ロクスの四足竜
P17左から二番目◆グルンベルドのトゲトゲサウルス
P16右上◆グルンベルドのアゴ
P16真ん中◆ロクスのワニ
P16グリフィスの後ろ◆ロクスのヤギ

34巻「人外の戦場」P17_4コマ目シルエットのみ
右側◆目潰し集団の二本角
左側◆蝕の首長チンコ
左から二番目◆八目ワニ
真ん中◆蝕のつぼみ

◆ザリガニ(ほとんどでない)
34巻「混沌」P20_2コマ目真ん中(ハサミ野郎)
>>399
>ロクス部隊の、人間形態でザリガニみたいなハサミついてる奴
こいつか!?
504: マロン名無しさん 2014/04/15(火) 22:16:47.53 ID:SjHOOmVx
>あれは、「世界が幻造世界に変わった」んじゃなくて
>呼び水の剣で開かれた「異次元空間」が全世界に広がっただけで、世界自体は変化していないのでは?

なるほど。それではガッツの前に、スラン姐さんがふらっと現れる展開もアリだな。

スラン「ガッツ、あなたはこの世界を、現実の世界が変化したものと考えているけど、そうじゃないの。
この世界は、グリフィスが作り上げた異次元空間なのよ。
でも、世界のすべての人間が、この世界に吸い込まれてしまったので、だれも気がつかない
グリフィスはなぜ、この世界を作り上げたのか。
それは、世界のすべての人間を生贄に捧げるためなのよ。
間もなく、〈蝕〉が起こる…」

とかの展開だったらいいね。
505: マロン名無しさん 2014/04/16(水) 20:00:24.08 ID:???
>>504
ファルコニアに来た人々を全員生贄に捧げてなんか起こるってのはありそうな気がする。
色々考えてたらいいこと思いついた。

まず、世界螺旋樹はおそらく脳がモチーフだと思う。
で、月下の少年が螺旋樹の枝の中を通っていく様子から、あの枝は透明な管みたいな感じだってわかる。
その中を人間の魂みたいなもんが流れていくんだから、人間の魂は世界螺旋樹っていう脳みその血管を流れる血液みたいなものなんじゃないの?

さらに言うなら、あれが脳だとするなら、深淵の神は心臓だわな。
で、その内部を循環してるのが人間の念。

ファンタジアがどんな構造なのか知らないけど、
螺旋樹(脳味噌)の地下深くには深淵の神(心臓)がいて
地球全体が、人間の念(血液)を循環する「何か」なんじゃね?

その「血」が足りないからグリフィスは今「血」となる人間を大量に集めてるとか。
(蝕の台座が生贄の血を吸ってフェムトが誕生したのと似てる)
506: マロン名無しさん 2014/04/16(水) 20:04:12.93 ID:???
ところで翼石ってあったじゃん?あれについて考えたんだけど。

グリフィスは国を手に入れた。そしたら次は領土を拡張するってのが自然な流れじゃね?
でもあたりには魔物がいっぱいで領土拡張できない。それを防ぐ唯一のものがある。それが翼石。

じゃあ翼石増やせば魔物に邪魔されずに領土拡大できるじゃん。
で、翼石ってなんだって話になるんだが。

ここで、翼石は人間の念から作られるものだとする(こっから全く根拠無し)
ファルコニア近辺にしかない翼石はガニシュカに殺されたクシャーンの死骸とかガニシュカの死骸だったと想定する。

ファルコニアで人間を殺す。すると死んだ人間の念が世界螺旋樹に吸収される。
それが大地を循環して、念の結晶として翼石が精製される。
グリフィスは人を殺せば殺すほど領土を拡大できる。

こう考えるとグリフィスが人間を集めている理由の説明がつく。
屍を築き上げることで天空の城を目指すグリフィスっていう構図ともマッチする。

>>296で言ったけど
翼石ってみんな世界螺旋樹の方向いてるように見えるのよ。37巻の最後のほう見てみ?
ってことは絶対世界螺旋樹と翼石って何かしら関係があるはずなのよ。
508: マロン名無しさん 2014/04/16(水) 20:13:40.36 ID:???
もいっこ予想。
ファルコニアの黒いまるいの。あれでっかいベヘリット説。
509: マロン名無しさん 2014/04/16(水) 23:02:24.16 ID:???
>>498
あ〜なるほど、あれガルダか
使徒なのか何なのかと思ってたけど
あの老人がダイバなら小屋の化け物はガルダっぽいね

>>505-506
めっちゃ面白いな特に>>505

・グリフィス(ゴッドハンド)は深淵の神の意志の執行者
・深淵の神は心臓の形をしている (深淵の神・2は欠番だけど1でも薄らと描かれている)
・再生の塔の地下深くを目指した探索隊で戻ってきた者はいない

この辺の事実がカチッと嵌った気がしたわ
ファルコニアに大量の難民が流入している状況とも合致する
深淵やゴッドハンドの目的は物語上重要なので早く知りたいですなぁ (気長に待つけど
510: マロン名無しさん 2014/04/16(水) 23:24:49.05 ID:???
あと>>506の翼石について

23巻でグリフィスが死者の霊魂を成仏?させてたのと関係あるのかな
死者の念を材料として翼石が精製されるなら、あれはその伏線になり得る

>>509
なるほど
これまでのベルセルクを振り返ってみると
蝕→模蝕→ガニ蝕(巨大化)と、日の光の届かない状況下での大規模な殺戮が繰り返されてきたので
おそらく最後もまた蝕あるいは蝕っぽい何かが起こると思う

>>504>>508が少し繋がった
511: マロン名無しさん 2014/04/16(水) 23:26:35.14 ID:???
ああ失敗、申し訳ない
上は>>509じゃなくて>>508です
515: 図鑑 2014/04/29(火) 10:34:09.61 ID:???
◆蝕の目潰しマダム(よくみたら再登場してた)
「右目の残照」P5 3コマ目(ガッツの左手抑えてるやつ)
P7 1コマ目右側
34巻「人外の戦場」P31コマ目左側
「脱出」P4 1コマ目(フェムトの後ろ)
P5左下 P62コマ目(フェムトの右側)
P8 3コマ目(フェムトの後ろ)
◆蝕のT字一つ目
34巻「人外の戦場」 P12-13真ん中
◆蝕の一つ目二口
34巻「人外の戦場」 P2 3コマ目右
「誕生」P1 1コマ目真ん中下
◆コブラ伯爵(1巻に出てたやつ)
「誕生」P6 2コマ目左側(たぶん)
◆蝕の口頭(顔の上に口があって、その両側に目がある)
「誕生」P9 蝕の人面角(>>288)の後ろ
34巻「人外の戦場」P3 4コマ目右側(血を吐いてるやつ
◆蝕の口裂けナメクジ
「誕生」P10 2コマ目右側
34巻「人外の戦場」P3 2コマ目
519: マロン名無しさん 2014/05/07(水) 22:31:07.94 ID:???
なあ、さんざん議論されてるのかもしれないが、蝕のときのキャスカ陵辱って辻褄合わなくないか?

そもそも、フェムトに生まれ変わり、
もう一度、国を持つという夢に集中するため大切な鷹の団を捧げたわけだろうけど、

すでにフェムトに生まれ変わったあとで
わざわざガッツの目の前でキャスカを
陵辱するってことは、まだガッツへの執着やキャスカへの秘めたる想いが残って
いる証左だろ?

すでにフェムトになっているわけだし、
契約で捧げているわけだから、あとは使徒たちと鷹の団の問題であって、超越した存在であるフェムトにとってはガッツもキャスカも既に単なるmobレベルのはずだよな?

例えば、フェムトに生まれ変わる途中で、
まだ愛や悲しみや嫉妬の力が足りない、
みたいな理由で陵辱して、その力でもって
フェムトに生まれ変わったんだったら
納得いったけどさ。長文すまん。
521: マロン名無しさん 2014/05/09(金) 11:57:41.69 ID:???
>>519
降魔の儀で大事なのは生贄を捧げるって決心をすることらしい。
3巻あたりでコンラッドが「人間性を捨てることで生じた心の亀裂に魔が入りこむ」
っていってたから、生贄が生きてようが死んでようが捧げるって言った時点でフェムトにはなれるはず。
ナメクジとかガニシュカも変身してから生贄殺してたじゃん。

スランとかユービック見てる限りゴッドハンドだって感情はあるわけだし、
やっぱ生前一番大事だったものが死んでいくとなると
流石にフェムトもなにかちょっと心が動くものがあったんじゃない?

フェムトがキャスカ襲った理由は人によって色々違うけど、
自分の解釈は、せっかく生前一番欲しかったやつをこのまま殺すのも勿体無いから、
死ぬ前にキャスカを襲っている自分の姿をガッツの目に焼き付けさせて
自分のことを忘れられなくしてやるっていう歪んだ愛情からなんじゃないかと思った。
キャスカはその道具にされただけ。
(断罪篇後の鎖犬の台詞で「キャスカはグリフィスを焦がれさせるための生贄」ってある)

あと、グリフィスの絶望の一番のきっかけはキャスカに「行かなくちゃ」っていわれたのを見て
ガッツが自分から離れていくってわかった瞬間だと思う。
グリフィスにとって一番きついのはガッツが離れてくこと(忘れられること)で、
グリフィスが満足するのは、憎しみであれなんであれ、ガッツに忘れられないことだと思う。

だからガッツが二度と自分のことを忘れられなくなりさえすれば後は死のうが生きようが別にどーでもいいって感じなんじゃない?
524: マロン名無しさん 2014/05/22(木) 01:08:00.02 ID:???
よくゾッドがグリフィスに忠誠を誓ってるのが納得いかないっていう意見見るけど、
後期のゾッドはグリフィスの「分身」みたいな存在なんだと思う。

もともとゾッドは初登場の時から変だった。
百年戦争中にゾッドと会ってガッツのことを聞いたと思われるワイアルドがミッドランド側(黒犬騎士団)にいるのに
ゾッドはチューダー側に雇われた傭兵として登場したり、チューダー側についてたのにドルドレイ戦ではガッツを助けたり。
もともと使徒には人間の勝ち負けなんてどうでもいいってことなんだろうけど、よく考えると辻褄が合わない。
というか辻褄を合わせる気すら無いような気がする。

ゾッドは最初からベヘリットと同質の「謎の存在」として登場してる、「ストーリーの影の進行役」って感じなんでこいつの行動自体にはもともと深い意味はないんだと思う。
髑髏の騎士と面識があるみたいな設定があったけど、たとえ髑髏の騎士の正体が明かされたとしても、ゾッドの正体や行動の理由は恐らく最後まで明かされないんじゃないかと思う。(作者が作ってすらいないんじゃないかと思う)

グリフィスが受肉してからは、それの延長で、
「人間姿のグリフィスが敵に囲まれた状況から姿を消すにはどうしたらいいか」
「細身の剣しか持てないグリフィスが、ドラゴン殺しを持ったガッツと力で対峙するにはどうしたらいいか」
っていうグリフィス単体では絵的に無理なシーンをゾッドが代行してくれてるんだと思う。

だからゾッドはストーリー上グリフィスの「分身」を演じてるって捉えると個人的に納得いく気がする。
ゾッドのセリフはグリフィスのセリフを代弁してるものと仮定して雪の丘とかヴリタニスでの戦いなんか読み直すとけっこう面白いぞ。
525: マロン名無しさん 2014/05/23(金) 01:29:43.23 ID:???
>>524
グリフィスのセリフを代弁したり、行動を代行したりって発想は面白いね
ただ、見解の相違というか、気になる点もあったので指摘

> ゾッドはチューダー側に雇われた傭兵として登場したり、
チューダー側についてたのにドルドレイ戦ではガッツを助けたり

ゾッドがチューダー側に付いていたこと自体には意味はなく
強者と巡り合うために戦場をさ迷い続ける中でたまたまあの時はチューダー側に付いていただけだと思う

「オレはこの感触を再び手に入れるために……貴様のような敵に巡り合うために!!
この三百年にも渡り生き長らえてきたのかもしれん……!!」 (5巻)
「我の求めしはただ一つ、強者!! 絶対の強者のみ!!!」(17巻)

で、ドルドレイでガッツを助けたのはグリフィスが覇王の卵の所持者だとわかり
後に起こる蝕にガッツが深く関わるだろうことを、わざわざガッツに「預言」を残すほどには確信していたから
直後の「…まもなく蝕がくる…魔王降臨も近い……」 (8巻)から、ゾッドも蝕=ゴッドハンド誕生を望んでいたと考えられる

> 「ストーリーの影の進行役」って感じなんでこいつの行動自体にはもともと深い意味はない
> ゾッドの正体や行動の理由は恐らく最後まで明かされないんじゃないかと思う

これもちょっと見解が異なるなぁ
17巻「啓示?」や32巻「肉弾」などを読むとやっぱりゾッドは個の内面が示されているキャラだと思うんだよね
個人的には肉弾→啓示?の順番で読むと、ソーニャ予言の「憧れの人」が意味深に思えたので
そのあたりのゾッドの内面描写が今後どういった形で行動として現れるのかに注目してる

今のゾッドは敗北のせいか使徒の主だからか強者=グリフィスに付き従っているけど
グリに言われるがままに汚れ仕事を行っていた鷹の団時代のガッツ同様
これから個人の意思(因果の流れの中かも…orz)で動き出すことに期待してる
529: マロン名無しさん 2014/06/08(日) 21:32:38.10 ID:???
クリスタル☆ドラゴン復活しても、メインはがっつりケルトだからパクりにくいんだよな。
ソリルみたいな脇のストーリーが発展すれば、また取り込むかもしれんけど。
530: 使徒図鑑更新 2014/06/16(月) 06:27:19.97 ID:???
「火竜の旦那、俺たちも混ぜてくれ」四人衆(全滅)
◆ダラ(蝕の再登場組)
「業火の底」
P4,1コマ目_ガッツに斬られて「だらっ・・」って言って死んだやつ
P3,3コマ目_一番手前
「誕生」
P9,1_フェムトの後ろ
「業火の底」P16_キャスカのトラウマ見開き真ん中らへん
◆エビ
「業火の底」
P3,3コマ目_ダラッの後ろ(変身シーンが無いが、消去法でいくとこいつがエビになる)
P3,2コマ目 P4,3,5コマ目 P6,2,5,6コマ目 P7,1コマ目(「エビャッ・・」の声と共に絶命)
◆変身の途中
「業火の底」
P3,3コマ目_一番左 P4,2,3コマ目 P5,1,2コマ目(絶命)
◆蝕の人面角>>288

蝕のあたり整理
◆蝕の口頭(顔の上に口があって、その両側に目がある)
「業火の底」P16_キャスカのトラウマ見開き真ん中らへん、ダラの下
◆四目三口(誕生のフェムト右側にいたやつ。どう形容していいかわかりません。)
「誕生」P9,1_フェムトの右側
「業火の底」P16_キャスカのトラウマ見開き真ん中らへん、ダラの上
◆ジュドー殺し
「宴」P3真ん中らへんで出てる
◆蝕の牙手長(地味によく出る)
「誕生」P7背景左端
「業火の底」P17_キャスカのトラウマ見開き上のほう
◆蝕の五つ目トゲ頭(このシーンで出てくる奴では珍しく後半再登場組。キャスカのトラウマ見開きだけど。)
「死の嵐2」P18(真ん中のやつ)
「業火の底」P17_キャスカのトラウマ見開き下のほうのボルコフの左上あたり
534: マロン名無しさん 2014/06/30(月) 21:40:55.95 ID:???
>>529
釣りなのかしらないがパクリがどうこうってことではなくて。
長く休載してたクリスタル☆ドラゴンも再開だしベルセルクもそうならないかな、という意味だよ?
551: マロン名無しさん 2014/09/01(月) 09:39:16.47 ID:f/IkGrKA
ガッツのベヘリットって、グリフィスからパクッたのかな?
553: マロン名無しさん 2014/09/08(月) 20:11:46.33 ID:???
>>551
両足食われたおっちゃんから貰ったやつ
555: マロン名無しさん 2014/09/17(水) 23:13:49.30 ID:???
使い終わったベヘリットの行き先について

グリフィスは転生するとき覇王の卵を左手に持ったまま祭壇の手に握りこまれた。
フェムトになったときに左手に覇王の卵を持っていなかったから、恐らく覇王の卵は消滅したんだと思う。

ところが、普通のベヘリットは使用後も消滅しないようだ。
髑髏の騎士は呼び水の剣について「使徒どもより奪いしベヘリットを使った」っていってるし
ストーリー上重要な使徒の場合は、転生後もベヘリットを持ってたケースが多い。

・コブラ伯爵→ベヘリットを首飾りにしていた(アニメ版のみ)
・ナメクジ伯爵→バルガスが持ち去った
・ロシーヌ→断罪篇最初に髑髏が回収していたやつ(たぶん)
・完璧な世界の卵→神像の一部として持っていた

こうしてみるとストーリーに大きく関わって死亡した使徒でベヘリットが全く出てこなかったのはワイアルドぐらいか。
そもそも転生を終えた使徒がその後もベヘリットを持ってることはレアケースだと思われる。
黒い剣士篇のガッツは多くの使徒と戦ったと思われるが、バルガスに会うまではベヘリットを手に入れることはなかった。
ほとんどの使徒は転生後に何らかの形でベヘリットを紛失してしまい、別の転生者の手に渡っていくのでなかなか見つけられないんだと思われる。

まとめると、転生してもベヘリットはなくならないが、覇王の卵だけはゴッドハンドが生まれるときに消滅するということ。
560: マロン名無しさん 2014/09/26(金) 21:11:48.09 ID:eKBlqbT9
花吹雪く王の仮の姿ってさ、あれ絶対ガッツとキャスカの子供が成長してたらの姿だよな?
まぁグリフィスになっちゃったけど
561: マロン名無しさん 2014/09/26(金) 21:26:37.39 ID:eKBlqbT9
>>403
これっぽいな
562: マロン名無しさん 2014/09/26(金) 21:42:09.27 ID:w1/0EdXB
セルピコとフォルネーゼは絶対に死ぬキャラである。
一緒に死ぬ事で結ばれる死にキャラだ
563: マロン名無しさん 2014/09/27(土) 03:13:40.44 ID:HWloW+5o
>>562
あーピコは死ぬかも
しかしファルは死にキャラかな?

あと>>403に付け足すとしたら、マニ彦がヴァンデミオンの主になって、財力面やコネでガッツ一行をバックアップ&グリが死んだ後の混乱した世界を上手くまとめそうだな
シャルロットは生き残り、グリとの子供を孕んで王家の血筋は途絶えないだろうな
568: マロン名無しさん 2014/10/03(金) 02:59:12.82 ID:uabE7L2M
>>403
預言者?
ボイドあたりに言わせればこれも得因果律の内…か
570: マロン名無しさん 2014/10/12(日) 06:52:51.06 ID:T1nBDpO8
>>403は浦建
571: マロン名無しさん 2014/10/19(日) 15:55:12.45 ID:???
>>555
使徒は再転生できる設定があるからな、ベヘリットが消滅しないのはそのためだろ
人間→使徒→使徒
なめくじ伯爵の時それができそうだったが娘を捧げるのが嫌で死んだ

使徒にも強さのランクがあるけどゾッドは何回も転生してるから強いのでは?と妄想
ゴッドハンドは最高ランク故もう転生する必要なしって事だろ
572: マロン名無しさん 2014/10/30(木) 04:47:34.45 ID:dK1SRBY+
38巻いつ頃でそう?
573: マロン名無しさん 2014/11/01(土) 05:46:08.72 ID:???
>>572
多分このペースでいくと秋頃だと思う
574: マロン名無しさん 2014/11/09(日) 13:17:31.28 ID:???
18巻の怪道?の最後のページでパックが髑髏の騎士からエルフの気配がしたようなって言ってたけど

そのことについての考察を聞いてみたいです
575: マロン名無しさん 2014/11/12(水) 16:53:31.28 ID:y630HFEZ
>>574
花吹雪く王が馬に変身してたとか、髑髏の騎士の陰に隠れてたとか?
もしくは髑髏の騎士=花吹雪く王
クリフォトでスランが言った王様ってのは、覇王ガイゼリックの意味で無く、エルフの王様って意味で
パックがベヘリット俺のって言ってるし
576: マロン名無しさん 2014/11/14(金) 12:32:24.26 ID:???
シールケがガッツにいつもやってるいたいにキャスカの意識に入って自我引っ張り出したら
キャスカの精神後退問題なんざ一発解決と思うのだが。
577: マロン名無しさん 2014/11/17(月) 09:14:20.45 ID:???
>>576
表層意識が幼児退行しているのは深層意識を堅固にブロックしているから
とかいう理由で入り込めないんだろう
583: マロン名無しさん 2015/01/30(金) 03:47:27.25 ID:???
誰か反応してくれよ。。。
新刊まだだろうがよ。。。
585: マロン名無しさん 2015/01/30(金) 04:35:46.71 ID:???
>>583
北関東だけど今日というか新刊、昨日店頭に並んでたけど
沖縄とかならかなり遅れるんでね?
586: マロン名無しさん 2015/01/30(金) 04:47:56.61 ID:???
>>585
イヤなんかもうやめて
オレが悪かったよ
588: マロン名無しさん 2015/01/30(金) 16:37:21.53 ID:???
やっと完結したな
ウラケンおつかれ
589: マロン名無しさん 2015/01/31(土) 14:38:06.44 ID:2/wNqBZF
>>588
完結してないだろ
なんかまた話しがややこしくなってきたな
39巻はいつになることやら
595: マロン名無しさん 2015/02/21(土) 15:00:53.58 ID:kJKvWMVG
>>404に付け加え

エルフヘルムに到着し、花吹く王にガイゼリックとボイドの話を聞く(深淵の神誕生編)
New→その流れで、実はガッツとグリフィスは種違いの兄弟(グリフィス幼少時代編)で、
母親は娼婦でグリフィスを産み、その後別の男との間に出来たのがガッツだと知る(ガッツが退団し初めて髑髏の騎士と合った時に言ってた『お前の半身』とはこの意味で、セルピコとファルネーゼは腹違いだが2人で1人のような描写が所々でされているのが付箋)

キャスカを正気に戻すか悩むさなかグリフィス部隊がエルフヘルム襲撃
花吹く王死亡(パックは二代目花吹く王を襲名する)↓
ガッツ一行(アザンを含む)はファルコニアに向かう
最中にシラット率いるバーキラカと仲間になる
途中スラン編、ユービック編、コンラッド編、ゾッド編の話を描く

ファルコニア到着、今まで出会った人々(リッケルトは勿論、ナメクジ伯爵の娘、娼婦のねーちゃんや放蕩貴族やら)と再開したりする
シールケとソーニャ、イシドロとミュールの複雑な再開も描く

ガッツがゾッドを殺すもドラコロが折れ瀕死になりパックが必死に止めようとするもベヘリットでゴッドハンドが召喚される
ガッツは使徒になるのを拒否る
ガイゼリックはボイドに殺される
同時に絶体絶命になるも色々あって、フェムト、白き盲目の羊達の主の二足のわらじでやっていたグリフィスの化けの皮がはがれる
ファルコニアの人々や人魚達の思いもあり四方の天使がガイゼリック&ボイドの時の用に現れ深淵の神が消滅しボイド、スラン、ユービック、コンラッド死亡

フェムトとしてのグリフィスの力が消えるも受肉してるグリフィスはノーマルグリフィスにもどる
最初にガッツとグリフィスが出会った時の用にガッツは最後の力を振り絞り二人は殴り合い、グリフィスはケンカってのはこういうのがいいと言い死ぬガッツも同時に死ぬ(深淵の神はいない為地獄は無くなってる)
パックやらそういった者は勿論見えなくなり、またシールケの寿命も人並みになってる

時は経ち年老いたシールケを使い結婚したイシドロと話すか回想する形でその後のキャスカや、結婚したセルピコとファルネーゼやリッケルトとエリカの事等を描き終わり
597: マロン名無しさん 2015/02/22(日) 02:52:24.02 ID:???
>>595
浦腱さんちーす!
てか今の所予想当たっているけどガチで関係者かなにかっすか?
601: マロン名無しさん 2015/02/23(月) 01:21:59.26 ID:???
>>575みたいな事かな
602: マロン名無しさん 2015/03/06(金) 06:38:54.76 ID:isAeOsKW
マジレスすると>>595←この人誰?
当たりすぎ
と言うかその通りすぎてな・・・
603: マロン名無しさん 2015/03/13(金) 23:30:05.31 ID:bKje3r7V
イシドロってなんでいつも左の二の腕に布巻いてんのかな?
なんか隠してる感じで訳ありっぽいよな
604: マロン名無しさん 2015/03/15(日) 04:47:12.76 ID:???
>>603
いわれてみれば・・・
風呂やシールケの薬品塗るとこも含めて全て確認したが、確かに一度も外してないな
608: マロン名無しさん 2015/03/18(水) 05:01:17.82 ID:???
今の現状、こうなってしまった原因、ガッツとキャスカの会話を聴いてしまい余りに惨めな自分に、原因となったガッツに触れられたらってとこじゃね
それより、フローラ殺されてから海に行くまで1ヶ月近く寝込んでたってガッツは言ったけど、シールケの回想では、たった数日しか経っていないのに大分遠くへ来てしまったってのは浦腱の単純ミス?
609: マロン名無しさん 2015/03/20(金) 03:02:29.04 ID:???
>>608
なるほど
考えてみれば確かにそうですね
スッキリしました!どうもです。
第86話 流川の野望
第86話 流川の野望
612: マロン名無しさん 2015/03/23(月) 07:14:44.73 ID:5IAvuZz3
ゴッドハンドは人間だった頃のイメージで具現化されている
ボイドは人体解剖だの黒魔術だのに興味があったのかも

狂戦士って北欧神話だったけ?
とにかく熊か狼に姿を変えるんだよな
ガンビーノ殺した時も狼でてきたし、ガッツは狂戦士の甲冑で狼を意識した姿に変身してるんだろうけど、パーマンみたいだよな
616: マロン名無しさん 2015/04/06(月) 09:39:41.91 ID:9JhwblpY
>>612
北欧神話を調べてみた
FFやスカイリムの世界だな

北欧神話に当てはめるた感覚としては
ファルコニア→アースガルド
世界樹→エグドラシル
髑髏の騎士→オーディン
髑髏の騎士の馬→スレイニプル
ボイド→フェンリル(フェンリルはオーディンを殺したり、日蝕や月蝕の原因の一つになっている)
ガッツ→ウールヴヘジン(ベルセルク)
グリフィス→なんとか一世(忘れた)他色々と当てはまる

それぞれがどれも共通する部分はある(例えばオーディンは髑髏の騎士のモデルに当てはめたが、片目を失う等)
北欧神話を浦建が色々とアレンジしてるって感じだった
あと巨人の話しもでてきてた(ギガントマキア)
617: マロン名無しさん 2015/04/07(火) 19:31:28.86 ID:???
ガニュシュカってグリより成功者ですよね
618: マロン名無しさん 2015/04/08(水) 19:07:47.23 ID:???
>>617
グリより凄いと思うんだが
620: マロン名無しさん 2015/04/21(火) 07:40:04.68 ID:???
ドクロの騎士と魔法遣いのおばあさんはどうやってながいきしてたの?
621: マロン名無しさん 2015/04/24(金) 20:12:17.37 ID:GUXOb7lU
>>620
時の理を無視して生きる事が罪的な事言ってたから魔術とかなんかじゃない
622: マロン名無しさん 2015/04/25(土) 02:19:54.32 ID:???
>>621さん天才!
ありがとだいすき!
623: マロン名無しさん 2015/05/16(土) 22:10:30.74 ID:QKnRKLrR
>>622
んむ
624: マロン名無しさん 2015/05/17(日) 00:25:01.44 ID:???
>>623
三浦さん乙
625: マロン名無しさん 2015/05/18(月) 00:24:10.70 ID:???
>>406に便乗してアーヴァイン誕生考えました。

ある森に狩人がいた。
狩人は「獣」の様に孤独に暮らしていた。
ある日狩りに行くと盗賊達に襲われかけている女性を見つけ、狩人は弓矢で盗賊達を追い払った。
狩人は女性にもう森に来るなと言い去って行った。
だが狩人に思いを寄せた女性は毎日の様に森に来た。
狩人は徐々に女性に惹かれていき子供を授かり3人で森の奥で静かに暮らしていた。しかし…
狩人がいつもように獲物を持って帰ると、
狩人に恨みを抱いた盗賊達に陵辱され、切り裂かれた妻と子供が辛うじて生きていた。
狩人は孤独を捨て女性と暮らした事を後悔し、絶望した。
妻と子供を生贄に捧げた狩人は「獣」へと姿を変えた。
盗賊を皆殺しにした「獣」は森の闇へ消えていった。


ソーニャと親しい理由は死んだ子供に似ているから。
628: マロン名無しさん 2015/06/01(月) 15:58:29.83 ID:???
グリが姫とパコったのって、ガッツが鷹の団抜けた翌日?
グリと決闘した時けっこう雪積もってたのに、もう雪ないのかって思った
629: マロン名無しさん 2015/06/03(水) 14:42:41.53 ID:cxlkS2bs
>>628
その日の夜
雪は宮内関係者が転ばないよう、使用人が退かす。それと雨で溶けて流れた
630: マロン名無しさん 2015/06/05(金) 00:59:37.65 ID:???
>>629
あざす
なるほど
631: マロン名無しさん 2015/06/05(金) 08:39:35.40 ID:???
>>560
あの子供は取り込まれたキャスカの息子がグリフィスと一緒に転生した姿だってのは考えられないか?
元々半人間だから転生で魔が抜けても満月の夜にしか姿が出せない、的な感じで
634: マロン名無しさん 2015/06/06(土) 12:25:43.46 ID:???
>>629
パコった後、鷹の団が追い出されるのが翌日?
635: マロン名無しさん 2015/06/06(土) 16:32:43.79 ID:9xgEtvXS
>>631

つまり、転生グリフィスとフェムトと例の子供の二足のわらじどころか三足のわらじ状態ってこと?
それは違うんじゃないかな
花吹雪く王ってのはほぼ確定しているわけだし、海辺の漁師小屋でのワンシーンみるかぎり花吹雪く王が、あえてガッツとキャスカの子供の姿を具現化してるんじゃない?
>>634
そう
早朝にガッツがでて行き、その夜グリとシャルがパコる
翌朝グリが捕まると同時に鷹の団が呼び出され、襲われる
呼び出された場所に雪が無いのは草原で広い場所である事と、グリがシャルのところに侵入する直前、シャルがこの大雨じゃ雪が溶けちゃうみたいな事を言うシーンがあったかと
636: マロン名無しさん 2015/06/07(日) 08:51:31.87 ID:???
>>635
三浦さんサインください(>_<)
637: マロン名無しさん 2015/06/11(木) 18:07:53.94 ID:???
>>635
なるほど
あざす
638: マロン名無しさん 2015/06/12(金) 01:26:23.11 ID:EBnoqZkT
>>637
んむ
641: マロン名無しさん 2015/06/25(木) 02:20:35.51 ID:???
グルンベルドとの戦いでガッツが狂戦士のヨロイを着てくるシーン
これが先ほどの男と同じ打ち込みか!さすがは黒い剣士!とか驚いて
ヨロイになにかあると思ってる節がグルンベルドにはまるでない
腕が変な方向に曲がっても平気で動いてるのをシールケ達ですら気が付いてるのに
のび太め!またドラえもんになにか道具をだしてもらったな!と言うスネオ的な
発言があって然るべきだろう
642: マロン名無しさん 2015/06/28(日) 04:45:36.22 ID:Nh2HLM4w
>>641
了見の狭い奴だな
ちょい考えれば、そのキミが疑問としている部分を非の打ち所がない説明なんていくらでもできるよ
643: マロン名無しさん 2015/07/07(火) 03:16:16.07 ID:???
>>635
先生サインください
645: マロン名無しさん 2015/09/14(月) 15:30:35.51 ID:+VMdduPR
結局は北欧神話だろ
進撃の巨人なんかもそうなんだろうけど
北欧神話には世界樹もでてきて頂点には鷹がとまってるしな
ドクロの騎士→オーディンだろ
スランがオーディンが作った国を酒池肉林に貶めた名前忘れたけど一応女神だろ
で結局みんな神々が陥れたりなんだりして、オーディン=ドクロの騎士は知恵と知識を得るため片目を差し出すだろ
そのときまた別の女神が日蝕と月蝕に重要な役割を果す狼を生んでるだろ
でグリフィスが受肉したということは、いよいよラグナロクが近いってことだから、神々の最終戦争が始まるということ何だろうけど終わりは言わないでおくよ
余談だけどモズグスのモデルはモーズグズと言う名の女神だろ(笑)
646: マロン名無しさん 2015/09/20(日) 21:46:22.45 ID:Vcuss0iX
ファルコニア=復活したローマ帝国
ファルコニアに眠るオーパーツ=ローマ文明の遺物
って所かねー
647: マロン名無しさん 2015/09/22(火) 20:07:00.23 ID:???
>>645
あなたの話もっとききたい!
648: マロン名無しさん 2015/09/25(金) 04:27:28.23 ID:kiUnWo3g
>>647
北欧神話読んだほうが早いよ
649: マロン名無しさん 2015/09/25(金) 05:45:48.11 ID:???
>>648
読んでくるーヽ(*゜∀゜*)ノ
650: マロン名無しさん 2015/09/26(土) 03:15:53.67 ID:fg3yNJnR
>>646
俺も最初は基本北欧神話と古代ローマ帝国をモデルにしてるのかと思ったけどかなり色濃い北欧神話だった
日本のゲームや漫画は北欧神話モデルにしてるの多いよね
ギリシャ神話とローマ神話は大体同じなんだよな
神の呼び名が違うだけでさ
エロス→キューピッドとかって具合で
ただよくギリシャ神話やローマ神話と北欧神話が混同されがちだけどまったく別物だった
北欧神話は、神々といっても簡単に死ぬし、人間くさい感じ
だから、使徒や水竜なんかも神だしな
多分妖精島→白妖精の領域でドワーフが作ったとされる狂戦士の甲冑は黒妖精がモデルなんだろうな
656: マロン名無しさん 2015/09/28(月) 21:36:58.81 ID:???
大丈夫、北欧神話にはインドは出てこない
657: マロン名無しさん 2015/09/29(火) 01:49:07.65 ID:kr3icchD
>>656
てか、そもそも北欧神話には人種はない
種族はあるがな
660: マロン名無しさん 2015/10/13(火) 23:13:22.55 ID:4p1SmVJE
神話をなぞりながらも、あくまで漫画
まんまパクッて終わるような事は無いように感じるな
程度の低い考察だけど
妖精王の力を借りる事が目的なのが今はキャスカ展開だけど
その後、グリフィスにも手段があるという展開になるような気がする。
記憶を戻す為、代償としてゴットハンドとしての力も失う。
最終的には妖精の力を借りてガッツ一行と人として?
鷹の団としてグリフィスとガッツ対等の友として城を目指し築く展開になるんじゃないかな?
その時、ガッツは甲冑を力を失ったグリフィスに渡すんじゃないか?
グリフィスの着た甲冑は旧鷹の団とファムトの中間みたいに変化し
戦いの中、肉体が崩壊し骨騎士のおっさんの様になる。
ガッツは人として死に、シルーケは一緒に戦場を戦った友となる。
661: マロン名無しさん 2015/10/14(水) 02:24:45.23 ID:???
ボイドの触の時は先代のゴッドハンドがいたのか
それとも深淵の神が使徒共に命令していたのかな
662: マロン名無しさん 2015/10/14(水) 03:12:44.25 ID:5Y1X0Krp
>>660
まったく同じではないが、かなり色濃く北欧神話をなぞってる
>>661
いなかった
もちろん使徒も
証拠に再生の塔のそこには烙印が刻まれたミイラが沢山あった
多分儀式かなんかに使われたのだと思う
そして深淵の神は人々の思い(渇望)が生みだした
682: マロン名無しさん 2016/07/11(月) 01:29:12.59 ID:???
>>635
ガッツの子供だよ。肉体=グリフィス受肉の器
精神=ロン毛の子供だから満月の日しか実態化できない
妖精王でほぼ確定なんか描写無いだろ
683: マロン名無しさん 2016/08/03(水) 22:57:19.34 ID:AtnMKEKf
俺個人の見解はこんな感じ

●深淵の神について(カットされた83話より)
深淵の神=人や魔物のエゴの集合体=魔の源形、魔名を持つゴッドハンド(右手)と
浅瀬の神=人や精霊の善意の集合体=聖の源形、真名を持つゴッドハンド(左手)がいるとする。
それぞれGHの5人目が救世主として降臨し、神を実体化させる役割を担う。
次の1人目がそれを阻止し、1000年ごとに覇権を争うシステムとする。

●蝕
右手のGH転生の蝕(日蝕)→夢を忘れさせる大切な存在を捧げる、使徒に食わせる(許さない)
左手のGH転生の蝕(月蝕)→夢を忘れさせる憎い存在を捧げる、精霊に救わせる(許す)
転生直前のグリフィスのコミックスではカットされたセリフ「俺はお前を……(許せなくなる)」につながる。


●髑髏の騎士
左手のGHの5人目。覇王ガイゼリック。
現在は精霊化し、満月の晩のみ現れることができる。月が雲に隠れると姿を消している。

かつて賢者とともに夢を追うが何らかの理由により決別し、憎しみ合う複雑な関係となる。
この頃にはゾッドやフローラらと宿敵、友人の関係を築いていたと思われる。
ドワーフの甲冑で戦い続け、絶命する寸前に蝕(月蝕)を起こしGHに転生する。
転生の際、賢者を捧げるが、賢者はガッツ同様、現世と幽界の狭間に生きのびる。
その後、受肉し覇王ガイゼリックとなりミッドランドを建国する。

髑髏の仮面で人々に恐れられ、魔王と呼ばれ、悪逆非道な政治を行い、賢者を手酷く拷問する。
(グリフィスが人々を魅了する神々しい姿で、表向きは人道的な政治を行っているのと対称的である)
ボイドに敗北し妖精島へ敗走後、妖精王の力で精霊化し、ボイドを狙い続ける。
686: マロン名無しさん 2016/08/04(木) 15:11:10.00 ID:???
>>683
通常の蝕の反対があるならば、どちらかというと、
夢を忘れさせる憎い存在ではなく自分自身を捧げるの方がしっくり来るかな
689: マロン名無しさん 2016/08/04(木) 21:24:00.20 ID:???
ガイゼリックってのの中の人、
ゾッドって可能性はなし?
毛並みとか、兜のうえの獣デザインとか、何となく被る気がするんだけど

もしくはゾッドと髑髏に別れるとか
690: マロン名無しさん 2016/08/04(木) 21:33:07.65 ID:???
>>689
蝕で戦ってたやん
悪意と善意に別れたって事か?
覇王ならやっぱ真紅のベッチー持ちだろうから
GHになってると思うわ
691: マロン名無しさん 2016/08/04(木) 21:36:33.87 ID:???
さすがに髑髏とゾッドはまったく別人だろう
髑髏の中身は空洞で、妖精王の力で魂のみを鎧に定着させているらしい。
ベヘリットを取り込むときにもカランと音がしている。
髑髏は蝕と模擬蝕のとき以外は、いつも満月の夜にしか現れないし、月光が陰ると姿を消していることから、
謎の子供同様、満月の光が関係していると思う。

ゾッドは使徒になって300年とあるが、ガイゼリックを宿敵(とも)と一方的によび、
狂戦士の甲冑で戦い続けたガイゼリックの末路を知っているから、1000年以上は生きていると考えていい。

人間のまま700年間生きていたとすれば、妖精島のような場所にいたか、
フローラのような長命の魔術師で、ボイド側に寝返った可能性もある。
ソーニャによればガッツが「憧れの人」らしいが、理由はわからない。
案外グリフィスを裏切って味方についてくれたりして
694: マロン名無しさん 2016/08/04(木) 22:35:23.15 ID:???
アドニスと自分の幼少重ねあわせてそれ殺しちゃった悪夢じゃんうっそやろ
695: マロン名無しさん 2016/08/04(木) 22:41:59.40 ID:???
>>694
あ、そうだあれガッツ自身の顔だった
すまん忘れてくれ
696: マロン名無しさん 2016/08/04(木) 23:53:49.41 ID:???
>>691
魂を鎧に定着してるって話あった?
697: マロン名無しさん 2016/08/05(金) 00:09:41.16 ID:???
>>696
何かのインタビューでそんなようなことを語っていたはず
あと妖精島で現在の姿になったとも
698: マロン名無しさん 2016/08/05(金) 00:17:30.73 ID:???
魂を鎧に定着してるって話が本当でガイゼリック=髑髏なら賢者が蝕でGHに転生(恐らくボイド)その時にガイゼリック贄になる。復讐の為に狂戦士の鎧着る 取り込まれ絶命する時に魂を鎧に定着するで辻褄が合う。髑髏が元GHなんて入る余地無いよな。
700: マロン名無しさん 2016/08/05(金) 09:54:35.86 ID:???
>>698
ストレートに読めばそれが自然な流れだよな。
ガイゼリックは生身の人間のまま大陸統一を成し遂げ、(グリフィスもあのまま行けば天下取れたよね?)
ドクロの甲冑での戦いぶりから人々に恐れられ、賢者に蝕を起こされ、国ごと生贄にされ、
フローラの協力を得て使徒の追撃から逃れつつ、甲冑に取り込まれ妖精島で絶命したとする。

そうするとネックになってくるのが216年に一度という蝕のルールだ。
天使長のボイドが現行のゴッドハンドのメンバーの中では最初に転生したとして、
グリフィス転生から遡って、216年前、432年前、648年、その前の864年前ということになり、
1000年前の伝説から136年という、ちょっと無視できない開きが生じてしまう。
建国が1000年前で帝国崩壊が864年前だとしても、人間のガイゼリックの治世がそんなに続いたとは思えない。

ここでもうひとつ重要なルール、GHは1000年に1度受肉する、を思い出してみる。
1000年前に受肉したのは誰か?
ボイド転生の蝕が864年前なら、現在のゴッドハンドは1000年前にはまだ誰も誕生していないことになる。
しかし、1000年前にもGHは存在したらしい。
ここで、前周期のGHが存在すると仮定して、ガイゼリックがその5人目で、
1000年と少し前に転生後、1000年前に受肉してまたたく間に絶対者となり、
グリフィス同様、ファルコニアに相当する大帝国を作り上げたと考えるのはさほど無理がない。
702: マロン名無しさん 2016/08/05(金) 10:33:46.28 ID:???
天使と悪魔の話も地下のミイラも深い意味なんて無いだろ。単純に蝕が行われた事を表しただけだろうし元GHが受肉して狂戦士の鎧なんかに頼るかね?
個人差はあるだろうがそんなに弱いとも思えん。
703: マロン名無しさん 2016/08/05(金) 11:18:09.39 ID:???
>>702
時系列が違うのかもしれないな。
髑髏らの話しぶりからすれば、ガイゼリックが狂戦士の甲冑を着ていたのはまだ時の理の中にあったころ、つまり生身の人間だった頃の話のはず。
また覇王が登場するまでの世は戦乱が絶え間なく続き人口の1/3が死ぬほど荒廃していたとある。
ガイゼリックがGHになったとしたら、そうした戦いの中、甲冑に取り込まれて絶命しそうになった、その直後とも考えられる。
708: マロン名無しさん 2016/08/06(土) 14:15:31.30 ID:???
髑髏が鎧に魂を定着させてるって話は本スレでよく出てくるけど一度たりとも具体的なソースが示されたことはない
だからこれは一人の妄想だと思ったほうがいいよ
709: マロン名無しさん 2016/08/06(土) 15:33:24.84 ID:???
>>403
二年半越しだけど
この予想当たりつつある感じがするな
リッケルトパーティーの結成とか
710: マロン名無しさん 2016/08/06(土) 15:43:36.41 ID:???
>>708
そうなん?
確か妖精島で死んで今の状態になったらしいのは聞いたことある
そこからの推測が広まっただけか
711: マロン名無しさん 2016/08/06(土) 15:51:09.53 ID:???
>>710
妖精島でなんてかいてたっけ?
血を吹きまくって死んだとかは描いてた
712: マロン名無しさん 2016/08/06(土) 15:59:25.32 ID:???
>>711
同人誌のインタビューらしいけど、出典を確認しようがないから何とも言えないや
自分が直接確認してないことは言ったらあかんね
全身の骨が鎧に食い込んで血を吹き出して死んだのは本編にあるな
714: マロン名無しさん 2016/08/07(日) 00:40:16.85 ID:???
>>403
深淵の神が死んで、なし崩し的にGH4人倒れててワロタ
彼らが神の代行者なら神が死んだら死ぬわな

でもこの予想いい線いってるね
715: マロン名無しさん 2016/08/07(日) 09:29:57.86 ID:???
真偽不明の怪情報で妄想考察するしかない悲しい現状
716: マロン名無しさん 2016/08/07(日) 09:50:18.54 ID:???
>>715
まだ原作がそこまで追いついてないんだから仕方ないべ
ただ情報が少ないというが作中にヒントは直接的ではないが結構出ていると思う
この作品は実際のオカルトや宗教、神話と符合している部分がかなりあるからだ

まあ作中で明示されない以上、ウラケンが単に創作の参考にしているだけかもしれないし、
それは考察ではなく妄想だーと言われても仕方ないんだけどね
735: マロン名無しさん 2016/08/21(日) 02:26:21.84 ID:???
そういえば完璧な世界の卵の言ってた「この世に決定的に足りない最初で最後の欠片」ってなに?
ルカは作中で語られてないあのセリフの先を聞いてるんだよね?
この先ルカがそれを思い出す展開はあるのかな
737: マロン名無しさん 2016/08/21(日) 11:39:50.13 ID:???
>>735
前後のセリフから考えて、
もうすぐ現れるという足りない”かけら”は「神」、もしくは「救世主」かな
738: マロン名無しさん 2016/08/25(木) 15:17:23.87 ID:njH5hKi0
気になるセリフをなんとなく抜き出してみた


「人の造りし神ならざる神の子羊たちよ」
「それが人の造りし神の慈悲(バツ)」
「運命が人智を超越し人の子を玩ぶが理なら、人の子が魔をもって運命に対峙するは因果」(ボイド)

「5人目の天使は誕生してしまったのだから。闇の時が訪れる。
邪が聖を、幻想が唯物を、怨念が希望を、憎悪が愛を、死者が生者を、あらゆる闇が光を凌駕する時代」(スラン)

「全ての人間の心に潜む闇。魔のイデア。それが我(神)」
「ひとの種としての全体意識。その暗黒面がこのうねりだ。ここは幾重にも重なる全体意識の一側面に過ぎない」
「人の種としての本質に従い、我はひとりひとりの運命を紡ぐ」
「なぜ人は苦痛に満ちた生を送るのか、なぜ人は不条理な死を迎えるのか。
人智を越え流転する運命に人は理由を求めた。そう求められ存在する我は、運命を司る」
「お前の行い自体が、種としての人間にふさわしい行いになるだろう。人々にとってそれが苦しみであっても救いであっても」(深淵の神)

「三身一体といって、この世は少なくともほかの二つの世界と成り立っているのです。
ひとつは幽界、俗に言う霊、精神(アストラル)の世界です。もうひとつは存在の根源である魂、本質(イデア)の世界です」
「妖精の中には運命を読み解き、空間を飛び越える者がいる」(シールケ)
741: マロン名無しさん 2016/09/02(金) 16:37:15.41 ID:Al+nZ+/p
>>738
これ1番下は髑髏のおっさんの事?
742: マロン名無しさん 2016/09/08(木) 04:39:39.90 ID:UBt6CNKO
>>404

<ベヘリットでゴッドハンドが召喚される

この辺どういう感情で誰をニエにするのか、あいまいだなぁ
744: マロン名無しさん 2016/09/09(金) 16:15:20.29 ID:???
>>741
ドクロのおっさんは元人間だしそこまで位は高くなさそう
謎の少年の姿をしてる精霊のことじゃない?
749: マロン名無しさん 2016/09/23(金) 22:42:04.48 ID:eXISWBvQ
>>745
悪魔の数字を掛け合わせたのかと思った
6×6×6=216
751: マロン名無しさん 2016/09/28(水) 17:49:47.43 ID:???
>>749
既出だけど6×6×6=216は悪魔の数字でもあり暴君ネロのシンボルらしいね。
暴君ネロはバラを愛したことで有名。(もはやバラ狂いとまで言われる)
そして髑髏さんの盾にもバラが。

髑髏=暴君ネロ
賢者=ネロの家庭教師でのちにネロに毒殺された哲学者セネカ

みたいな関係だったりとすると面白いな
752: マロン名無しさん 2016/09/29(木) 08:10:11.98 ID:???
ガイゼリックと髑髏の騎士の関係は本当によくわからない。
まず同一人物と考えていいと思うんだが、
国家統一して暴君になったり、賢者を拷問したり、
フローラと面識があったり、狂戦士の鎧を手に入れて絶命したり
エルフの気配があっておそらくダナンとも関わりがあったのではないかと推測されるなど
経歴がバラバラすぎる。

ひとつ思ったのは、髑髏の騎士は限定された条件での「タイムスリップ」のようなことができるんじゃないかということ。
・エルフヘルムは外界との時の流れが異なる
・時を超えた運命を読み解くことができる妖精の存在(明らかにダナンを指す)
・時の特異点というキーワード

ダナンにどんなことができるかわからないけれど
ガイゼリックはダナンに会ってからタイムスリップできるようになったとかなら
ありとあらゆる矛盾点を無理やり解決できなくもない(もっとも、それで山ほど新しい矛盾点が生じるだろうが)

いずれにしても、これから先は時の流れが重要になってくるのは間違いないみたいだし、
216年の範囲内でのみワープ可能とか、216年ごとの特異点周辺のごく限られた時点のみワープ可能とか
タイムスリップに216年がらみの縛りをつければなにか面白い展開になりそうな気もするなあ。
758: マロン名無しさん 2016/11/06(日) 04:47:43.05 ID:qmdzCknj
>>752

髑髏の騎士の「時系列」が合わないのは妖精の島で過ごした時があるからじゃないか?
そこでフローラに出会い、甲冑をもらい人間としては絶滅した。

妖精島は時間の流が遅いらしいから、髑髏の騎士=カイゼリックがそこで過ごした時間を考えるとボイドの転生時期やゾッドとの関係も辻褄を合わすことができるかな。
759: マロン名無しさん 2016/11/06(日) 05:26:10.25 ID:qmdzCknj
>>59
でも個人的にはゴッドハンドが1000年周期でぐるぐるまわってる説の方が好きなんだけどね。
神様なのに高々千年しか支配できないってちょっとスケール小さくね?


ゴッドハンド=神、じゃないよ。
スランが「私達も神そのものではないのだから」と言っている。
765: マロン名無しさん 2017/01/30(月) 13:10:33.12 ID:???
>>752
後世に伝わる覇王ガイゼリックのすさまじい暴君ぶりが確かにネックなんだよな。
何か誤解があるんじゃないかと思う。
グリフィスの帝国とはわざと対照的にしてあるよね

グリフィス……表向きは楽園のような帝国を築く、美麗な容姿もあり人々からは聖人君子のようなカリスマ扱い。
しかし実際は魔の化身だから、たぶん陰で悪いことをしている。
覇王ガイゼ……表向きは圧政を敷く、恐ろしげな風貌で人々から恐れられる。
しかし妖精王と親交があることからも実際は悪い王様ではなかったはず
774: マロン名無しさん 2017/06/04(日) 23:09:19.56 ID:???
>>765
髑髏の騎士=ガイゼリック王前提として
残虐な王だとフローラが仲間にならないと思うんだよね
やっぱり賢者ってのが本当は極悪人で
ガイゼリックは嵌められて濡れ衣を着せられたのか
引用元:https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/csaloon/1361144134
おすすめ